何する?就職浪人になりそうな人がすべきこと

「就職活動を頑張ってみたけど、どこからも内定がもらえなかった…」

「もう大手企業の選考は終わってしまったし、今残っている企業はどれもブラック…」

「公務員試験は全廃…。就活はまた来年度だ…」

ほとんどの就活生は無事に内定をもらえますが、中には内定とは縁がなかった人もいるでしょう。非常にショックだとは思いますし、「社会から必要とされていないんじゃないか…」とふさぎ込んでしまうこともあるでしょう。

しかし、心配する必要は全くありません。

今回は、これから仕方なく就職浪人になろうと考えている人のために、解決策を紹介していきたいと思います。

新卒就活生をサポートしてくれる求人サイトを知っているか?

これまで、リクナビやマイナビなどの求人サイトを利用して、自分で受けたい企業を探して、就職活動をしていたと思います。

しかし、こういった求人サイトは、応募と連絡メールが送られてくる時だけに役立つものであり、それ以上何かをしてくれるものではありません。企業の選び方も教えてくれませんし、良い企業があってもそこが自分に合っているかも分かりません。

そこで、内定がもらえずに困っている人は、専属アドバイザーが内定までサポートしてくれる求人サイトを使ってみることをおすすめします。

例えば「マイナビ新卒紹介

これは通常のマイナビとは違って、アドバイザーと面談を行いながら、自分にあった企業を見つけ、サポートを受けながら選考を進めていくタイプです。2人3脚で就活をするので、精神的にも楽です。

私は最初に入った会社を3ヶ月で辞めて第二新卒として転職をしましたが、その時にはこうしたサポート型の求人サイトを利用して、およそ1ヶ月で内定をもらえるまでに至りました。

就活を諦めて、お金をかけて就職浪人になるくらいなら、最後の最後まで諦めずにこうしたサポートを利用してみてはどうでしょうか?

内定が決まらない新卒就活生のための駆け込み寺

新卒が有利とは言うが…

就職活動において、新卒が有利なことに間違いはありません。

しかし、就職浪人をして新卒の立場でまた就活をしようとしても、面接では「どうして留年しているのですか?」と聞かれます。たとえそれが新卒として就活するためだとしても、「なぜ去年就職しなかったのですか?(できなかったのですか?)」と質問されてしまうでしょう。

正真正銘の新卒の時に内定がもらえなかったのに、就職浪人をして内定がもらえるとは思えません。

まとめ

就職浪人って、そんなに意味があるものだとは思えないんですよね。単純に「新卒カード」を使いたいんでしょうけど、面接官はその人がどんな人かをとことん聞いてきますから、浪人していたらそこは絶対突っ込まれますよ?

あなたが面接官の立場だったら、絶対聞くでしょう?「どうして留年しているんですか?」って。

面接官は、少しでも優秀な人材を会社に入れ、会社の利益に貢献しようとしています。ですから、気になる部分は徹底的に質問をします。それが人事の使命です。

そのことをしっかり頭に入れた上で、就職浪人するかどうか決めましょう。また、就職できずに大学を卒業してしまっても、既卒をサポートしてくれる人材紹介会社はたくさんありますから、それらの利用も検討してみましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

20代向け求人サイトセレクション

私も利用したハタラクティブ

ハタラクティブ

私が第二新卒の時に利用した求人サイト!支店は渋谷と立川にしかないけれど、実は利用者・実績がかなり多い!1都3県の求人と取り揃えているので、関東で就職したい人におすすめ!

公式サイト⇒ハタラクティブ

全求人訪問済みの就職Shop

就職Shop

リクナビでお馴染み「リクルート」による18~29歳向けの転職エージェントです。面談によって自分にふさわしい求人を紹介してくれるのはもちろんのこと、すべての求人が担当者によって訪問取材済みなので、信頼性が高いです(ブラック企業紹介がほぼない)。店舗も全国的にあるのでGood!

公式サイト⇒就職Shop

求人数最大級のDODA

DODA

年齢問わず人気のあるDODAは、求人数が最大級です。求人数は多いほど選択肢が広がりますし、良い求人も多いので、アピールできるスキル・経歴を持っている方は利用してみましょう。

公式サイト⇒業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」新規会員募集

 

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

30代以上の転職に役立つ求人サイト

Sponsored Link

フォローする