アルバイトの面接に受からない?受かるコツや方法よりも「行動」が大事。

アルバイトの面接に受からない?受かるコツや方法よりも「行動」が大事。

学生時代は何かとお金が必要になります。

友達と遊ぶにしても、服やファッション小物を買うにも、まずお金が手元にないと何も出来ません。

しかし、いざアルバイトを探しても、なかなか働き先が決まらないことがあります。

そういった時はもう心が折れてしまいますし、「もう自分なんかどこも受からないんじゃないのか…?」と思ってしまうこともあります。

そこで、ここではどうしたらいいのかを考えていきたいと思います。

受かるコツや方法がないから難しい

受かるコツや受かる方法を誰かに聞いた時、多くの人が答えるのは、

  • 清潔感を持ちなさい
  • 大きな声でハキハキと受け答えしなさい
  • 背筋をピンとしなさい

といったようなことだと思います。

しかし、よほど乱れていなければこれらはクリア出来ます。

難しいのは、上記のようなことを心掛けていたとしても、必ずしも受かるとは限らないことです。

だからいくつもバイトを落ちた時に多くの人が「いったいどうしたら受かるの?何をすればいいの?」と迷ってしまうのです。

もう受かるコツや受かる方法は“無い”と考えたほうが良いでしょう。

いかに諦めないか?行動に移せるか?

Q.どうしたら受かるのか?

A.受かるまで受け続ける

アルバイトに受かるには、自分を受け入れてくれるところに当たるまで受け続ける必要があります。

アルバイトは就活と違い、しっかりしているだけではダメなのです。

就活であれば、

  • 会社の利益になってくれる技量があるか?
  • 信頼出来るか?

などが大事ですが、アルバイトは、

  • 入ってほしい時間帯・シフトで働けるか?

が重要です。

いくらやる気があって面接官から「一緒に働きたい」と思われたとしても、シフトが合わなければ受かることが出来ないのです。

アルバイトに受かるためには、落ち込みながらも次々に受け続け、自分を欲しているところを自力で見つけるしかないのです。

関連≫「何回落ちた?」アルバイトの面接に3回落ちた後、5回目に受けた本屋に合格した大学生の話。

関連≫おすすめしたいアルバイト求人サイトまとめ

Sponsored Link

フォローする