【就活】横書きの封筒の書き方。表と裏の見本・具体例を紹介

【就活】横書きの封筒の書き方。表と裏の見本(例)を紹介

就活をしていると、履歴書やエントリーシートを封筒に入れて企業に送付する機会があります。

しかし、この時に頭を悩ませるのが封筒の書き方です。

通常は縦書きで宛名を書いていけばいいのですが、大学指定の封筒の場合、中には横書きになっているものも存在します。

そこで、ここでは横書きの封筒の書き方を紹介していきたいと思います。

その就活で内定もらえますか?次世代型就活マッチングイベントならMeetsCompany

横書き封筒の表

ユウ就活。横書き封筒の書き方。表と裏

バランスを考え、上から順に

  1. 郵便番号
  2. 住所
  3. 企業名と担当者名
  4. 在中

を書いていきましょう。

企業名は「㈱○○」とせず、「株式会社○○」と書きます。

また、企業によって採用部署の名称が異なるので、あらかじめ指定されていないようであれば自分で企業ホームページを見て、正しい名称を書きます。

さらに、送り先が「個人」か「部署」かで「様」と「御中」を使い分けましょう。

他には、封筒に入っているものが一目見て分かるように、表の右下に赤文字で在中しているものを記しておきます。

横書き封筒の裏

ユウ就活。横書き封筒の書き方。表と裏2

表が横書きなら裏も横書きのルールに沿って書いていきます。

すると、おのずと右下に自分の住所等を書くことになります。

また、大学名も書いておきましょう。

すべて書き終わり、封筒の口をのりで貼り付けたら、最後に〆を書きます。

これで終わりです。

注意点

書類は透明なクリアファイルに入れる

この部分は多くの就活生ならすでに知っていると思いますが、提出書類を送付する際は、書類をそのまま封筒に入れるのではなく、クリアファイルに入れた上で封筒に入れるようにしましょう。

そうすることで配達時に何かのアクシデントで折れることを防止することが出来ます。

履歴書やエントリーシートは自分の分身ですので、相手に無事届くまでしっかりと守りましょう。

内定が出ない新卒向けイベント

ミーツカンパニー

合同選考会は通常の合同説明会とは違い、採用権限のある人事が参加するため、内定までの距離を縮めることが出来ます。人数が限定されているので早めに参加しましょう。

公式サイト⇒次世代型就活マッチングイベントならMeetsCompany

Sponsored Link

フォローする