「畑中敦子の判断推理ザベスト改訂版」を実際に使ってみた感想や私的評判(レビュー)

公務員勉強の指南書「受かる勉強法落ちる勉強法」でも紹介されていて、公務員試験の参考書としても有名な「畑中敦子の判断推理ザベスト改訂版」

私は実際にこれを使って公務員試験に臨んだので、その感想(レビュー)などについて書いていこうと思います。

見た目

とても分厚くて約380ページ

判断推理ザベスト厚み

この分厚さは私がもっている問題集の中で2番目に厚いです。

(一番分厚いのは“新スーパー過去問ゼミ社会科学)

これだけ分厚いとやり切るのに結構時間がかかります。

私がこの本に付きっきりになってやった場合、1週間で終わるかどうかのレベルです。

通常は他の教科も勉強しながらなので、順調にいって20日くらいかかりました。

目次

判断推理ザベスト目次

これを見ると、1つの章がだいたい10~40ページくらいです。

1章が長いと結構しんどいです。

「これいつ終わるんだよ~」みたいな。

でも、それだけ過去に出題されたパターンが多いということです。

力を入れて取り組みたいところです。

本書の使い方

判断推理ザベスト本書の使い方

私はこの本を使っていて、「適度な色分けがされていて取り組みやすいな」と思いました。

完全な白黒じゃやる気が起きませんので。

問題の種類は3種類!

  • Play!(基本問題)
  • Try!(類似問題)
  • Challenge!(応用問題)

です。

Challenge!は難しかったので、私はPlay!とTry!(またはPlay!のみ)を最初に全部やることにしました。

そのあとにChallenge!を解きました。

良いところと悪いところ

良いところ

解説が良い

さすが畑中敦子さん。解説が分かりやすいです。

私が新卒の頃は、実務教育出版の通信講座のテキストを使って勉強していましたが、それは解説がかなり雑でした!

判断推理が得意な人はいいかもしれませんが、ちょっとでも苦手意識がある人は解説の乏しさに嘆くと思います。

基本的なところについては“どうしてそうなるの?”というところが解説に書いてありません。

ホントはその“基本的なところ”が一番知りたいのに…

でも、この「畑中敦子の判断推理ザベスト」は解説がかなりしっかりしています。

集中してちゃんと読めば理解することが出来ます。

※判断推理の問題は頭を使うものが多いので、解説を読むにも頭を使います。これはしょうがないです。

十分な量

量はかなりあります。

約380ページ。

おそらくこの本をしっかりやれば十分な対策になると思います。

悪いところ

根気がないと全部出来ない

“量が多いから”ということもありますし、やはりChallenge!問題は難しいです。

私なら、この難易度の問題が試験で出たら諦めるレベルだと思います。

やはり判断推理は難しく、勉強するにも時間がかかるということです。

もともと判断推理に苦手意識がある人にとってはハードルが高い

解説はしっかりしてると言いました。

たま~に何度も読んでやっと理解できる解説部分もありますけど(これは解説のせいではなく、自分が解説を理解して気付けているかの問題)。

それでも苦手な人というのはPlay!(基本問題)だけやって終わるんじゃないかなと思います。

それなら、高卒程度の天下無双(判断推理)から始めて自分の脳を慣らしたほうが良いと思います。

こんな人にオススメ

  • 判断推理にそこまで苦手意識がない
  • ちょっと苦手意識はあるけど判断推理は嫌いじゃない
  • 解説が隅々までしっかりしている問題集が欲しい

と考えている人にとってはかなり良いと思います。

私が数的処理を勉強する時は、天下無双⇒ザベストの順でした。

これはすこし数的処理に苦手意識があったからです。

対して、判断推理を勉強する時は、ザベストから入りました。

比較的得意な教科だったからです。

参考書を買う際は、自分の身の丈にあったものから選ぶのがいいと思いますよ!

関連≫私が使った通信講座&公務員試験の参考書一覧

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする