26歳の第二新卒が無事に転職するために出来ること

「26歳の第二新卒って需要あるの…?」

「もうアラサーの領域だけど、職に就くことは出来るの…?」

転職は若ければ若いほど有利ですから、20代後半にもなると焦りが出てくると思います。

そこで今回は、26歳の第二新卒が気を付けるべきことと、うまく転職活動を成功させる方法を紹介していきます。是非参考にしてみてください。

社会人経験の有無によって状況は異なる

社会人経験のある26歳の第二新卒

26歳ということは、大学卒業をしてから3年以上が経っているはずなので、社会人経験もそれなりにあると考えます(浪人や留年などをせず、大学院に行っていなければ)。

中には、「同じ会社で3年間勤め上げたけど、さらにスキルアップを目指したい」と志を高く持っている人もいるでしょう。

そういった人は可能性が無限大ですから、自分の行きたい企業を探して積極的に中途採用枠で転職活動を始めるべきです。

社会人経験が乏しい26歳の第二新卒

対して、26歳だけど、以前勤めていた会社は数ヶ月~3年未満で辞めており、フリーター(ニート)生活をしていた人は不利な立場にあります。

社会人経験が乏しい分、即戦力になりにくく、そう簡単に採用してくれる企業は現れてくれません。中途採用の条件(社会人経験3年以上)にも合致せず、一般的な転職のやり方をしていると相当苦労すると思います。

そのため、社会人経験の少ない26歳第二新卒は、サポート力の高い人材紹介会社を利用して転職活動を進めていく必要があります。

若者に特化した人材紹介会社とは?

少し前までは、年齢問わず利用できる求人サイトが一般的でした。

しかし、最近は20代の若者しか利用できない求人サイトが増えてきています。例えばハタラクティブは東京に支店を置く若者向け人材紹介会社で、20代の第二新卒や既卒、フリーター、ニートの人が活用しています。

ユウハタラクティブ新LP

これらサービスの良いところは、「今すぐ若者の人材が欲しい!」と思っている優良企業の求人を集めている点です。

中小企業が中心ですが、最低限の福利厚生が完備されている企業しかありませんから安心です。扱う求人の質が悪いと評判に関わってきますから、そういったことはちゃんとしているのです。

若手求職者側としても、無謀な大手企業を狙うより、受け入れてくれる企業を選んだほうが転職しやすいのでおすすめ。私も求人を選ぶ時は、福利厚生をしっかり確認し、自分のやりたい仕事ができるかどうかを確かめていました。

大手企業だからといって自分に合うかどうかは別問題ですから、中身をよーく確認したほうがいいです。専属アドバイザーなどは社風も把握しているので、気になる企業については質問を繰り返しましょう。

まとめ

26歳の第二新卒が転職を成功させるためには、自分の立場に合った人材紹介会社を使うことが重要です。

その証拠に、私がリクナビNEXTを使っている時は選考にすら進めませんでしたが、若者向け求人サイトを使い始めるとたった1ヶ月で希望の企業から内定が出ました。

専属アドバイザーが提出書類作成のアドバイスや面接のサポートをしてくれたのも大きかったですが、一番は企業と自分のマッチングがうまくいったこと。1人では出来ないことが、アドバイザーを介すことでスムーズに進むんですよね。

なので、転職に悩んでいるのであれば、若者専用求人サイトに登録をし、1度面談を受けてみましょう。

公式サイト⇒ハタラクティブ

20代向け求人サイトセレクション

私も利用したハタラクティブ

ハタラクティブ

私が第二新卒の時に利用した求人サイト!支店は渋谷と立川にしかないけれど、実は利用者・実績がかなり多い!1都3県の求人と取り揃えているので、関東で就職したい人におすすめ!

公式サイト⇒ハタラクティブ

求人数最大級のDODA

DODA

年齢問わず人気のあるDODAは、求人数が最大級です。求人数は多いほど選択肢が広がりますし、良い求人も多いので、アピールできるスキル・経歴を持っている方は利用してみましょう。

公式サイト⇒業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」新規会員募集

使いやすい「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

拠点は全国に多数&土日・夜20時以降の面談もOKなので、自分のペース・状況に合わせて転職活動が行えます。非常に使いやすいサービスです。また、知名度が高いため20代の利用者も多く、書類添削などの充実したサポートも魅力です。

公式サイト⇒リクルートエージェント転職支援サービス

 

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

30代以上の転職に役立つ求人サイト

Sponsored Link

フォローする