薬剤師の仕事のやりがいや魅力とは?

薬剤師の仕事のやりがいや魅力とは?

薬剤師を志す人には、色々な考えの人がいると思います。身内に薬剤師の人がいて小さな頃から興味を持っていたり、人の健康に貢献したいと思っていたり、ちょっとお給料がいいからなりたいと思っていたり。

しかし、薬剤師というと調剤薬局のような、処方箋を持ってきた患者さんにお薬を渡すだけの単純な仕事だと思っている人も多いのではないでしょうか?もしそうであれば、もっと視野を広くして、薬剤師の仕事を見る必要があります。

そこで、ここでは薬剤師をする上でのやりがいや、魅力的な部分について紹介していこうと思います。

薬剤師の役割とは?

地味な作業の繰り返しに見える薬剤師ですが、実際には社会に大きな役割をもたらしています。というのも、薬剤師という仕事は、誰でもできるような緩い仕事ではないからです。

薬剤師になるためには、まず薬学教育課程の大学に通う必要があります。それも、今はルールが改定されて6年制の教育課程が必須とされていますね。また、こうした大学を卒業すれば済む話でもありません。卒業した後は、薬剤師の国家試験に合格しなければならないのです。

この国家試験は、薬剤師に最低限必要となるような知識があれば合格できるような難易度のものですが、とは言っても大学から国家試験合格までは長い道のりです。生半可な気持ちで取り組んでいては難しいかもしれません。

ではどうして薬剤師になるためにはこんなにも多くの過程が必要になってくるかというと、薬は人の命に関わってくるからです。世の中には多くの薬があり、中には副作用が強いものや飲み合わせが悪いものが存在します。そのため、しっかりと知識・経験のある人でないと取扱いが出来ないのです。

薬剤師というのは、患者に正しいお薬の取り扱い方法を教え、また、コミュニケーションの中で不安を取り除くといったような役割があります。そして、薬剤師という資格を持っているからこそ、多くの患者の安心した生活を提供することが出来るのです。地道な作業が多くとも、そのお陰でたくさんの人が正しく薬を使えていることを覚えておきましょう。

薬剤師のやりがいや魅力とは?

薬剤師のやりがいは、職場によって大きく異なってきます。

調剤薬局

調剤薬局での薬剤師の仕事は、患者が持って来た処方箋に沿って薬を用意し、正しい飲み方、あるいは使い方をしっかりと指導することです。またそれだけではなく、その患者さんの薬歴を管理するような業務も行います。

同じような作業の繰り返しになるかもしれませんが、それで簡単に「やりがいがない」と決めつけてしまうのはいけません。患者さんの立場からすれば、不安があれば相談に乗ってもらいたいと思っていますし、親身にアドバイスを受ければ嬉しいと感じます。

1人1人の患者に向き合い、精神的にも助けになれるのが調剤薬局の薬剤師なのです。やりがいは自ら見つけ出すことが出来ます。

ドラッグストア

ドラッグストアで働く薬剤師は主にOTC医薬品(市販薬)についての相談などを請け負います。お客さんが来店して、市販薬選びに困っている時に、体調に合わせて最適な薬を届けることが出来るのです。

また、ドラッグストアでの一番のやりがいは、高いお給料がもらえるところにあります。調剤薬局などは勤務時間は18時までなどと決まっていることが多いですが、ドラッグストアは売上を重視するため、勤務時間も長くなり、それに比例してお給料も高くなることが多いのです。

待遇の良いチェーン店で働けば有給休暇も取りやすく、ドラッグストア勤務を経験することで将来的に独立を目指すことも不可能ではありません。

病院

薬剤師を志す人の中には、多くの患者にダイレクトに寄り添いながら仕事したいと思っている人もいると思います。そういった場合にこの病院薬剤師はかなり適していると言えます。

病院には多くの患者がいますが、そこで薬剤師は直接患者の体調を見て、医師・看護師とのチームプレーで最適な治療薬の選定を行います。そして、患者が健康を取り戻した時には大きなやりがいを感じるでしょう。

また、治験に関わることもあり、そこで得られたデータが今後の社会に役立つこともあるのです。

製薬会社

製薬会社の仕事は多岐に渡ります。

新しい薬を開発する業務や、薬開発のための研究業務、自社が誇る薬を社会に広めるMR職などです。

新薬開発などは非常に大変なことですが、成功すれば大きく会社の利益に貢献することが出来ますし、なによりその開発によって助かる人が大勢いるはずです。とても大きなやりがいを感じることが出来ます。

まとめ

薬剤師には、調剤薬局・ドラッグストア・病院・製薬会社と様々な職場があり、また、それぞれに違ったやりがいや魅力が存在します。

社会に大きく貢献できたり、患者個人単位を丁寧にサポートしたり、高いお給料をもらいながらもお客さんにアドバイスをして最適なお薬を選んでもらったり。

そもそもやりがいというのは、自分から見つけ出すもので、自分が何に対して満足感を得られるかにかかっています。自分の性格をよく考えながら、薬剤師として働く職場を選びましょう。

薬剤師|調剤薬局の人間関係が辛くて辞めたい時の対処法

薬剤師が転職サイトでお祝い金をもらえる仕組みとは?

Sponsored Link

フォローする