【就活・転職】面接の質問で「嫌いな人がいたら?」「苦手なタイプは?」と聞かれたら何と答えるのが良いか?

私が就活・転職をしていた時に頻繁に聞かれる質問がありました。

それが、

「もし職場に嫌いな人がいたらどうしますか?」

「あなたの苦手なタイプはどんな人ですか?」

です。

しかし、私はこの質問を脅威と思ったことはありません。

なぜなら、この手の質問に対する答えは自分の中で決まっていたからです。

そのため、どんな企業で質問されても全く同じことを答えていました。

そして乗り越えていました。

ということで、ここでは私なりの乗り越え方について書いていきたいと思います。

その就活で内定もらえますか?⇒内定が決まらない新卒就活生のための駆け込み寺

「嫌いな人がいたら?」「苦手なタイプは?」は2段階攻撃

2段階攻撃であることを知る

これらの質問は2段階攻撃であることを考えておかなければなりません。

どういうことかというと、「苦手なタイプはどんな人?」と聞かれて答えたら、その後に必ず「では職場にそのタイプの人がいたらどう対処しますか?」と質問されるということです。

  1. 嫌いなタイプは?
  2. どう対処する?

この2つの質問がセットで待ち構えています。

自分なりの答えを作っておかなければなりません。

「苦手なタイプは?」→現実にいる嫌いな人を思い浮かべる

あなたは誰が嫌いですか?

私はある人が嫌いだったので、面接でこの質問をされた時は具体的に嫌いな人の性格を答えていました。

本当に嫌いなのですから、答えやすかったです。

では、いったい私がなんて答えたかというと、

「私の苦手なタイプは、なんでも物事を自分の思い込みで決めてしまって、周囲の意見を聞かない人です」

です。

私は実際にこんな経験をしたことがあったのです。

私が思い浮かべた人は、私が何度も何度も、1時間以上説得しようとも我が道を行き、ものすごく腹が立った人でした。

共同作業をしているにも関わらず全然私の意見を聞かない…

あの時は本当にはらわた煮えくり返っていました。

この強烈な経験が、「あなたの苦手なタイプは?」の質問の答えに通じているのです。

「どんな対処をする?」→実際にした対処法を話す

「苦手なタイプは?」に答えると、次は「では、もし職場に苦手なタイプがいたらどんな対応を取るのですか?」と聞かれます。

ここでも、私は自分の体験談を話しました。

私を怒らせた我が道男にどんな対応を取ったのかを思い出すのです。

それを答えれば良いだけ。

「何度か自分からも意見を伝えますが、それでも相手が譲らない場合は相手の意見を尊重して協力します。しかしその中で問題点が出てきたらやはり働きかけを行います」

ずっと意見の合わない人と言い合いをしても作業が進まない時は、一度協力して気の済むまでやってもらいます。

しかし、途中で問題点が出てきたら、それを気付かせるために話し合って意見を伝えるのです。

こんなイメージを持って答えていました。

また、他に万能な答え方としては、

「誰にでも長所・短所はあると思うので、苦手な人の長所に注目しながら対応しようと思っています」

です。

場合によってはこの答え方も使っていました。

苦手なタイプは具体的であったほうがいい

「苦手なタイプは?」と聞かれた時は、

  • 「自己中心的なタイプです」
  • 「無口な人」

など抽象的なものではなく、具体的であったほうがいいと思います。

なぜなら、具体的なほどしっかり考えている風に見せることが出来、臨場感が出てくるからです。

苦手な人は誰にでもいるはず。

誰かをモデルとし、どんな時に「苦手!」と感じたか具体的に思い出してみましょう。

そして、その時はどんな対応をしたか、振り返ってみましょう。

この時、答えに“協調性”、“歩み寄り”を漂わせる内容を盛り込むとウケが良いです。

ピンチ!2019年卒でまだ内定が出ない人向けサービス

キャリアチケット

キャリアチケット

人材紹介会社レバレジーズが運営する無料就職支援サービスです。カウンセリングは渋谷で行われるので関東で就活をする人向けとなっています。

 

【特徴】

  • ・新卒学生を対象とした人材紹介(就職エージェント)サービス!
  • ・キャリアアドバイザーが個別に面談(カウンセリング)を行い、学生の志向や適性に合わせて求人を紹介!
  • ・書類作成のアドバイス・面接サポートも充実!
  • ・スタッフが実際に足を運んで企業の情報収集をしているから安心!

 

新卒の就活は1人でするものだと思われがちですが、今は支援サービスも充実しています。もし就職活動に不安を抱いていたり、自信がない場合はこういったサービスも利用してみましょう。

公式サイト⇒キャリアチケット

キミスカ

キミスカ

キミスカは、あなたのプロフィールを読んだ企業がスカウトメッセージを送る、いわば逆求人型のサービスです。メッセージが来ても企業に興味がなければ返信しなくていい点、企業側があなたに興味を持ったところからスタートできる点など、メリットが多いです。役立つ就活情報も豊富なので、登録だけでもしておくと良いでしょう。

公式サイト⇒キミスカ

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする