転職サイトに非公開求人がある理由とは?

転職サイトを利用しようとした時によく目にするのが「非公開求人」です。

私が転職サイトに登録する時は、「非公開」という言葉を見て、なんだかプレミア感を感じていました。しかし実際は何も特別なことなんてないんです。

そこで今回は、「非公開求人」が存在する理由や、非公開であることのメリット・デメリットについて書いていきたいと思います。

「非公開求人」の建前3つ&本音3つ

建前3つ

1.大手企業にたくさんの応募が集まりすぎないようにするため

もし大手の人気企業が求人サイトに「公開」で募集をかけていると、瞬く間に求職者が集まってきてしまいます。

そうなると、採用するのに多くの時間を要し、相当な手間がかかってしまいます。それを避けるために非公開にするのです。

非公開にすることで、本当に企業にマッチした人にのみ選考に進んでもらうようにしています。

※ただし、実際は中小企業も非公開にし、選考の手間を省こうとする場合もあります。非公開のすべてが大手というわけではありません。

2.新しく事業を立ち上げるための求人の場合、公開にしているとライバル企業に経営戦略がバレてしまうため

もし、「○○事業のために人材を募集!」と求人情報を公開していると、ライバル企業に経営戦略を知られてしまう危険性があります。

そして、経営戦略がバレたことでライバル企業に先手を取られてしまうようなことがあれば、これからスタートしようとしていた新規事業が失敗に終わってしまうかもしれません。

そのため、このような場合は「非公開求人」として人材を募集することになります。

3.今すぐにでも人手がほしい!わざわざ掲載する手続きをしてる暇がない!

掲載(ウェブ上に公開)をしようとすると、掲載する文言などを考えなければならないため、当然のことながら準備に時間がかかります。

しかし、企業としてはすぐに人材がほしい時があります。例えば以下のような場合。

【迅速に人材を確保したい場合】

  • いきなり異動が発生した!
  • 急に退職する人が出てきた!

なるべく早く人を採用したい場合は、公開ではなく非公開にして、ピンポイントで条件のあった人にアプローチをかけるのです。

本音3つ

1.大々的に求人を出していると企業のイメージダウン

大手企業やイメージを大切にしている企業は、求人を公開したがらない傾向にあります。なぜなら、何度も求人情報を出しているとイメージダウンにつながる可能性があるからです。

例えば、アルバイトを探そうとした時に、何度も求人を見かけるお店があったとします。すると私なら、「ここのお店1ヶ月前から何度も求人情報を出してるよ…きっと辞める人多いんだろうな。応募するの止めよっと」と考えます。

このように、人の入れ替わりが激しいイメージというのは、決して良いものではありません。だから非公開にするのです。

2.社内にバレないように求人を出したいから

例えば、これからクビ切りを行おうとしている企業があったとします。もし私がその企業の社員だとして、偶然にもその求人情報を見つけてしまったら…。

「なんで求人なんて出してるんだろう?もしかして近いうちにクビ切りが行われるのかもしれない…。こわっ!」と思ってしまいます。

こうしたことを社内に知られないために非公開にするのです。

3.採用が決まったら、企業から転職サイト運営会社に料金が支払われるから

これが「非公開求人」が存在する理由のトップでしょう。

企業がリクルート会社に求人情報の掲載をお願いする時、依頼方法によって2つの支払い方法が存在します。

【求人情報掲載の2つの支払い方法】

  1. 求人雑誌やウェブ上に求人情報を公開し、公開している期間によって料金が発生するパターン
  2. 採用が決まったら料金が発生するパターン

(この2つを組み合わせたパターンもある)

1.の方法で企業が依頼すれば「公開求人」になり、2.の方法で企業が依頼すれば「非公開求人」となります。

なぜ、2.の時は非公開にするかというと、しっかりと自分の転職サイトを経由してもらわないと企業から料金が支払われないためです。

もし求人情報を公開していて、転職希望者がサイトを経由せず、企業のHPから直接選考を申し込んでしまえば、転職サイトにはお金が入ってきません。

「公開」、「非公開」には、転職サイト側の都合があったのです。

ただし、非公開だからといって転職希望者に何もメリットがないかというと、そうではありません。「非公開求人」=「採用されないと転職サイト運営会社に収入が入ってこない」ということですから、転職サイト側は必死に転職者に合う求人を探し出してくれます。

しっかりと転職希望者と相談をして、どんな企業がふさわしいかを選んできてくれるのです。「公開求人」ばかりであれば、ここまで熱心に求人情報を探してはくれないでしょう。

転職を考えている人は、このようなメリットを最大限活用して転職活動に臨めばいいのです。

まとめ

「非公開求人」にする理由は、企業側・転職サイト側のさまざまな事情からでした。

ただ、求職者にとってもメリットはあるわけですから、そのことを踏まえた上で、自分に合った企業を見つけていきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

30代以上の転職に役立つ求人サイト

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする