【2016年卒就活】企業が選考時期(日程)をフライング?会社説明会・面接はいつから忙しくなるのか?重要なのは“実際は政府の決定に強制力はない”こと。

2016年卒企業の選考フライング

文部科学省などが就活時期繰り下げに関する企業への調査結果を発表しました。

これにより、就活の時期が新たに3月スタートとなる中で、企業はそれに対してどう受け止めているのかが分かりました。

ここでは、調査結果や就活時期が遅れることによってどんなことが起きてくるのかについて考えていきたいと思います。

その就活で内定もらえますか?次世代型就活マッチングイベントならMeetsCompany

文科省の調査結果

調査には、全国の企業1230社が回答しました。

そのうち94%の会社は「3月から就活解禁」をする方針です。

また、1092社を見ると、

【すでに就活準備が完了している企業】…11%

【これから就活の準備を始める企業】…83%

という結果になりました。

多くの企業がまだ就活の準備を完了していません。

このことから、就活解禁時期の繰り下げを容認している企業が多いということが言えるでしょう。

調査の回答率の低さ…49%

しかし、よくニュースを見てみると、この調査に答えてくれた企業はたったの49%。

文科省が調査依頼をしたうちのたった半分しか回答してくれなかったのです。

調査に答えるのが面倒だったのか、繰り下げに同意していないからなのかは分かりませんが、今回の調査結果を鵜呑みにするのは危険かもしれません。

企業の人材獲得方法が変わる懸念

現在はメディアで何度も「売り手市場だ」と言われているほど、人手不足です。

この事態は中小企業にとって好ましくありません。

そこに追い打ちをかけるように就活時期が3月スタートに決まりました。

実際に就活の時期は短くなるので、人材確保を焦っている企業もあるでしょう。

焦る企業の施策「1日インターンシップ」

短時間で優れた人材を確保しようと企業は必死です。

なんと、早い段階から「1日インターンシップ」の開催を計画している企業があるんです。

生徒に告知してくれるよう大学に頼んでいる企業もあると新聞に書いてありました。

この「1日インターンシップ」は、ほぼ会社説明会のようなものでしょう。

通常インターンシップというのは何週間か掛けて行われます。

企業は「1日インターンシップ」で多くの就活生と少しでも早く接点を作りたいのです。

夏のインターンシップを利用して内定を渡す企業

これまでは就活は12月解禁で、それに対してインターンシップは夏に行われる企業が多かったです。

では、3月に就活解禁が繰り下げられたことで、インターンシップの時期も繰り下げられるのでしょうか?

答えは「いいえ」です。

多くの企業が例年通り、インターンシップを夏に行うと言っています。

さて、新聞に、おかしなことが書いてありました。

企業がある学生に対してこんなメールを送ったのです。

「あなたはインターンシップで良い成績だったので、特別な会社説明会を行います。出席すれば3月に内定を渡します」

就活のスタートは3月から、選考は8月からと決まったのに、3月に内定を渡すとは驚きです。

「これから就活だ!」と準備をしていたその学生は困っているとのことでした。

今回の就活時期のズレが人材確保の質に影響した企業は、その次の就活から“インターンシップを悪用したフライング内定”を始めるかもしれません。

実質的な就活スタート時期と就活生が動き始める時期

何度も何度も「就活解禁は3月から」と言われています。

しかし、企業が行うインターンシップの活動を見ると、実質的な就活はすでに夏からスタートしているのかもしれません。

では、2016年卒の就活生はいつから就活を始めればいいのでしょうか?

これについては原則として3月からでいいと思います。

が、2月に“1日インターンシップ”や“セミナー”がある場合は出席して、エンジンをかけておいたほうがいいのではないでしょうか。

そして、一番気を付けなければならないのは、志望度の高い企業が早くから説明会や選考、1日インターンシップを始めてしまうのではないか、ということです。

3月から可能になるプレエントリーは早めに行うようにしましょう。

(⇒プレエントリーって何?エントリーとは?2つの意味の違いを知って就活をスムーズに始めよう。

また、選考が8月から始まるとは考えないほうがいいです。

私が就活を始めた時のことを思い出すと、12月から就活が始まって、1月の中旬には履歴書やエントリーシートの書類提出、選考(グループワーク)を行う中小企業がありました。

(⇒【私の体験談】就活が始まって初めての選考は全敗。失敗して“最初にするべきことは何か”が分かった。

これは3月に就活が解禁する人にとって、4月中旬から選考が始まることと同じ状況ですね。

就活を有利に進めるためには3月からフルエンジンで就職活動を始めるか、2月くらいから慣らしておくことをオススメします。

内定が出ない新卒向けイベント

ミーツカンパニー

合同選考会は通常の合同説明会とは違い、採用権限のある人事が参加するため、内定までの距離を縮めることが出来ます。人数が限定されているので早めに参加しましょう。

公式サイト⇒次世代型就活マッチングイベントならMeetsCompany

Sponsored Link

フォローする