就職活動で言う“売り手市場”、“買い手市場”とは何を意味しているのか?

売り手市場と買い手市場

就職活動をしていると、よくニュースなどで「今は売り手市場だ、今は買い手市場だ」と言っているのを聞くことがあります。

しかし正直なことを言いますと、私は就活中に「売り手市場」「買い手市場」の意味が全然分かっていませんでした。

そこで、今さらながら就活でよく聞く「売り手市場」「買い手市場」の言葉の意味について書いていきたいと思います。

一般で言う“売り手”と“買い手”とは?

この言葉は、マーケットの世界でよく使われています。

といってもとても身近なもので、お買いものの場面です。

売り手

売り手というのは「物を売る側」ですので、スーパーとかコンビニとか、とにかくお店全般のことですね。

買い手

買い手は私たち、消費者のことを指します。

「物を買う側」のことです。

物・サービスを提供する側が“売り手”、それらを買って利用する側が“買い手”です。

就活で言う“売り手”と“買い手”とは?

では就職活動の場合は何が“売り手”で何が“買い手”なのでしょうか?

売り手

売り手は就活生・求職者のことです。

「自分の労働力(戦力や技術)を売っている」ということを意味しています。

買い手

買い手とは企業側のことを指します。

「企業は給料を払って社員の労働力を買っている」という意味です。

“売り手市場”と“買い手市場”

ここまで読んでいただければお分かりかと思いますが、

ニュースで「今は売り手市場だ」と言っていれば、就活生・求職者(売り手)の有利な状態で、企業側(買い手)は人手不足で不利な状態だということを言っています。

このタイミングで転職サイトをうまく利用すれば良い結果になる可能性が高まります。

逆に「今は買い手市場だ」と言っていれば、企業側(買い手)は十分に人が足りている有利な状態で、就活生・求職者(売り手)はなかなか就職できない不利な状態だと言うことが言えます。

関連≫「Uターン」「Iターン」「Jターン」「Oターン」転職の意味とは?

Sponsored Link

フォローする