公務員試験の時事対策に「速攻の時事」は効果があるのか?使い方について。

公務員試験を受ける上で、気にかけなければならないのが「時事」についてです。

時事は筆記試験の中でもさりげなく出てきますし、小論文のテーマや面接時にも問われます。

私は時事の勉強をするのに公務員参考書「速攻の時事」を使用していました。

そこで、ここでは実際に「速攻の時事」を使ってみた感想や、“もっとこうしておけば良かった”というような反省について書いていきたいと思います。

「速攻の時事」について・使い方

出題予想時事テーマベスト10

速攻の時事出題予想ベスト10

最初のページのほうに、その年の試験に出題されそうな時事テーマがランキングで示されています。

時事の勉強をしようとすると、あまりの範囲の広さに諦めそうになりますが、こうした順位付けがされているとどのテーマから勉強すればいいのかが分かって良いです。

出題可能性が★3つで示されている

速攻の時事出題可能性

本にはいくつもの時事が解説されています。

しかし、ただ解説だけされているのではなくて、ページの右上に「出題可能性」が示されています。

これによって重要度が分かるので勉強の優先順位が付けやすくなっています。

具体的な「出る文」が記載されている

速攻の時事出る文

ページの下のほうには「出る文」があります。

これがあることによって、実際の試験でどういった文が出題されるか感覚がつかめます。

出る文穴埋めチェック

速攻の時事穴埋めチェック

それぞれの章の終わりに「出る文穴埋めチェック」が用意されています。

自分の理解度を確認することが出来、また、試験直前はそれぞれの章の「出る文穴埋めチェック」を確認すれば速攻でおさらいが出来ます。

もともと新聞を読む習慣のない私には“時事”自体を受け付けなかった

時事問題を攻略するには「速攻の時事」だけでいいかというと、そうではないと思います。

この本は非常にまとめられています。

とても内容が濃いです。

しかし、濃すぎて専門用語・数値などがたくさん載っており、そう簡単に頭に入ってきません。

新聞のように意見などが書いておらず、とにかく事実の羅列です。

そのほうが効率的だと思うのですが、私は“事実だけ”よりも“色んな人の意見が入り混じった遊び”が入ってないと頭に入ってこないということが分かりました。

この本を使うべき人は国家公務員志望の人だと思う

この本は主に、国の出来事、国の中央機関の行動について書いてあるなと思いました。

そのため、国家公務員を受ける人にはとてもためになる本でしょう。

逆に地方公務員を受ける人にとってはそこまで重要じゃないんじゃないかと感じました。

地方公務員で問われる時事は、その地方が今抱えている問題だったりします。

そのため新聞の、地域のことが書いてあるページを読んだほうが力になると思いました。

時事については直前に慌てて勉強したところで頭には入らないです。

なぜなら時事の他に、たくさん勉強しなければならない教科があるのですから。

だから日頃から新聞を読むことをオススメします。

私はずっと新聞を読んできませんでしたが、少なくとも就職活動の時期は軽く読んでいました。

実際その時に読んだ“地域の高齢者施設のアイデア”を某市役所の第2選考(グループワーク)で話題にし、通過することも出来ました。

  • 国家公務員⇒速攻の時事
  • 地方公務員⇒新聞

が良いと思います。

関連≫私が使った通信講座&公務員試験の参考書一覧

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする