公務員試験「SCOA」の対策。1時間120問をどう攻略するか?

公務員試験は自治体によって、試験内容が変わってきます。

私が受けた公務員試験はだいたい「2時間40問」でしたが、1度だけ「SCOA」を受けたことがありました。

そこで、ここでは私の経験をもとに、どんな対策をすればいいのかを考えてみましょう。

1時間120問?なんだこりゃ?

私が公務員試験を控え、勉強していたある日、申し込みをしていた某自治体から1次試験の案内が届きました。

開いてみると、用紙にはこんな文字が。

「試験内容:120問 所要時間60分」

私はこの文字を見るまで「SCOA」という試験を知りませんでした。

それまでは、公務員試験は「2時間で40問解くものだ」と勝手に理解していました。

どんな対策をすべきか?

1時間で120問という無茶ぶり試験についてインターネットで調べてみて、やっとそれが「SCOA」と呼ばれているものだと知りました。

そして、さらに色々と調べていると、出題される問題は

  • サイコロ問題
  • 論理
  • 真偽の推理
  • パズル問題(空間把握・図形・折り紙問題)
  • 展開図

など、比較的難易度は低めのものが出るとの噂を入手。

それらを中心に復習を行いました。

実際に解いた感想

私が対策していた部分は合っていました。

実際にサイコロ問題や論理など、比較的簡単に素早く解けるような問題が多かったです。

そしてすべて4択でした。

しかし、出題される分野は2時間40問の試験とほとんど同じ。

国語の読解問題もありましたし、英語の長文もありました。

文章は1ページの半分くらいの量なのでそこまで多いわけではなかったのですが、それでも普通に考えたら読むだけで時間がかなり経過してしまいそうな印象を受けました。

そのため、私はすべての文章問題をすっ飛ばしました。

全く読まず、勘でマークしました。

なぜ全然読まなかったかというと、私は国語も英語も苦手で読解力が皆無だからです。

残念ながらまともに読んでも正答率が著しく低い…

私はそんな自分の弱点を把握していたので、勘でマークし、「運よく正解したらいいや」の精神で進めていたのです。

また、社会(政治や法律など)・理科・時事問題もありました。

「SCOA」はとにかく時間との戦いで、どれだけ早く正確に解けるかが重要です。

悩んで立ち止まっている余裕はありません。

脳みそをフル回転させましょう。

どんな作戦が良いのか?

私の作戦は「出来ないものは適当にマーク。自信のある問題は確実に解く」でした。

私は比較的、数的処理・判断推理が得意だったので、一般知能に力を注ぐようにしたのです。

実際「SCOA」がどんな採点方法かは分かりません。

なるべく順序よく解くのがいいのかもしれません。

しかし、私は「自信のあるものを重点的に解く」という作戦に決めていました。

なぜなら、自信のないものは時間をかけたからといって、正解する保証がないからです。

「しっかり順序よく解いたが回答数は少なく、さらに不得意な分野の正解率が低かった」よりは、「ほぼすべてに回答したが、不得意な分野の正解率は低かった」のほうがマシだと考えたのです。

だからこのような作戦にしました。

結果はどうだったか?

結果は1次試験突破でした。

なんとか「SCOA」をパスすることが出来たのです。

しかし、この日は他にも事務処理の問題もあったので、「SCOA」の点数が良かったのかはハッキリとは分かりません。

また、この1次試験のあとの2次試験で会った人たちに話を聞くと、私のような作戦で「SCOA」を解いた人もいれば、しっかり順番通りに解いて80問までしか解けなかったと言う人もいました。

ただ順番通りに解ける人というのは、それだけすべての分野に対して解く力がある人だと思っています。

明らかに自分に苦手な分野があると自覚していて、順番通りに解くのはリスクが高いと感じました。

「SCOA」は自分に合った方法で解くように心掛けてみてください。

【新卒】公務員試験の就活体験記

【既卒・第二新卒】公務員試験の就活体験記

私が使った通信講座・公務員試験参考書一覧

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする