無職なのに転職に意欲が湧かない人はどうすれば良いのか?

転職に対して意欲・モチベーションが湧かないのはとても辛いことだと思います。

働かなければお金を稼げないので生きていけません。

しかし、「このままではダメだ」と考えれば考えるほど意欲は湧かず、自分を責めてしまう結果に…

そんな時はどうすれば良いのでしょうか?

世の中には仕事に対して意欲が湧かない人はたくさんいる

世の中で会社員として働いている人が皆、意欲のある人かと言えばそうではありません。

中には家族のため、生活のために、辛いのを我慢しながら働いている人も多いです。

だから「もっと頑張らないといけないのに、どうして意欲が出てこないのだろう…」なんて自分を追い込んではダメです。

意欲が湧かないのは何も自分だけではありません。

仕事に対する考えと自分の理想の折り合いがつけられていないだけです。

あなたはこれまでに意欲の湧いた出来事はあるか?

転職・仕事に対してモチベーションが湧かなくても、これまでの人生の中で頑張れたことは何かあるのではないでしょうか?

「小学校の頃に○○を頑張れた」

「大学生の頃は※※に取り組むことが出来た」

「昔、休日に自ら▲▲を行ったことがある」

大変だったことでも遊びでも良いです。

何かの目的のために徹夜をしたり、汗水たらしたことはあるのではないでしょうか?

もし以前に、何かに対して意欲を持てた経験があるのなら、それは何かきっかけがあれば仕事に対しても意欲が持てる証拠です。

毎日悩んでいるのなら、それは苦しくないか?

なかなか自分の想い通りにいかないと辛いものです。

転職をしようにもモチベーションが出ないと、

「転職しなきゃいけない」⇒「でも意欲が湧かない」⇒「あぁ、この先どうなるのだろう…」⇒「…(苦悩)」

の繰り返しです。

経済的に究極に困窮していたり、普通の人より責任感が強いと上記のようなことを毎日考えてしまいますよね。

ですが、時には考えないことも必要だと思います。

勇気を持って、少しだけ放棄

人間はずっと集中力を保つことは出来ません。

目の前にある作業(仕事や勉強など)は、人に寄りますが集中出来たとしても最初の2~3時間だけでしょう。

その後は作業効率が下がるか、休憩をする必要があります。

それなのに、目の前の大きなイベント(転職)をずっと考えていては、集中力が続かないどころか精神的に疲弊してしまいます。

あまりにも負担が大きすぎるのです。

そのため、転職を1度忘れる必要があります。

これは「ずっと忘れろ」という訳ではなく、少しの間だけです。

転職について考えないことは勇気のいることで焦ることもありますが、このまま毎日毎日“転職”について悩んでいては良い結果が得られない可能性があります。

精神的に疲弊して焦っている状態で転職を考えても、冷静に考えることが出来なければ望んでもいない方向に妥協してしまうこともあるのです。

そして、後悔をしてしまいます。

だからこそ、少しでもいいので今は完全に転職活動を忘れ、自分のモチベーションが上がる活動をしてみましょう。

例えば、少し遠くに行って好きなことをし、好きなものを食べてみましょう。

脳がリフレッシュし、新たな考えが生まれるかもしれません。

モチベーションが湧かない人に必要なのは他人からの鼓舞ではなく、休息なのです。

関連≫気が向いたら使いたい転職サイト

関連≫転職活動に行き詰る理由を考えて、解決策を模索する

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする