第二新卒な私がいい就職.comを使った感想|評価・評判・口コミ・レビュー

いい就職.comのホームページ画像

「転職サイトに「いい就職.com」というものがあるけど実際どうなんだろう?」

「第二新卒や既卒が使える「いい就職.com」ってどんなカラクリ?」

「名前が胡散臭いけど本当に役に立つの?」

これらの感想は、第二新卒だった私が「いい就職.com」を使う前のものです。私は新卒で最初に勤めた公務員をたったの3ヶ月で辞めていて、転職する際は「いい就職.com」を使って新たな企業へ入社しました。

私の就活体験記

そこで、私の経験から「いい就職.com」を使ってみた感想を書いていきたいと思います。もし、これから使ってみようか考えている人は是非参考にしてみてください。

いい就職.comとの出会いは1本の電話から始まった

私がいい就職.comを使ったきっかけは、知らず知らずのうちに登録をしてしまっていたことが始まりです。

公務員を辞めてからというもの、また他の公務員試験を受けるもことごとく落ち続け、これからどうすれば良いのか途方に暮れていました。そうした中で民間企業への転職に完全に切り替えたのですが、その時に登録していた転職サイトの1つがいい就職.comでした。

登録してから数日がたったある日、私の携帯に電話がかかってきました。これがいい就職.comとの出会いです。この電話で、「転職活動の面談をしませんか?」と言ってきたのです。私は東京に住んでいるのでとりあえず約束した日時に市ヶ谷の支店へ行き、コンサルタントさんと面談を行いました。この時のコンサルタントさんが私の専属コンサルタントさんでした。

また、私の他にも初めて来たであろう人が2~3人がおり、それぞれ面談を行っていました。私はこの時、自分のように職探しに困っている人がたくさんいることを知りました。

いい就職.comのスピード展開に驚いた

まず支店に到着すると、アンケートに答えることになります。基本的な個人情報や、自分がどんな業界に転職したいかなどです。

それを書き終えると、専属コンサルタントさんと1対1で面談を行います。いい就職.comがどんな転職サイトなのか、どんな求人を集めているのか、どういった流れで内定までをサポートするか、などの説明を聞きました。

具体的には、

  • 「いい就職.comは中小企業の求人が多いが、離職率の高い企業は紹介していない」
  • 「社会保障(福利厚生)も最低限のレベルをクリアしていないと紹介しないことになっている」
  • 「実際に私たち(コンサルタント)が企業へ訪問して、部長や人事の人と話をしているので社風などは把握している」
  • 「実際にいい就職.comで就職した人に定期的に話を聞いているが、すでに3~5年働いて順調に正社員の道を歩んでいる人がいる」

といったことを聞きました。

そんな中で私はどんな企業を求めているかを一通り伝えました。すると、コンサルタントさんは「ちょっと待ってて」と言ってさっそく求人を探しに行きました。

この時に思ったのは「行動が早いな!」ということです。20分ほど待たされた後、私の希望に沿った求人を5つほど探し出してきてくれました。もちろんすべてが私の希望に沿ったものではないですが、2つは「行きたい!」と思えるものでした。当日行ってすぐに求人を紹介してくれるのは良い対応だと感じました。

そしてこの日は、紹介してくれた求人へ応募するかは後日決めることにして、家に帰りました。

家ではフォーマットの履歴書を作成

いい就職.comには、専用の履歴書のフォーマットがあります。そのため、私は家に帰ってからコンサルタントさんがメールに添付してくれた履歴書に、経歴や自己PRを記入し、メールで送りました。この作成した履歴書は企業の選考に進む際に、面接官に送られるようです。

また、紹介してくれた求人の中で選考に進みたいと感じたものも専属コンサルタントさんに伝えました。

模擬面接で面接の練習をした

コンサルタントさんに選考を受けたい企業を伝えると、勝手に選考の日程を企業と取り決めてくれます。これは非常に楽でした。自分から企業とやり取りをする必要がないからです。

また、専属コンサルタントさんはただ求人を探して選考の日程決めをしてくれるだけではありません。面接の練習なども行ってくれます。

私の場合は、企業の集団面接の日程の前日にコンサルタントさんと模擬面接をする約束をしていたので、実際に本番を想定して練習を行いました。この時は的確に自分の弱点や良い点を教えてくれたので、良かったと思っています。

企業説明会は頻繁に行われている

いい就職.comで扱っている求人は、比較的早めに人材を欲しがっている企業です。そのため、積極的にいい就職.comの支店に訪れては一室で説明会を開催してくれます。

実際にその企業の社員の方が来てくれるので、その会社の雰囲気などが分かります。また、人事だけが来るわけではなく、募集している職種の社員の方が来てくれるのでリアルな話が聞けます。また、20代の社員の方が来てくれることもあるので親近感が湧いたりしました。

ハローワークなどであれば実際に企業の方と話す機会は面接の時くらいなので、こうした催しがあるいい就職.comは、しっかり企業を見極めて転職したい人に向いています。

選考に進みたい企業が見つかったらすぐに選考が始まるイメージ

とにかくいい就職.comは仕事が早いです。いくつか求人を紹介してもらって、受けたい企業が見つかれば比較的早く選考に進ませてくれます。

私の場合は1週間に3~4つの選考を行うペースで次々とこなし、最終的には第一志望の企業から内定をもらうことが出来ました。

企業の選考の結果はすべてコンサルタントさん経由で聞かされます。そのため、落ちたとしても直接聞くよりは和らぎました。また、選考をし終わった後はすぐにコンサルタントさんに電話で連絡し、手ごたえや、改めて次の選考に進みたいかどうかを話します。

こうした手順を踏むことでなるべく自分にマッチした企業に就職できるようにしています。

利用方法

利用方法は簡単で、公式ホームページから無料会員登録をすると、数日の間にいい就職.comのコンサルタントさんから折り返し電話があります。

そうしたらその時に面談の日時を決め、その決めた日に実際に支店に訪れ、転職に関する相談を行います。

いい就職.comは第二新卒の方や、社会人経験のない既卒、内定が決まらない大学生を対象としています。

いい就職.comのホームページ画像

公式ホームページ⇒日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」

転職活動は孤独の戦いだと思われがちですが、こうしたサイトを利用してコンサルタントさんと就活をすることで、前向きに頑張れます。私もいい就職.comを利用したことで約1ヶ月の間で転職を成功させました。これから転職を考えている人は一度利用してみてはどうでしょうか?

⇒『内定がない新卒の大学卒業後の4つの選択肢

⇒『内定が貰えなくて死にたいくらい辛い時は他力本願で就活する

⇒『悲惨…。なぜか内定が決まらない新卒就活生の1つの特徴

20代向け求人サイトセレクション

【1位】いい就職.com

いい就職.com

私が第二新卒の時に利用した求人サイト!丁寧で迅速なフォローが好印象でした!

詳細⇒いい就職.com

【2位】ハタラクティブ

ハタラクティブ

支店は渋谷と立川にしかないけれど、実は利用者・実績がかなり多い!通えるなら使うべき!

詳細⇒ハタラクティブ

【3位】ワークポート

ワークポート

IT・WEB業界専門から一般向け求職者・第二新卒対応へ!電車の広告でもお馴染みの急成長転職サイトです。

詳細⇒ワークポート

 

30代以上の転職に役立つ求人サイト

Sponsored Link

フォローする