転職を考えるのは“甘え”や“逃げ”なのか?

転職を考えるのは“甘え”や“逃げ”なのか?

今までは普通に勤務してきたのに、ふとしたきっかけで「転・職」の2文字が頭に浮かぶことがあります。

そのきっかけは、異動だったり、仕事内容がだんだん自分に合わなくなってきたり、今の状況に不安になってきたり、色々だと思います。

しかしこの時、「今の状況は嫌だけど、こんなことで転職を考えるなんて甘えではないか?」と考えてはいませんか?

それは本当に甘えなのでしょうか?

どうして“逃げ”だと感じるのでしょうか?

考えていきたいと思います。

なぜ転職を“甘え”や“逃げ”と考えるのだろうか?

“甘え”、“逃げ”と感じるのは弱気な証拠

「最近上司の対応にトゲがあるように感じて、接するのがツラい…」

「この仕事自分に向いてないように感じて…」

「昇給の気配ないし…。でも仕事があるだけ贅沢なのかな…」

このように感じて、転職を考えること自体を“甘え”や“逃げ”と感じることがあるかもしれません。

しかしそれは本当に“甘え”や“逃げ”なのでしょうか?

どうして“よりよい生活のための挑戦”や“キャリアアップ”と考えないのでしょう?

“甘え”や“逃げ”と考えるのは、弱気な証拠かもしれません。

みんな転職する人というのは、何かしら職場に不満があり、そんな環境を打破するために行います。

たとえ“逃げ”だとしても、堂々と「逃げて何が悪いの?」と考える人だっているでしょう。

転職に対するイメージは、その人の気持ちの状態を反映するのです。

自分に厳しく真面目な証拠

「転職を考えるのは、甘えなのか?」

こう考える人は、きっと自分に厳しく、真面目な方だと思います。

責任感が強く、きっと一人前になれば会社の戦力となり得る人。

だからこそ「転職=甘えや逃げ」と考えてしまうのです。

しかし、今のあなたのような理由で転職している人は世の中にたくさんいるでしょう。

良い悪いは別として、です。

転職に偏見を持っている証拠

転職が多い=仕事が長く続いていない

ということですから、転職に対して快く思っていない人はたくさんいます。

しかし、中には粘って転職を行い、満足のいく成果を出した人だっていることは事実。

転職は将来が見えず、踏み切るには勇気のいることですが、どう考えるかは自分自身にかかっているのです。

転職を迷うのは葛藤している証拠

「こんなことで辞めるなんて甘いのでは?」

と悩んでいるのなら、それはまだ今の仕事を続けられる合図だと思います。

本当に今の仕事を苦痛に感じているならば、「甘いかも…」と考えながらも辞める決意はかなり固まっているはずです。

少しでも考え直す余地があるならば、転職を考えるのはもう少し後にし、他の方法も検討すべきです。

“後悔をしないために…”

転職は人生のデザイン

転職は、自分の人生をデザインするものだと思います。

生活は仕事ありきですから、仕事を変えれば生活が変わります。

そのため、仕事を変えるかどうかは、“自分がどんな生活・環境を求めているのか”についてもよく考える必要があるのです。

そして、仕事をしながらでも、転職(生活の変化)を考えることは可能です。

これは、在職中でも転職活動は出来るという意味です。

(関連≫厳選したおすすめ転職サイト一覧

実際に、離職後に転職活動をするよりも在職中のほうが様々なメリットが存在します。

例えば、

  • 在職中であればお金の面で心配がない
  • ゆっくりと会社を選べるため、ミスマッチを起こす確率は減る

などです。

これらは離職者にはない大きな利点です。

出来る限り冷静に、そして計画的に将来を見つめてみましょう。

関連≫転職をするべきか?しないべきか?後悔したくないなら一番大切な信念を決める

関連≫転職がうまくいかない時は焦らないことが大切

20代向け求人サイトセレクション

【1位】いい就職.com

いい就職.com

私が第二新卒の時に利用した求人サイト!丁寧で迅速なフォローが好印象でした!

詳細⇒いい就職.com

【2位】ハタラクティブ

ハタラクティブ

支店は渋谷と立川にしかないけれど、実は利用者・実績がかなり多い!通えるなら使うべき!

詳細⇒ハタラクティブ

【3位】ワークポート

ワークポート

IT・WEB業界専門から一般向け求職者・第二新卒対応へ!電車の広告でもお馴染みの急成長転職サイトです。

詳細⇒ワークポート

 

30代以上の転職に役立つ求人サイト

Sponsored Link

フォローする