公務員試験の世界史を勉強するのに「過去問ダイレクトナビ世界史」はオススメだけど苦手な人にとってはかなり時間がかかる。

私は理系だったので、世界史は高校1年生の1年間しか勉強したことがありませんでした。

そんな私が公務員試験の【世界史】の勉強をする時は、「ダイレクトナビ世界史」を使って勉強していました。

ここでは、実際に使ってみた感想や世界史に対する印象について書いていきたいと思います。

世界史を勉強するにあたって「ダイレクトナビ」は十分良かった

「ダイレクトナビ世界史」は、十分な内容だと思いました。

ほぼ始めて勉強する私でも、しっかりとした解説によってそれなりに理解することが出来ました。

見開きの右側部分にあるメモ欄は大いに使わせてもらいました。

ただ、世界史は馴染みがなかったので何度も繰り返して勉強する必要がありました。

世界史に対する印象

カタカナが多すぎる

ダイレクトナビ世界史の印象

世界史だからしょうがないのですが、カタカナの人物名や王朝の名前、出来事などが多すぎます。

聞いたこともないし、聞いたところで馴染みが無さ過ぎて全然頭に入ってこなかったです。

公務員試験勉強の中では非常に苦戦した教科でした。

今まで勉強してこなかった人にとっては負担になる

世界史は知らない時代の知らない国の知らない出来事が多数出てきます。

学生時代に勉強してきた人なら大丈夫でしょうが、ほとんど勉強してこなかった人にとってはかなり負担になると思います。

余裕を持って勉強を始めるか、世界史に興味のない人なら捨て教科にしてもいいと思いました。

関連≫私が使った通信講座&公務員試験の参考書一覧

20代向け求人サイト

私も利用した就職Shop

就職Shop

リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルート」による若者向け転職エージェントです。

 

  • 18~29歳の若者向け
  • 完全無料
  • 担当者によりすべての求人が訪問取材済み
  • 登録企業数8000社以上
  • 利用者数9.7万人突破
  • キャリアコーディネーターが内定までサポート
  • 書類選考なし(面接スタート)

 

転職サイトを使う場合、なるべく大手を使うべきだと思っています。なぜなら、求人を出す企業側も大手人材紹介会社に依頼することが多いと考えるからです。

 

書類選考を省いて面接対策・企業研究を重視する実践型。そして、求人はすべて訪問取材済みなので、気になった企業はとことんキャリアコーディネーターに聞くことができます。一番怖いのは、入社してから社風が合わないと気付くことですから、求人探しをする時は企業の雰囲気なども質問してみましょう。

公式サイト⇒就職Shop

ハタラクティブ

ハタラクティブ

支店は渋谷と立川にしかないけれど、利用者・実績が多いです!1都3県の求人と取り揃えているので、関東で就職したい人におすすめ

公式サイト⇒ハタラクティブ

 

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

30代以上の転職に役立つ求人サイト

Sponsored Link

フォローする