2016年卒の大学就活生の準備はいつからが良いか?それは今!もう周りは動き始めている。

2016年卒の就活準備はいつから

2016年卒の大学生から就活の時期が変わりましたね。

12月から3月へ、3ヶ月遅れることに決まりました。

じゃあ準備も3ヶ月遅らせていいのか…?

私は、それではリスクが大きすぎると思います。

そう思った理由について、ここで書いていきたいと思います。

その就活で内定もらえますか?次世代型就活マッチングイベントならMeetsCompany

就活イベントはすでに開催されているのを知っているか

ついこの前の新聞を読んでいると、すでに就活に関するイベントが行われたようです。

2014年11月15日、東京ビッグサイトにて「業界研究セミナー&インターンシップCareer Forum」

こういったイベントはすでに10月にも行われました。

しかし、今回は前回以上にスーツ姿の人が多かったようですね。

着々と就職活動に対する意識が高まってきています。

「就活は3月からでいい」と考えている人と、すでに始めている人とでは差が開くばかりです。

スムーズにスタートを切るためにも、3月になる前から準備をする必要がありそうです。

イベント情報はどうやって知る?

こういったイベントは、

  • リクナビ
  • マイナビ
  • 日経就職ナビ

などの求人情報サイトで知ることが出来ます。

基本的にはこの3つを確認しておけば大丈夫だと思いますよ。

私なんかは99%リクナビしか使いませんでした。

就活の開始時期が遅れたことで企業が焦っているのを知っているか

就活が始まるのは3月からです。

しかし、10・11月の時点で業界研究会・インターンシップなどが開催される理由としては、多くの学生に自分の企業を知ってもらいたいという思惑があるのでしょう。

新聞を読んでいると、就職活動の動向に詳しい専門家は「2月に入ればこうしたイベントが活発化することが予想される。ワンデーインターンシップなども始まるでしょう」と言っていました。

企業としても「他の企業より先に優秀な学生を採用したい」と思っています。

こうしたことからも、なるべく早く就活モードになることが勝利への近道となります。

就活期間が短くなったことでスタートの重要性が増した

就活を今すでに始めているか、3月から始めるかでは雲泥の差です。

就活は思った以上にすることがあり(自己分析や企業研究、エントリーシート作成)、時間に追われます。

いまだ、

「就活は3月に始まっても、選考は8月からだから大丈夫だ」

と考えていると危ないと思います。

なぜなら私が就活をしていた時には、「説明会+選考」とセットで実施する企業がいくつかあったからです。

そういった場合、当日に履歴書やエントリーシートの提出を求められます。

他の就活生と差別化するためにも今のうちに準備をして、有利な就活をスタートしてほしいと思います。

内定が出ない新卒向けイベント

ミーツカンパニー

合同選考会は通常の合同説明会とは違い、採用権限のある人事が参加するため、内定までの距離を縮めることが出来ます。人数が限定されているので早めに参加しましょう。

公式サイト⇒次世代型就活マッチングイベントならMeetsCompany

Sponsored Link

フォローする