上司が休日出勤を強要した時、仕事をすべきか?

ある日突然上司から「○月○日は休日だが、出勤してくれ」と言われたらどう思いますか?

もしその日に特別な用事がなければしぶしぶ出勤することも出来ますが、恋人との大事な予定や、友人との楽しみな遊びを計画していたら、憤りを感じると思います。

そこで、ここでは休日出勤の強要について考えていきたいと思います。

36協定の有無で強要の不可が決まる

上司から休日出勤を強要された時や、勝手に出勤のスケジュールを組まれてしまったら、かなり嫌な思いをすると思います。

しかし、この行為は、上司の判断で勝手に行われているのではなく、規定に盛り込まれている可能性があります。

要するに、休日出勤の強要は規定に乗っ取って行われているかもしれないということです。

通常、会社が社員に休日出勤を強要するためには、「労働基準法第36条(36協定)」の規定に沿い、労使協定を結んでいる必要があります。

そして、もしこの協定の届け出がしっかりと行われている会社であれば、社員に休日出勤をさせることが可能なのです。

休日出勤させられた友人の例

では次に、私の周りにいた、休日出勤の例を2つ書いていきたいと思います。

某自動車ディーラーに勤める友人

車が大好きで、自動車ディーラーに入社した友人がいます。

そしてある日、休日に飲み会をしようと計画を立てていました。

しかし、突然その友人は飲み会の休日の日に、上司に休日出勤を強要されてしまいました。(上司に勝手に出勤のスケジュールを立てられていた)

それも、あらかじめ「この日は予定があるので絶対に休みます」と言っていたにも関わらず、です。

幸いにも、午前中だけの出勤で済んだので飲み会には十分間に合いましたが、このように強制的な出勤を避けられないことがあるのです。

夏の貴重なお盆休みを取り上げられた建設業で働く友人

この話を聞いた時は本当に悲しくなりました。

この友人は、夏のお盆休みに、久しい友人たちとバーベキューの計画を立てていました。

もっというと、わざわざ時間をかけて地方から東京に戻っていたのです。

しかし…

なんとこの友人は、バーベキュー前日の深夜に上司から電話がかかり、休日出勤を頼まれ、急きょ地方の会社に戻ることになってしまったのです。

こんなに最悪なお盆は他にあるでしょうか…?

数少ない休日でさえも、無くなってしまうなんて…

まとめ

結局のところ、休日出勤の強要は合法であることが多いのです。

しかし、普通に考えて休日が楽しめないなんて、そんな仕事漬けの人生でいいのでしょうか?

仕事にやりがいを感じているのならその仕事は合っているでしょうが、仕事のことが好きではなく、さらに休日出勤が多いようであれば、転職も視野に入れるべきだと思います。

休日出勤が多いということは、そもそも1人に対して背負わせる仕事量が多いということです。

ではなぜこうした現象が起こるかというと、その会社は人件費を減らすために人を雇えないからです。

そうした余裕のない会社は、今後生存していけるかも分かりません。

事業は多岐に渡っているでしょうか?

この先、時代の流れに対応できる力があるでしょうか?

結局最後は、自分の身は自分で守らなければなりません。

将来を見据えて、自分の生き方を模索していきましょう。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする