ジェイックの研修内容と、セミナーの評判について

20代の若者向け求人サイトにジェイックというものがあります。ジェイックは若者を欲しがっている企業と正社員の就職を目指す若者を結びつける役割を果たします。

しかし、利用するに当たって気になるのが研修内容です。ホームページを見ると10日間の無料就職講座が受けられると書いてあります。これは具体的に内容が分からなければ不安ですし、10日間は結構長いので自分に合わないものであればかなり苦痛になることが予想されます。

そこで、ここではジェイックが具体的にどのような研修を用意しているのかについて解説していきたいと思います。もし、これから就活・転職をしようと考えているけど、どの求人サイトを利用しようか悩んでいる人は参考にしてみてください。

ジェイックの研修内容とは

初期段階は座学、ビジネスマナー中心

ジェイックの研修は、まず社会人として必ず必要となる心構えやビジネスマナーを中心に教わることになります。ビジネスマナーというのは例えば、顧客に対するお辞儀の仕方や名刺交換の方法、電話対応の練習などです。

講師はガツガツしていて体育会系、厳しい人もいたりしますが、通常企業でこうした研修は行われるものなので、入社前に教わることが出来るというのは貴重な体験です。

ロールプレイングも行う

ジェイックでは一通り教わるだけではなく、講師を顧客先に見立てて対応の練習などを行ったり、同じジェイックの研修を受けている同期とロールプレイングを行います。

こういった機会があると同期と一体感が生まれるので、「仲間がいる!」と思えて心強いです。また、こうした研修を行うと他人と自分を比較することが出来、自分の強み・弱みが見えてきます。

2日間の飛び込み営業

研修の後半は実際に企業へ行き、飛び込み営業を行います。普通なら絶対に出来ない体験です。ここではこれまでの研修で習ってきた名刺交換をしたり、実際にものを売り込みます。最初はうまくいかないのは当たり前ですが、数をこなしていくうちに少しずつ慣れ、いくつか営業を成功させることが出来ます。

飛び込み営業は研修を受けている人のほとんどが未経験なので苦戦しますが、これを終えた後は大きく自信を付けることが出来ます。実際に会社に勤めた時と同じ緊張感を味わえるので確実に社会人スキルが上がります。

みんながライバルの集団面接・個人面接

飛び込み営業の研修を行うと、次はついに集団面接です。そして、自分と企業のマッチングがうまく行けば個人面接へ進み、そこでも評価されれば内定が決まります。

研修中はずっと仲間だった同期が、この集団面接の段階からライバルへと変わります。研修で成長した自分を企業にぶつけましょう。

ジェイックの評価

ジェイックは就職成功率80%を謳っていますが、実際は無条件で8割の人が就職に成功できるわけではありません。結局は自分がどれだけ頑張れるかで結果が変わってきます。そのため、完全に人任せにするような人には向いていません。

また、集団面接する企業もしっかりと見極めなければ、零細企業であったり、ブラックに近い企業があることも事実です。企業を選ぶ際は人の意見に左右されることなく、しっかりと自分の意志を持って選択することが必要です。

ただ、ビジネスマナーや飛び込み営業などの徹底した研修を受けられる求人はジェイック以外になく、正社員になってから少しでも早く企業の戦力になって活躍したい人にはかなりおすすめです。

というのも、私が第二新卒で営業職に転職した時は、

  • 電話対応をしたことが全くなく、本番では相手の言葉を落ち着いて聞き取れなかった(この時、上司にビジネスマナー本を渡され、勉強するよう言われた)
  • 実際の営業も、上司に同行するだけで緊張し、何も出来ない期間が数ヶ月あった
  • 名刺交換がスムーズに出来ず、お客様の名刺よりも高い位置で相手に渡してしまった

ということがあったからです。実践経験がない状態でいきなり本番の職場に放り投げられる恐怖はなかなかのものです。

ジェイックの研修は「厳しい」「洗脳だ」という声を聞くことがありますが、このように言う人は社会人として働く自覚がない人や、まだ就職しなくてもいいと思っている人です。ジェイックの研修でやるようなことは社会人になってから必ず必要になるので、できることなら入社する前の段階から慣れておいたほうが良いです。

もしそれでも研修に乗り気になれない人は、「就職Shop」や「ハタラクティブ」のような最低限のサポートで就活・転職が出来る求人サイトを利用すると良いでしょう。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする