【転職】ゴールデンウィーク後に五月病で抑うつ状態となり、会社を退社した時の話。

私はとある会社に入社した後、五月病にかかり退社を経験しています。

この時は精神的にかなり辛かったので、その時の心境と、五月病になった原因について記していこうと思います。

会社に入った当初

私がこの会社に入った当初は、「出世してやるぞ!」と意気込んでいました。

とにかく向上心に満ち溢れていたのです。

そのため、出社は先輩よりも早く出ることを自然と心掛け、朝から研修用のテキストを読み込む毎日。

少しでも早く会社の戦力になろうと野望を燃やしていたのでした。

今思えば、気を張り過ぎていたのかも…

環境の変化

会社に入って数ヶ月、東京から離れた支店で3ヶ月ほど研修をすることとなりました。

初めての一人暮らし、そしてこの支店は会社唯一の体育会系支店。

皆は「あそこの支店は厳しいよ」と言っていましたが、私からすれば急成長できるチャンスだと考えていました。

ここでみっちり仕事を教えてもらい、少しでも早く先輩たちと同じ土俵で仕事をしたいと思っていたのです。

しかし、想像していたようにはいきませんでした…

原因は上司

この支店はもともと小さく、人数も少ない。

私の配属となった部署も、先輩がたったの2人。

常に上司と隣同士で仕事を教えてもらえる環境でした。

OJT研修です。

しかし、この環境がのちに私を苦しめることとなるのでした。

いつもいつも同じ上司と同行し、窮屈に。

そして、研修といえどOJTなので上司は自分の仕事に必死。

私としてはまだまだ分からないことだらけなのに、上司に質問をしても後回しにされることが多くなっていきました。

また、私が仕事が出来ないと、一方的に指示をし、私はいったい何をしているのか分からない状況に。

そして、

上司に質問をする⇒私が求めている内容ではない答え⇒分からない時点で質問しようとする⇒「最後まで聞け」と的外れなことを教え込まれる⇒堂々巡り

もともとマニュアル・研修体制がない会社だったので、上司も手探り状態だったようです。

それからというもの、こんな状況が毎日続きました。

そして、すぐ隣にはその上司がいるので、居心地の悪さといったらもう最悪です。

ゴールデンウィーク前からかすかな異変

だんだん上司に嫌気が差してきて、「転職」のことについて考えるようになっていきました。

葛藤はありました。

「今年いっぱいは仕事を続けて、その途中で転職について考えよう!」

「何か資格を取って、少しでも転職に有利になるようにしよう!」

とにかく、前向きに考えるように心掛けていたのです。

しかし、よく考えてみると、「転職」について考えているということはかなり精神的に追い詰められている状況ですよね。

ただ、この時は「追い詰められている」なんて自覚していませんでした。

精神潰れる

ゴールデンウィーク中は東京の実家に帰っていました。

ですが、いざゴールデンウィークが終わるとなると、ものすごく気持ちが重くなっていました。

「また職場に戻らなければいけないのか…」

そして、また研修が始まりました。

研修中は朝の会議の時間で、自分の研修の進み具合と反省について発表する機会があるのですが、私が反省を言うと、上司は「毎回同じようなこと言ってんじゃん!心入れ替えなよ!」と一喝。

精神的に弱っていた私の心はこの時、ペシャンコになったのでした。

自信喪失と苛立ち

それ以来、完全に自信を失った私。

そしてある時、私が質問をすると、またもや求めていることとは違う内容を教えてきます。

途中で質問をしようものなら「最後まで聞け!」の一点張り。

この時私は、「またかよ…」と苛立ちが隠せませんでした。

不眠と吐き気、そして退職

この時は家に帰っても、すぐには寝つけず、しかしそのわりには朝の4時に目が覚めるというおかしな状態。

また、朝は出社の時間に近づくにつれて吐き気が…

何も吐くものがないのに吐き気がするのは奇妙なことです。

そしてスーツを着ている最中、Yシャツまで着たところで体は職場に拒否反応を示し出し、親に悩みの電話をかけるほどに。

電話料金も気にせず30分もかけていました。

そして、「もう駄目だ」と思いました。

結局この日に退職する旨を伝えたのでした。

と、ここまで書いてきましたが、当時はかなり悲惨だったのです。

退社後は知人の勧めで精神科にも通いました。

(この時は退社からしばらく経っていたのでうつとは診断されませんでしたが)

もし、五月病で異常なほどに苦しんでいるのなら、自分が壊れるほど無理はしてはいけないと思います。

関連≫私が選ぶ転職サイト

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする