転職の内定辞退を電話で行う方法と例。理由は正直にストレートに

転職は人生の中でかなり重要なもので、誰もが「失敗したくない!」と感じています。

そんな時に、完全に納得していない会社から内定を頂いてしまった場合はどうするべきでしょうか?

「今の時代、内定をもらえるだけありがたいからここに決めようかな?」

「いや、妥協はしたくないからここは断りたい!」

「でもせっかく内定をくれたのに、断るのは悪い気がする…」

このように様々なことを考え、悩んでしまうと思います。

しかし、どこか引っかかることがあったり、妥協して会社を決めてしまうと自分のためになりません。

ここでは電話でどのように内定辞退をすればよいのかを書いていきます。

内定辞退の理由は正直にストレートに

内定辞退は正直に言ったほうが双方に良い

もし、すでに内定をもらっている会社を断る場合、理由は正直に言ったほうが良いのです。

なぜなら、双方が納得した形で終われるからです。

理由の具体的な例としては、

「申し訳ありませんが、他に気になっている企業がありますので、今回は内定を辞退させていただきます」

「申し訳ありませんが、他の企業からも内定をもらっていまして、そちらに行こうと考えています。本当に申し訳ありません」

など。

どんな断り方であっても会社は嫌な思いをしますし、これまでの選考過程が無駄に終わったということになりますから損失を被ります。

それなら、しっかりと正直に辞退の理由を伝え、お互いが納得する形で終わらせたほうがスムーズです。

ここで変に誤魔化したりすると、それが万が一バレてしまったら紛らわしいことになり兼ねませんし、そもそも内定辞退の理由にそんなにバリエーションはありません。

丁寧に謝り、断りましょう。

会社側も分かっている

採用する側は、転職者が複数の企業の選考を受けていることは承知しています。

これは常識です。

だからこそ、企業側も複数の人間と面接をし、順位をつけています。

そのため、内定を辞退したいと思ったら、なるべく早い段階で伝えることが大切。

そうすることで、企業もすぐに次の人に内定を出すことが出来ます。

転職は妥協して決めてはいけない

在職中の転職活動ではない場合、月々お給料がもらえる訳ではないので、毎日焦っていると思います。

そして、「少しでも早く内定が欲しい!」と切実に願っていることでしょう。

私も転職活動をしている時は無職の状態だったので、とても焦っていました。

早く転職したい理由としては、

  • 早く定職に就いて周囲の人を安心させたい
  • 貯金がどんどん減っていく前に定職に就きたい
  • 社会から隔離されている気分なので、早く社会復帰したい

などでした。

しかし、妥協して会社を決めてしまうと、後から後悔の念が押し寄せます。

転職は内定が成功・ゴールではなく、実際に仕事をスタートさせてみて「もう辞めたい」と思わないところがゴールです。

自分と会社の相性をよく考えて、納得する形で転職活動が終われるようにしましょう。

私が内定辞退をした時のこと

私はかつて、東証一部上場の会社から頂いていた内定を断ったことがあります。

その理由は、単純に他に内定をもらっており、そちらに行きたかったからです。

この時の断り方としては、

「申し訳ありませんが、他に内定を頂きまして、そちらに行こうと思っております。本当に申し訳ありませんでした」

でした。

その際、「どこに行くのですか?」と聞かれ、正直に言いましたが、すんなりと納得してくれました。

何度も謝りましたが、「いいですよ」と優しいイメージを持ちました。

内定辞退をした際にどのような対応を取られるかは会社によってかなり違ってくるとは思いますが、人事の人はある程度“内定辞退”を視野に入れながら、採用活動をしているのだなと感じました。

自分の人生は自分で決める

自分が働くのですから、自分を第一に考えましょう。

自分の希望を大切にしましょう。

内定辞退がしたかったら、正直に話し、謝れば良いのです。

自分の素直な気持ちに向き合い、転職活動を行いましょう。

関連≫既卒・第二新卒、一般転職者のための転職求人サイトまとめ一覧

関連≫仕事の辞め癖・逃げ癖を直したい時の克服方法

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする