営業職に向いていない人は何を考えているか分からない性格

営業職は大変な部類に入ると思います。

「どんな仕事も大変!」

「今の仕事が出来ないのならどこに行ったって出来ない!」

これらはよくある言葉ですが、その仕事に向いているかどうかは、

【その人の性格】×【仕事の内容】

で全然変わってくると思っています。

営業職に向いていない人は必ず存在するでしょう。

私は自分でも営業職に向いていないと考えています。

ただ、「向いていない=出来ない」ではなく、「向いていない=成長するのに時間がかかる」ということです。

スポーツでも「センス」という言葉があるように、人それぞれによって上達度合が変わります。

仕事だって同じです。

さて、ではいったいどんな人が営業職に向いていないのかを書いていきたいと思います。

これまでの人生で「何を考えているか分からない」と言われたことがあるか?

まず、営業職に向いていない人は、人から「何考えているの?」と聞かれたことがある人だと思います。

これはどういうことかというと、

  • 積極的に自己表現をしない人
  • 人にそこまで興味がない人
  • コミュニケーションに重きを置いていない人

です。

人見知りとも言います。

営業職は自社の製品・サービスを取引先にアピールしなければならないので、伝える行為が得意でないと相手に響きません。

最初の営業は困難を極めるでしょう。

何を考えているか分からない人は不信がられる

だれしも信用できる相手から製品・サービスを購入したいと思っています。

だから最近ではスーパーの野菜コーナーに生産者の顔を添えることも多くなってきました。

しかし、そもそも何を考えているか分からない人は信用できません。

  • 変なものを売りつけようとしているのではないか?
  • 本当に良い製品なのか?
  • 本当に私たちのことを考えてこの製品を勧めているのか?

製品の良し悪しの前にそれを説明している人間に警戒してしまうのです。

おとなしい人は不利

おとなしい人の性格は、何かで盛り上がったり、テンションを上げたりすることが苦手です。

そうすると、製品・サービスを売る時にもそのものの良さが半減してしまいます。

落ち着いて「これがあれば御社の利益に貢献します。」と言うより、「これがあれば御社の利益に貢献します!!!」と言えたほうが最初に受け取る印象が違います。

おとなしく、落ち着いた性格の人はあまり営業には向いていないでしょう。

情熱がある人のほうが有利

営業職に向いている人は、情熱がある人だと思っています。

情熱があるということは、しっかしその製品に対して自信を持っている証拠。

たとえおとなしい人でも自分の好きなものに対して情熱を注げる人であれば、次第に営業力は付いていくかもしれません。

製品に誇りが持てるか?

これがかなり重要な要素になってくると思います。

自分が営業している製品・サービスについて、誇りが持てなければ、そもそも情熱を持って誰かに勧めることなど無理です。

「なんだかお客を騙しているような気になる…」なんて考えで営業をしていては、自分が苦しいだけ。

こうした状況であれば、

  • まず自社の製品がどんなところで人の役に立っているのか?
  • どんな喜びの声があるのか?

をよく頭に叩き込み、自分が製品・サービスを大好きになる必要があります。

大好きになるためには製品・サービスをよく知らなければなりませんし、それが出来ればお客様からの様々な質問に対しても答えられるようになります。

自然と情熱を持ってアピール出来るようにもなるでしょう。

それがどうしてもキツければ、営業職を辞めることも視野に入れていきましょう。

転職サイト

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする