転職は悪いことではない!逆に何が悪いのか?

日本の世の中では、「転職=悪」のような風潮があります。

しかし私はこの考えに納得いきません。

ここではそんな私の叫びを書いていきたいと思います。

「転職なんて止めておいたほうがいいよ」←根拠なし

転職をしようと思った時に、必ず周りに「止めておいたほうがいいよ」と止めてくる人がいます。

なぜこんなことを言ってくるのでしょうか?

それは大抵、「転職がうまく行くかどうか分からないから」です。

今の会社を辞めて転職活動を始めたところで将来どうなるか分からないから、「転職は止めておけば?」と言ってくるのです。

しかし私は思います。

今の会社に居続けたところで将来どうなるか分かりません。

1年で倒産する企業は1~2万件だという事実を知っているでしょうか?

さらに2014年に発表された企業の平均寿命は23.5年。

「転職なんて絶対にしない!」と考えている人もそれなりにリスクがあると思います。

転職をしたければすればいいのです。

「みんな嫌でも働いているんだよ。みんな一緒」←体を壊すくらいなら転職すべき

世の中の大多数の人間が高校・大学を卒業後、内定をもらった会社に勤めます。

そしていろいろと嫌なことやストレスがあっても、我慢をして自分の生活のために仕事を続けます。

しかし、人によっては我慢できることと我慢できいないことが違います。

仕事でどうしても我慢できない辛いことがあったとしても、し続けなければいけないのでしょうか?

私は、「やめればいい」と思います。

やめた後のことなど知りませんが、体を壊すよりマシだと思っています。

転職したことがない人は「転職は悪い」なんて言えない

「転職なんて止めておきなさい」と言う人は、過去に転職活動をした経験はありますか?

経験があって、それを踏まえて発言をしているならこちらとしても納得出来ます。

しかし、転職したことのない人が「転職は悪いことだ」と言えるでしょうか?

言えません。

なぜなら、転職をしたことのない人は、転職を考える人の心境を想像できないから。

転職を考えるということは、それだけ本人にとって大きな理由があるはずです。

それを知らずして、転職を語ることなど出来ないのです。

「転職をする=忍耐力がない」←なんて短絡的な考えなのか

仕事など実際に企業に勤めて、ある程度働かなければ分からないものです。

そのため、入社した後に「あ、この会社ちょっと違うな。合わないかも」と感じることは大いにあります。

もちろん就職活動をする時は企業研究をして、出来るだけミスマッチのないように努めるべきです。

しかし、それには限界があることも確か。

なぜなら企業は悪い情報を開示しない傾向にあるからです。

企業側としては少しでも多くの人間に選考に進んでもらって、優秀な人材を集めようとするので、良い情報がばかりが目立ちます。

必然的に転職する人が出てくる環境なのです。

それなのに、「転職をするなんて忍耐力がないな」と、その人の話も聞かずに一方的に決めつける人は、全く短絡的な単細胞人間だと言えます。

転職をして周りを見返すべし

多くの人が転職に偏見を持っていますが、転職を迷っている人がいたら私は「転職は悪いことではない!」と言いたいです。

転職をして、成功して、周りを見返せば良いと思います。

みんなが思わずうらやむ生活を自分の手で掴み取りましょう!

関連≫私が厳選した転職サイト

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする