残業代が出ない…。違法なサービス残業を強要する上司をどうするか?

会社に勤めていると定時で帰れることなど少なく、多くの人が残業を強いられます。

また残念なことに、その中には上司からサービス残業を強要されて心身共にすり減らしている人もいるのが現状です。

いったいどうしたらいいのでしょうか?

サービス残業の実態

会社の違法な未払い

会社の中にはこじつけで残業代を払わなかったり、上司が「残業時間が○○時間以内であれば申請するな!」と脅してくるケースがあると聞きます。

サービス残業=タダ働き

ですから、従業員は雇用されているとはいえ腹が立ちます。

タイムカードを早く押す上司

私が以前いた会社にいました。

この上司はいつも23時までは会社にいるのに、20時にはタイムカードを押して毎日3時間分サービス残業をしているのです。

これはおそらく、

  • 残業時間が少なくて成績が良ければ会社から優秀に見られる
  • 全国の支店で売り上げを競っており、少しでも自分の支店の経費削減のため
  • 支店長に気に入られるため

といった理由があったのだと思いますが、とても哀れな行為です。

自らサービス残業をするとは…

そして、その上司を見ている部下もマネして同じことをしていました。

どんだけ仕事が好きなんでしょうか?

また、この光景を見て支店長は何も言わないのですからもう終わっています。

バイトにもある、休憩時間を巧みに使った未払い

例えばレジのアルバイトをすると、営業が終わった後に必ず金額の確認作業などを行います。

時に長引くこともあります。

しかし、この確認作業分の給料を支払わないために、その前に30分の休憩を強要させているのです。

小さなことですが少しでも深夜料金を支払わないようにするための会社側の作戦です。

サービス残業は労働基準法違反

知っている人も多いでしょうが、労働基準法によると、

  • 1日の業務時間は8時間以内
  • 1週間の業務時間は40時間以内
  • これを超えて労働をした場合は賃金を支払う義務が生じる

となっています。

ただ、現状として「サービス残業をするのは当たり前だ!」と考える人も多く、こうした人たちは救いようがありません。

自ら不当な働き方に賛同しているのですから。

サービス残業がないと生きていけない会社たち

中小企業には従業員にサービス残業をしてもらわないと生きていけないようなところも多いです。

こうしたところは将来の展望がしっかりしておらず、今を生きることに必死。

従業員の労働状況どころではなくなっているのです。

もしも無理なサービス残業を強いられ続けていると、体調を壊したり精神的に病んでしまう可能性もあります。

その会社がどこか大手企業に買収される見通しだったり、仕事内容から得られることがあるのなら続けるべきでしょうが、事業内容に将来性がなかったりいつまでも理不尽な働き方が直らないようであればスキルアップも視野に入れる必要があります。

企業の平均寿命は23年です。

働き方は自分の手で選んで掴み取りましょう。

厳選した転職サイト一覧

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする