公務員試験の勉強のために私が買った「実務教育出版:通信講座」の内訳を紹介。

公務員試験の勉強をしようと考えた時に、通信講座を選ぶ人もたくさんいると思います。

実は私も使ったことがあります。

新卒で公務員試験に臨んだ時は、通信講座による勉強が中心でした。

ということで、ここでは私が使っていた通信講座「実務教育出版」の教材はどんなものだったか、その内訳を紹介していきたいと思います。

※選ぶコースによって若干違いもあると思うので、詳しいことを知りたい人は実務教育出版のHPを見てください

一般知能

実務教育出版通信講座教育公務員試験一般知能テキスト&ワーク

一般知能(判断推理、数的推理、文章理解・資料解釈)のテキスト&問題集です。

中身は単色です。

判断推理や数的推理は淡々と勉強を進めていかなければならないので大変ですが、このテキストは分量的にもまとまっていたので、比較的短い期間で終えることが出来ました。

(短い期間といっても1~2ヶ月はかかります)

大事な解き方のポイントや要点はまとまっているので、私はそれなりに満足できました。

(1年間予備校に通ってる文系の友人に数的処理を教えてあげられるくらいの力はついてました。この時、「1年間予備校に通ってる人にもやり方次第で勝てるんだ」と感じました。)

一般知識

実務教育出版通信講座教育公務員試験一般知識テキストブックワークブック

中身は単色で面白みがありません。

内容としては無駄がそぎ落とされた感じです。

「テキストはシンプルのほうが勉強しやすい」という人にはいいでしょう。

ただ、私はこうした見た目がつまらないテキストは苦手だったので大変でした。

(もともと私は一般知識が苦手ということもありましたが)

一般知識のほうはテキスト(教科書)とワーク(問題集)が別々でした。

実際に問題集を解いてみた感想としては、「解説が簡素すぎて理解不能」でした。

(これについてはただの私の勉強不足です。知識を覚えていなければそりゃ解説だってすんなり理解できませんから)

要点チェック

実務教育出版通信講座教育公務員試験一般知識要点チェック

簡単におさらいできるミニテキストです。

これが最大に効力を発揮するのは、一般知識のテキストをしっかりやり込んだ人です。

私はこれを使うまでに至りませんでした。もったいなかった!

数学の基礎確認ドリル

実務教育出版通信講座教育公務員試験数学の基礎確認ドリル

高校1~3年で学ぶ数学をおさらいすることが出来ます。

極薄の問題集です。

これはそんなに必要ないと思いました。

数学と判断推理・数的処理は別ものだと思っていますので。

過去問

実務教育出版通信講座教育公務員試験試験問題例集

これは通信講座のコースによって、国家試験の過去問がついてくることもあります。

普通の過去問です。

受験ジャーナル

実務教育出版通信講座教育公務員試験受験ジャーナル

これが一番良かったです。

実際に苦労して公務員に受かった人の体験談や、選考のアドバイス、公務員試験事情が色々と書いてあります。

ちなみにこれは通信講座を申し込まなくても本屋に売っていますよね。

公務員試験をしようと考えている人はこれだけ買ってもいいと思いますよ。

直前対策ブック

実務教育出版、公務員試験直前対策ブック

 目次です↓

実務教育出版通信講座教育公務員試験直前対策ブック目次1

実務教育出版通信講座教育公務員試験直前対策ブック目次2

受験ジャーナルの一種ですが、このように直前にすべての科目をおさらいできるようなテキストもあります。

ですが私は判断推理と数的処理で勝負しようと決めていたので、Part5しか使いませんでした。

その他いろいろ

上記の他にも添削指導をしてくれる教材も付いてきます。

これについてはちゃんと自分で取り組んで送らないと意味がありません。

ちなみに私はこれ、やりませんでした。

(通信講座の意味ないですね…)

まとめ

私が通信講座を選んだ理由は「時間がない!でも何をすればいいのか分からない!」状態だったからです。

新卒の頃は約5万円で通信講座を申し込み、公務員試験人生のすべてを通信講座に頼りました。

その時はなんとか結果が出てくれたから良かったのですが、新卒、既卒と公務員試験を経験した結果、

  • 実務教育出版はシンプルすぎる(解説も)
  • 今なら他の通信講座を使う
  • 受験ジャーナルは本屋で買うべき(受験事情の知識とモチべーションのupにつながる)

という結論に至っています。

世の中には様々な会社があるので、私は自分の経験を通して、今ならどの通信講座を選ぶかを考察してみました。↓

経験を踏まえて各社の「通信講座」を比較!

もしかしたら参考になるかもしれないので読んでみてください。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする