公務員試験の勉強は【独学】か【通信講座】か【予備校】か。

公務員試験の勉強方法を考えた時に、

  • 独学
  • 通信講座
  • 予備校

のどれにしようか迷うと思います。

ここでは、それぞれについて思ったことを書いていきたいと思います。

時間的余裕とお金があれば予備校が効果的だと思う

もし、試験までに十分な時間があり、お金も50万円くらい用意できるのなら、予備校に通ったほうがいいと思います。

私は「時間がない&お金もない」という貧乏人間だったので、新卒時は通信講座、既卒時は独学でした。

予備校の良いところは、

  • 科目専門の先生が近年の出題傾向などをふまえて授業をしてくれる
  • 予備校に行くとたくさんの人がいるのでモチベーション維持が出来る
  • 面接・小論文対策も充実している
  • 模試試験で問題を解く緊張感を実感することが出来、やる気も上がる

などです。

先生によって授業の質は変わってくると思いますが、それでも毎年生徒に教えているプロフェッショナルです。

さらに、独学をするよりも予備校に行ったほうが有益な情報を見聞きすることが出来ます。

高額なだけはあると思います。

通信講座はしっかりと選ばなければ独学レベル以下になる

値段の順位に関しては、

  1. 予備校
  2. 通信講座
  3. 独学

でしょう。

しかし、だからといって勉強の質・効率性も同じ順位とは限りません。

予備校や通信講座を受講していても、やはり最終的には自分でどれだけ追い込んで勉強できるか、です。

特に通信講座は、自分に合ったものを受講しないと独学(自分で参考書を購入して勉強)よりも質が下がることがあります。

(関連≫実務教育出版を使ってみた感想。通信講座で勉強をするメリットとデメリット

通信講座を考えている場合は、各社のサービス内容をよく比べてみましょう。

(関連≫これまでの経験から改めて各社の「通信講座」を比較してみた!

一番安く済ませるなら独学だけど、面接・小論文対策は苦戦する

公務員試験の勉強は独学だけで出来てしまう人もたくさんいます。

今は参考書もいいものがたくさんあるので、しっかり自分に合うものを選んで使えば合格だって出来るでしょう。

しかし、筆記試験の対策は出来ても、面接や小論文の対策はなかなか難しいです。

なぜなら筆記試験は答えが決まっていて1人で答え合わせが出来ますが、面接・小論文に関しては、他人が評価する試験だからです。

そのため、自主的に対策をしていても、1次試験を突破した後に「面接と小論文どうしよう…?」と焦ることがあります。

ただ、面接に関しては民間企業の選考を受けていたり、ジョブカフェ(無料)の面接対策を受ければなんとかなります。

小論文が一番厄介なのです。

これに関しては下手でもいいから何度も書く練習をしたり、どこかの予備校(TAC等)の模試(小論文付き)を有料で受けることをオススメします。

まとめ

お金があれば予備校。

お金がなければ、通信講座か独学。

特に面接と小論文の対策をしたいのなら、校舎でサポートが受けられる通信講座を選ぶといいでしょう。

関連≫私が使った通信講座&公務員試験の参考書

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする