【就活・転職】面接の質問で「嫌いな人がいたら?」「苦手なタイプは?」と聞かれたら何と答えるのが良いか?

私が就活・転職をしていた時に頻繁に聞かれる質問がありました。

それが、

「もし職場に嫌いな人がいたらどうしますか?」

「あなたの苦手なタイプはどんな人ですか?」

です。

しかし、私はこの質問を脅威と思ったことはありません。

なぜなら、この手の質問に対する答えは自分の中で決まっていたからです。

そのため、どんな企業で質問されても全く同じことを答えていました。

そして乗り越えていました。

ということで、ここでは私なりの乗り越え方について書いていきたいと思います。

その就活で内定もらえますか?⇒内定が決まらない新卒就活生のための駆け込み寺

「嫌いな人がいたら?」「苦手なタイプは?」は2段階攻撃

2段階攻撃であることを知る

これらの質問は2段階攻撃であることを考えておかなければなりません。

どういうことかというと、「苦手なタイプはどんな人?」と聞かれて答えたら、その後に必ず「では職場にそのタイプの人がいたらどう対処しますか?」と質問されるということです。

  1. 嫌いなタイプは?
  2. どう対処する?

この2つの質問がセットで待ち構えています。

自分なりの答えを作っておかなければなりません。

「苦手なタイプは?」→現実にいる嫌いな人を思い浮かべる

あなたは誰が嫌いですか?

私はある人が嫌いだったので、面接でこの質問をされた時は具体的に嫌いな人の性格を答えていました。

本当に嫌いなのですから、答えやすかったです。

では、いったい私がなんて答えたかというと、

「私の苦手なタイプは、なんでも物事を自分の思い込みで決めてしまって、周囲の意見を聞かない人です」

です。

私は実際にこんな経験をしたことがあったのです。

私が思い浮かべた人は、私が何度も何度も、1時間以上説得しようとも我が道を行き、ものすごく腹が立った人でした。

共同作業をしているにも関わらず全然私の意見を聞かない…

あの時は本当にはらわた煮えくり返っていました。

この強烈な経験が、「あなたの苦手なタイプは?」の質問の答えに通じているのです。

「どんな対処をする?」→実際にした対処法を話す

「苦手なタイプは?」に答えると、次は「では、もし職場に苦手なタイプがいたらどんな対応を取るのですか?」と聞かれます。

ここでも、私は自分の体験談を話しました。

私を怒らせた我が道男にどんな対応を取ったのかを思い出すのです。

それを答えれば良いだけ。

「何度か自分からも意見を伝えますが、それでも相手が譲らない場合は相手の意見を尊重して協力します。しかしその中で問題点が出てきたらやはり働きかけを行います」

ずっと意見の合わない人と言い合いをしても作業が進まない時は、一度協力して気の済むまでやってもらいます。

しかし、途中で問題点が出てきたら、それを気付かせるために話し合って意見を伝えるのです。

こんなイメージを持って答えていました。

また、他に万能な答え方としては、

「誰にでも長所・短所はあると思うので、苦手な人の長所に注目しながら対応しようと思っています」

です。

場合によってはこの答え方も使っていました。

苦手なタイプは具体的であったほうがいい

「苦手なタイプは?」と聞かれた時は、

  • 「自己中心的なタイプです」
  • 「無口な人」

など抽象的なものではなく、具体的であったほうがいいと思います。

なぜなら、具体的なほどしっかり考えている風に見せることが出来、臨場感が出てくるからです。

苦手な人は誰にでもいるはず。

誰かをモデルとし、どんな時に「苦手!」と感じたか具体的に思い出してみましょう。

そして、その時はどんな対応をしたか、振り返ってみましょう。

この時、答えに“協調性”、“歩み寄り”を漂わせる内容を盛り込むとウケが良いです。

ピンチ!2018年卒でまだ内定が出ない人向けサービス

マイナビ新卒紹介

マイナビ新卒紹介

マイナビグループが提供する2018年卒の方を対象とした、無料就職支援サービスです。

 

【特徴】

  • ・新卒学生を対象とした人材紹介(就職エージェント)サービス!
  • ・キャリアアドバイザーが個別に面談(カウンセリング)を行い、学生の志向や適性に合わせて求人を紹介!
  • ・書類作成のアドバイス・面接サポートも充実!

 

不安な就活は1人で悩むのではなく、キャリアアドバイザーと2人3脚で進めましょう!

公式サイト⇒『マイナビ新卒紹介』の無料登録はこちら!

MeetsCompany

ミーツカンパニー

合同選考会は通常の合同説明会とは違い、採用権限のある人事が参加するため、内定までの距離を縮めることが出来ます。人数が限定されているので早めに参加しましょう。

公式サイト⇒次世代型就活マッチングイベントならMeetsCompany

20代向け求人サイトセレクション

私も利用したハタラクティブ

ハタラクティブ

私が第二新卒の時に利用した求人サイト!支店は渋谷と立川にしかないけれど、実は利用者・実績がかなり多い!1都3県の求人と取り揃えているので、関東で就職したい人におすすめ!

公式サイト⇒ハタラクティブ

求人数最大級のDODA

DODA

年齢問わず人気のあるDODAは、求人数が最大級です。求人数は多いほど選択肢が広がりますし、良い求人も多いので、アピールできるスキル・経歴を持っている方は利用してみましょう。

公式サイト⇒業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」新規会員募集

使いやすい「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

拠点は全国に多数&土日・夜20時以降の面談もOKなので、自分のペース・状況に合わせて転職活動が行えます。非常に使いやすいサービスです。また、知名度が高いため20代の利用者も多く、書類添削などの充実したサポートも魅力です。

公式サイト⇒リクルートエージェント転職支援サービス

 

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

30代以上の転職に役立つ求人サイト

Sponsored Link

フォローする