【理不尽】新入社員に「残業するな」と言う上司と仕事が終わらない現実にどう向き合うか?

会社に勤めていると、時折上司から

「あんまり遅くまで仕事するなよ」

「もう帰りな」

「残業するなよ」

と言われることがあると思います。

この言葉は非常に困る言葉です。

なぜなら、仕事が残っているのに「やるな」と言われているようなものですし、「今日はここまで仕事を終わらせよう!」と目標を立てていたとしても、それが崩れ去ってしまうのですから。

いったいどうすれば良いのでしょうか?

特に新入社員はよく言われる

新入社員となって、実際に仕事を始めるようになると、上司から「あんまり残業するなよ~」と言われることがあると思います。

私も最初の頃はほぼ毎日しつこく言われました。

この「残業するな」の言葉、とてもストレスが溜まります。

せっかく自分で考えて仕事を進めているのに、こうしたことを一方的に言われると「まだ仕事が終わってないのにいいの?」と混乱してしまいます。

ですが、この時は周りを見回してみましょう。

先輩社員は皆残業をしているではありませんか?

新入社員は残業をしてはいけなくて、先輩社員はいくら残業をしても何も言われない現実。

ここに矛盾を感じますし、理不尽にも思ってしまいます。

なぜ「残業するな」と言うのか?

いったいどうして新入社員にしきりに「残業するな」と言うのでしょうか?

これは何も新入社員のことを想って言っているわけではありません。

上司が自分の評価のために言っているのです。

上司には部下を統括する責任があります。

そしてこれは残業に関しても及びます。

もし部下がたくさん残業をしていると、その直属の上司がさらに上の上司から注意を受けます。

これは、残業が多いと残業代として会社の利益が削られるためです。

新入社員に「残業するな」と言うのは意味がない

新入社員が「残業するな」と言われると、

  • 残業をしてはいけない…
  • けど仕事が残っている…

の板挟みとなってしまって、どうすれば良いのか困ってしまいます。

が、そもそも新入社員に「残業するな」と言うのは意味がありません。

上司が、残業が増えることで会社の利益が減ると考えているのなら、まず先輩社員の残業を減らせるように対策を講じなければならないのです。

でなければ、今の新入社員が成長した数年後には先輩社員と同じように残業をするようになっていることでしょう。

残業が多いというのは、仕事量に対して単純に人員が少ないことが多いです。

会社が人件費を増やしたくないため、仕事量は増やしても人を増やさないのですね。

こうした単純で根本的なことに気付かないか、気付かないふりをして、会社は一方的に「残業するな!」と言うのです。

そして、残業が多い人に対して「お前は仕事のやり方が悪い」「仕事の効率が悪い」と浴びせます。

これでは何の解決にもなりません。

最初は会社への貢献は考えなくとも良い

新入社員は、最初の頃はあまり責任を抱え込まないことが大切です。

でないと、自分で自分を追い込むことになり兼ねません。

もし「残業するな」と言われたら仕事のことは考えず、素直に帰りましょう。

新入社員はまだ仕事には慣れておらず、完璧にこなすことなど不可能。

よく周りを見てください。

先輩だって失敗をすることがありますし、残業だってたくさんしています。

さらに、上司からただ一言「残業するなよ~」と言われる状況をよく考えてみましょう。

あまりに不親切な言動だとは思わないでしょうか?

もしデキる上司ならば、残業している新入社員の仕事の進捗をよく聞いて、適切なアドバイスをするはずです。

それがなく、残業をしている新入社員に対して

「残業はするな」

「仕事が遅い」

とだけ言うのはあまりにも理不尽です。

アフターフォローのない上司は尊敬に値しません。

もし上から「残業するな」と言われたら、あまり責任を負わずに素直に行動。

さらに「上司から言われて残業しないようにしているんだ」と考えるのではなく、「仕事には完璧を求めない!残業はしないようにする!」と自発的に行動するように意識をすり替える努力をしていきましょう。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする