「鳩になりたいの?」なぜ働かなければならないのか?

人は当たり前のように働いています。

しかし、

「働きたくない!」

「どうして働かなければならないのか?」

「将来のため、というよりも今を楽しむべきではないのか?」

と考えている人も多いはずです。

では、人はどうして仕事をしなければならないのでしょうか?何のために仕事をしているのでしょうか?

考えていきたいと思います。

人は働いているから自由な時間が手に入る

人はどうして働いているのかと考えた時に、やはり“生きるため”というのが一番に来ると思いますが、その先には、自由な時間が待っています。

農家がいて、スーパーで働いている人がいるから、自分たちはお金で食料を手に入れることが出来ます。食料を自分で調達しなくて良いのです。

働く人がいるから、様々な業界が発展して車や飛行機が出来、外国で楽しんだり移動時間を短縮することが出来るようになりました。

人はそれぞれが役割分担をし、働くことで色々な方向性で自由な時間を持てるようになったのです。

そのため、働いている人たちには感謝しなければなりません。

人が働かなかったら、鳩と同じような生活になる

鳩に例えるのは自分でもどうかと思いますが、もし、人が働かなかったら、人間は皆鳩のような生活をすることになると思います。

昼は餌を探し、住居を作り、毎日それの繰り返し。

もしこれらをやめてしまったら、それは生きることを放棄したのと同じことです。

それでいいのでしょうか?

「なぜみんな今を犠牲にして働いてるの?」と疑問に思っている人は、現代よりも縄文時代のような生活のほうがいいと考えているのでしょうか?

皆働かなかったら、現在のような便利な世の中は実現していなかったというのに。

実は、生き物はすべて働いている

生き物はどんなものでも働いています。

「猫は暇そうでいいな~」なんて思ったことはありませんか?

しかし、野良猫だって食べ物を探して狩りをします。

これも働くことと同じです。

人ももともとは野良猫のような生き方をしていて、そこから役割分担を進化させて今に至るのです。

そして、より生き方の幅を広げ、自由な時間を手に入れることに成功しました。

しかし…

人は平等ではない

人は生まれた時から平等なわけがなく、育つ環境、能力、積極性、性格は人それぞれ。

そのため、就く仕事も違い、就職する企業によっては納得いかないこともあるでしょう。

だからこそ、どう働くかが自分の人生を左右することになります。

だとしても、

「どうして働かなければならないのか?」

「今を犠牲にしてまで働く必要はあるのか?」

と考えるのは、愚問。

人は結局どんな形であれ働くことになり、企業で働きたくないのなら自給自足という働き方を強いられます。

「どうして必死になって働くのか?働く必要はないんじゃないのか?働くなんて愚かだ」と考えるのではなく、「どんな働き方を選んで、どんな生活をしようか?」と考えるのが普通なのです。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする