【参考書】公務員試験「面接試験・官庁訪問」の本を読んでみた私の感想(レビュー)。

私が既卒で公務員試験に臨んだ時、この本を買いました。

そこで、ここでは実際に「面接試験・官庁訪問」の本を読んだ感想を書いていきます。

この本の内訳

全250ページ!

6章で構成されています。

1章 面接試験の前に、言っておきたいことp.7~p.30…「これは軽く読めばいい精神論」

ここでは筆者が公務員試験の受験を控える人たちに向けて、心構えや失敗する人のパターンについて書かれています。

私は読んでて「本当にこんな人いるのかな?」と思うところもありましたが、筆者は面接官をしていたので実際にいたのでしょう。

普通に生きてきた人ならここに書いてあるような失敗はそんなにしないと思いますので、軽く読んでおけばいい章だと思います。

2章 面接試験・官庁訪問の基本を押さえろ!p.31~p.88…「国家総合職、国家一般職を志望してる人に役立つ章」

この章は国家総合職、国家一般職を受ける人だけ読めばいいです。

市役所を受ける人にはそこまで参考にならない章です。

この章では、

  1. 面接カードの書き方
  2. 個別面接について
  3. 集団面接について
  4. グループディスカッションについて
  5. 官庁訪問について

について書かれています。

2~3については、一見ためになりそうですが、当たり前のことというか、特別何かを発見出来るようなことは書いてありませんでした。

また、途中「民間の就職活動をしてみてはいかがでしょうか?」と書かれています。

私はもともと民間企業も受けていたので分かりますが、やはり経験が一番実践の役に立つということですね。

3章 面接試験ウラの顔p.89~p.130…「内容は他の章より面白い。休憩がてら読む章」

ここでは実際に面接官を務められた筆者の、面接官側の気持ちが記されています。

世の面接官はどんな気持ちで私たちを選んでいるのか、ウラでどんな評価方法が取られているのかについて書かれていますので、なかなか興味深かったです。

こうしたことを分かっていれば面接時にも余裕が生まれると思いました。

4章 回答のポイントはここだ!p.131~p.208…「公務員試験の面接が不安な人は熟読すべき章」

この章が一番のメインだと思いました。

「どうして民間じゃなくて公務員なの?」や「どうして公務員が向いていると思った?」など具体的な質問に対する答え方のアドバイスが載っています。

全部で29個の具体的な質問があります。

ただ、公務員系ばかりではなく、「自己PRをしてください」や「上司と意見が食い違ったらどうしますか?」などありがちな質問に対してのアドバイスのほうが多いです。

もし、すでに面接対策質問集のような参考書を持っているのであれば、物足りなく感じるかもしれません。

5章 面接試験いざ本番!p.209~p.242…「私には必要性が感じられなかった章」

この章では、

  • 控室の過ごし方
  • 面接が終わった後でクヨクヨしない!
  • 集団討論の様子

などが書かれています。

しかし、“控室の過ごし方”で「控室で受験者と盛り上がり過ぎてうるさくなるのはマイナス」ってそりゃ当たり前です。

また、4人が集団討論(グループディスカッション)をしている様子、実際の言葉が数ページに渡って書かれていましたが、実際はこんなにうまく行きません。

私はこういうのを読むと「こんなうまく出来ない…」と自信を無くすタイプなので、適当に読めばいいと思いました。

私が実際に市役所のグループディスカッションをした時は、イメージとして「集団討論」ではなく、「みんなで頑張る話し合い」です。

実際、そのグループディスカッションを終えてそのメンバーと話した時、「前にグループディスカッションをした時は自分勝手な人が1人いてうまくいかなかったけど、今回はみんな協力してくれて良かった」と言っていました。

結果、私もその人もこのグループディスカッションは通りました。

集団討論は、周りの意見に賛同、配慮し、よく考えて話せば突破できるものだと思います。

6章 合格、内定、そして採用後p.243~p.253…「内定もらえたらたくさん読んで」

6章は、「合格後はどんな気持ちでいればよいか」みたいなことが書いてあります。

選考に役に立つことは書いてないようなので軽く読みましょう。

内容がぎっしり過ぎる!

とにかくこの本は内容が濃いです。

私のようにキャパシティのない人はパンクしてしまうかも。

1度読んだあとは敬遠しました。

私にはここまで複雑なものじゃなくて、もっと単純なものがふさわしいようです。

国家総合職、国家一般職を受ける人には良い!

この本の筆者は以前、某中央官庁の人事でした。

そのため、国家総合職、国家一般職を受ける人にとっては良書です。

しかし、市役所を志望していた私にとっては、いまいちピンと来ないというか、「ちょっとずれているな」という印象を受けました。

というよりも、これを選んでしまった私の間違いでした。

ただ、なかなか地方上級・市役所向けの面接対策本がないのが現状です。

あるとすると「公務員面接試験一発合格講座」です。

この講座は、過去に市の職員と組んで面接を担当した方が監修を務めています。

この人は民間と公務員の両方で面接官を経験したことで、採用基準がまったく別物だということに気付いたそうです。

また、実際にこの教材を使って受かった人が何人もいます。

値段は参考書と比べれば高いですが、予備校に通ったり通信講座を受けるよりは安いかと思います。

公務員面接試験一発合格講座

市役所は倍率がとても高く、採用する人数も少ないのが気がかりです。

もし、苦労して筆記を突破しても、避けては通れないのが面接。

とにかく地方の自治体を受ける人には「面接試験・官庁訪問」の本はオススメしません。

私が使った通信講座&公務員試験の参考書一覧

公務員論文試験対策の「1週間で書ける!!公務員合格作文」を使ってみた感想と評価。

公務員試験「SCOA」の対策。1時間120問をどう攻略するか?

社会人が公務員試験の勉強を始める時のおすすめ通信講座は「ヒューマンアカデミー(たのまな)」

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする