社畜がつらいと感じたら始める3つの手順

「社畜」という言葉は、とても醜いものです。

会社に飼い慣らされ、まるで自分に主体性がないかのような言い草。

誰か友人に「それって社畜だね」なんて言われた日にはかなり落ち込むと思います。

この話、私のことです。

「社畜」なんて言葉を浴びせる友人もどうかと思いますが、それ以上に勤めていた会社がどうかしていました。

そこで、ここでは私の社畜だった頃の話と、社畜になったと感じた時に始める3つの手順(対処法)について説明していきます。

私は自分が社畜であることが許せなかった

私よりも遥かに社畜の人生を歩んでいる人はたくさんいると思いますが、私がある企業に勤めていた時、「この会社にいると自分が社畜に思えてくる」と感じていました。

その理由を以下に書きます。

タイムカードを任意で早めに押す上司

残業代をきっちりもらうためには、タイムカードを残業した分まで記す必要があります。

それなのに、部署の一番上の上司は、20時になると自らタイムカードを押し、そこから23時までサービス残業をするのです。

こういった行為は部下に伝染します。

部下は上司の背中を見て育ちます。

そのため、タイムカードを早めに押す上司を見た部下は、同じことをするようになってしまうのです。

こうして、社畜体制は整っていきます。

私は上司たちのこんな姿を見て、「こうはなりたくない」と思ったものです。

朝7時前に出勤する社員

多くの企業は、出勤時間が8:45頃で、早くても8時頃の出勤になると思います。

しかし、この会社では、なぜか7時に出勤する社員がいるのです。

残業代も付かないのに…

それで23時まで仕事をするなんて、いったい何のために生きているのでしょうか…

私は何が何でも自分を第一にして生きていきたいと思っているので、このような体制下では働きづらかったです。

朝8時に毎日会議

大したことも話さないのに、毎日朝の8時になると会議を開きます。

そのため、全社員は毎日8時前までには出勤しなければならないのです。

そんなに社員を縛り付けてどうしたいんでしょうか?

そこまでしないとしっかり機能しないような社員たちなのでしょうか?

みんなが唱える言葉があった

「人生の5/7は仕事だから、仕事が楽しくないと人生楽しくないよね!」

5/7というのは、1週間のうち5日間が仕事日だということを示しています。

それにしても、私はこの言葉が大嫌いでした。

みんながこの言葉を言うので、「ただの会社の信者じゃん…」と思っていました。

私の場合、「プライベートが楽しくないと、人生楽しくない」です。

私は仕事に重きを置いておらず、プライベートを重要視したい派です。

それなのにこの会社は、居る限り一生プライベートが無さそうで、絶望的でした。

社畜は嫌だと感じるプライドがあった

この会社にいた時は「社畜は嫌だ!どうにか抜け出したい!」と思っていました。

そして、転職をすることにしました。

結果、今では断然自分に合った職に就けています。

もし、自分のことを社畜だと感じているようなら、是非脱却の道も模索してほしいと思います。

社畜から脱却するための3つの手順

1.自分は仕事に対して何を求めているのか?

人によって、仕事に求めることが違ってきます。

例えば、

  • 「仕事は給与よりも、自分がしたい内容かどうかが重要」
  • 「やりがいが感じられればいい」
  • 「楽な仕事がいい」
  • 「ノルマが課せられるのは嫌だ」
  • 「最優先することは、給与の高さだ」
  • 「将来のためにも、福利厚生が整っていたほうがいい」

など、様々です。

そこで、自分が求めている項目を5つほど挙げ、それに順位を付けてみるのです。

私なら、【給与】【人間関係】【将来性】【福利厚生】【やりがい】の5つを挙げ、

  1. 【福利厚生】
  2. 【将来性】
  3. 【給与】
  4. 【人間関係】
  5. 【やりがい】

と、順位を付けます。

やりがいは重要なように思いますが、現実はそこまで綺麗事では済みません。

どんな仕事にも嫌なこと、大変なことはたくさんあるので、自分の将来・生きやすさを考え、【福利厚生】を一番にしました。

また、私が仕事をする目的は結局お金なため、3位は【給与】にしました。

2.仕事に対する満足度を再確認する

では次に、今の仕事にどれだけ満足しているかを考えていきましょう。

  1. 【福利厚生】
  2. 【将来性】
  3. 【給与】
  4. 【人間関係】
  5. 【やりがい】

のそれぞれに、大まかに点数(100点満点中)を付けていきましょう。

  1. 【福利厚生】…60点
  2. 【将来性】…50点
  3. 【給与】…90点
  4. 【人間関係】…40点
  5. 【やりがい】…20点

計:260点/500点

私が以前いた会社は、このようになりました。

中小企業であったため、福利厚生については並みでした。

また、将来性については、事業1本でほとんどの利益を上げていたので、将来的に利益は頭打ちになると感じていました。

給与は周囲の友人と比べて高めだったので、満足していました。

人間関係は、自分の考えを押し付けるワンマンな人間が複数いたので、あまり良くありませんでした。

やりがいは、私が重要視していないこともあって、低い点数にしました。

3.求人サイトでどんな求人があるか探す

私は以前の会社で満足度が低い結果となり、また、今は独り身であることも重なって、転職をすることにしました。

転職という行為は、もちろん心配な部分もあるのですが、自分が動かなければ現状は何も変わらないので、行いました。

また、求人サイトの登録・利用はお金がかかるわけではないので、とりあえず登録してみて、市場にはどんな求人があるのかを探してみるのもいいと思います。

私は退職してから転職活動を始めましたが、在職中に転職活動ができるならば、そのほうが毎月お給料がもらえる安心感があるため、良いと思います。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする