【公務員試験】ヒューマンアカデミー(たのまな)の評判・口コミをレビュー。~通信講座~

私は公務員試験を2年連続で経験しました。

最初は手探り状態で始め、勉強を続けていくうちに勉強方法なども分かってくるようになっていきました。

さて、そんな中で、これから公務員試験の勉強をしようと思っている人は色々な疑問があると思います。

特に公務員試験の勉強を通信講座で始めようと思っている人は、どこの会社のものを選べばいいのか分かりませんよね?

そこで、ここでは私の経験を踏まえながら、「ヒューマンアカデミー(たのまな)」についてレビューしていきたいと思います。

選ぶ会社を誤ると勉強は退屈になると心得よ!

これから公務員試験に挑もうと思っている人は、それなりの覚悟をすでに持っているでしょう。

「俺はやってやる!」

「どんどん勉強して、絶対に受かってやる!」

「公務員になりたいんだ!」

私も猛烈に思っていました。

しかし人間というのは、何でも行動する前が一番モチベーションが高まる生き物。

例えば、連休の前はワクワクしますが、いざ連休に突入すると結局何もせずに終わることがあるでしょう?

公務員試験もそれと似た現象が起きますよ。

みんながみんなではないですが、やはり勉強する前が一番モチベーションが上がり、実際に目の前に教材が届くと「うわ~、こんなに勉強することあるんだ~…」と、少しでも“勉強に躊躇する気持ち”が現れます。

だ・か・ら

通信講座は適当に選んではダメです。

高い買い物ですし!

私は公務員試験の勉強を始めた際、メジャーな「実務教育出版」を選びましたが、完全に私には合っていませんでした。

(関連≫実務教育出版の内訳を紹介

今思えば「ヒューマンアカデミー」を選んでおけば良かったです。

通信講座は他にも

  • 大原
  • TAC
  • Z会

などがありますが、やはり「ヒューマンアカデミー」が一番だと感じました。

その理由を他の通信講座と比較しながら説明していきます。

たのまな公式サイト⇒公務員上級【安心合格】講座

たのまな

私には白黒テキストのみの勉強に苦戦した

実際のところ、通信講座のテキストはどれもほぼ白黒です。

私が頼んだ実務教育出版ももちろんそう。

では、難しい問題を単調なテキストでずっと勉強していると人はどうなるでしょうか?

→A.飽きます

最初の3時間くらいはなんとか勉強は出来るのですが、それ以降が少しずつ苦痛になっていくのです。

知識の分野については覚えることだらけで、文字がギッシリ敷き詰められたテキストは威圧感が満載です。

丁寧に解説されていればまだいいのですが、最低限の説明だけしかされていないと印象にも残らず…

それはまるで辞書を読み進めているようなものです。

ではなぜ私が「ヒューマンアカデミー」に惹かれたかというと、動画講義のDVDが付いてくるからです。

もちろんその分、料金は高くなります。

それは当然のこと。

しかし、私は実際に通信講座で勉強をしてみて、「値段で選んではいけない」と感じました。

実は私は通信講座を選ぶ時に値段で決めました。

「少しでも安いものを選ぼう!」と安易に考えていたのですね。

でもこれは私のように後悔する可能性があるので止めておいたほうがいいです。

もし安く済ませたいのなら、通信講座は止めて市販の参考書を自分で選んで買ったほうが何倍もいいです。

(関連≫私が使った公務員試験参考書一覧

講義DVDがテキスト用に作られている

ヒューマンアカデミー(たのまな)の通信講座に付いてくる講義DVDは、テキストの流れに沿って専用に作られています。

そのため、動画で耳から知識を学び、さらにテキストも最大に活用することが出来るのです。

大原などはWebサービスとして実際の講義を見られるようになっているとのことですが、それだと講師の無駄な話なども混ざっている可能性が高く、テキストを最大限に活用できる補償はありません。

なんとなく講義を聞いて、テキストは単体で進めるといった状況になっては最悪だと思います。

結局は通信講座は自分で勉強するしかありませんが、公務員試験の勉強は長い闘いです。

長期間に及ぶ自分との闘いです。

工夫をしなければだんだん集中力が減ったり、非効率な勉強をしてしまったり、怠けてしまう可能性もあります。

そうなっては最初の勉強を始める前の高いモチベーションは何だったのか?

ダサいだけです。

通信講座は、「何から始めればいいのか分からない」と悩む公務員試験初心者で、かつ、予備校に通うほどお金を払えない人にピッタリの手段です。

だからこそ、最初の選択で失敗しないようにしましょう。

たのまなヒューマンアカデミーのホームページ画像

たのまな公式サイト⇒公務員上級【安心合格】講座

たのまな

(関連≫これまでの経験から改めて各社の「通信講座」を比較してみた!

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする