転職サイトに非公開求人がある理由とは?

転職サイトを利用しようとした時によく目にするのが「非公開求人」です。

私が転職サイトに登録する時は、「非公開」という言葉を見て、なんだかプレミア感を感じていました。しかし実際は何も特別なことなんてないんです。

そこで今回は、「非公開求人」が存在する理由や、非公開であることのメリット・デメリットについて書いていきたいと思います。

「非公開求人」の建前3つ&本音3つ

建前3つ

1.大手企業にたくさんの応募が集まりすぎないようにするため

もし大手の人気企業が求人サイトに「公開」で募集をかけていると、瞬く間に求職者が集まってきてしまいます。

そうなると、採用するのに多くの時間を要し、相当な手間がかかってしまいます。それを避けるために非公開にするのです。

非公開にすることで、本当に企業にマッチした人にのみ選考に進んでもらうようにしています。

※ただし、実際は中小企業も非公開にし、選考の手間を省こうとする場合もあります。非公開のすべてが大手というわけではありません。

2.新しく事業を立ち上げるための求人の場合、公開にしているとライバル企業に経営戦略がバレてしまうため

もし、「○○事業のために人材を募集!」と求人情報を公開していると、ライバル企業に経営戦略を知られてしまう危険性があります。

そして、経営戦略がバレたことでライバル企業に先手を取られてしまうようなことがあれば、これからスタートしようとしていた新規事業が失敗に終わってしまうかもしれません。

そのため、このような場合は「非公開求人」として人材を募集することになります。

3.今すぐにでも人手がほしい!わざわざ掲載する手続きをしてる暇がない!

掲載(ウェブ上に公開)をしようとすると、掲載する文言などを考えなければならないため、当然のことながら準備に時間がかかります。

しかし、企業としてはすぐに人材がほしい時があります。例えば以下のような場合。

【迅速に人材を確保したい場合】

  • いきなり異動が発生した!
  • 急に退職する人が出てきた!

なるべく早く人を採用したい場合は、公開ではなく非公開にして、ピンポイントで条件のあった人にアプローチをかけるのです。

本音3つ

1.大々的に求人を出していると企業のイメージダウン

大手企業やイメージを大切にしている企業は、求人を公開したがらない傾向にあります。なぜなら、何度も求人情報を出しているとイメージダウンにつながる可能性があるからです。

例えば、アルバイトを探そうとした時に、何度も求人を見かけるお店があったとします。すると私なら、「ここのお店1ヶ月前から何度も求人情報を出してるよ…きっと辞める人多いんだろうな。応募するの止めよっと」と考えます。

このように、人の入れ替わりが激しいイメージというのは、決して良いものではありません。だから非公開にするのです。

2.社内にバレないように求人を出したいから

例えば、これからクビ切りを行おうとしている企業があったとします。もし私がその企業の社員だとして、偶然にもその求人情報を見つけてしまったら…。

「なんで求人なんて出してるんだろう?もしかして近いうちにクビ切りが行われるのかもしれない…。こわっ!」と思ってしまいます。

こうしたことを社内に知られないために非公開にするのです。

3.採用が決まったら、企業から転職サイト運営会社に料金が支払われるから

これが「非公開求人」が存在する理由のトップでしょう。

企業がリクルート会社に求人情報の掲載をお願いする時、依頼方法によって2つの支払い方法が存在します。

【求人情報掲載の2つの支払い方法】

  1. 求人雑誌やウェブ上に求人情報を公開し、公開している期間によって料金が発生するパターン
  2. 採用が決まったら料金が発生するパターン

(この2つを組み合わせたパターンもある)

1.の方法で企業が依頼すれば「公開求人」になり、2.の方法で企業が依頼すれば「非公開求人」となります。

なぜ、2.の時は非公開にするかというと、しっかりと自分の転職サイトを経由してもらわないと企業から料金が支払われないためです。

もし求人情報を公開していて、転職希望者がサイトを経由せず、企業のHPから直接選考を申し込んでしまえば、転職サイトにはお金が入ってきません。

「公開」、「非公開」には、転職サイト側の都合があったのです。

ただし、非公開だからといって転職希望者に何もメリットがないかというと、そうではありません。「非公開求人」=「採用されないと転職サイト運営会社に収入が入ってこない」ということですから、転職サイト側は必死に転職者に合う求人を探し出してくれます。

しっかりと転職希望者と相談をして、どんな企業がふさわしいかを選んできてくれるのです。「公開求人」ばかりであれば、ここまで熱心に求人情報を探してはくれないでしょう。

転職を考えている人は、このようなメリットを最大限活用して転職活動に臨めばいいのです。

まとめ

「非公開求人」にする理由は、企業側・転職サイト側のさまざまな事情からでした。

ただ、求職者にとってもメリットはあるわけですから、そのことを踏まえた上で、自分に合った企業を見つけていきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

30代以上の転職に役立つ求人サイト

20代向け求人サイト

私も利用した就職Shop

就職Shop

リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルート」による若者向け転職エージェントです。

 

  • 18~29歳の若者向け
  • 完全無料
  • 担当者によりすべての求人が訪問取材済み
  • 登録企業数8000社以上
  • 利用者数9.7万人突破
  • キャリアコーディネーターが内定までサポート
  • 書類選考なし(面接スタート)

 

転職サイトを使う場合、なるべく大手を使うべきだと思っています。なぜなら、求人を出す企業側も大手人材紹介会社に依頼することが多いと考えるからです。

 

書類選考を省いて面接対策・企業研究を重視する実践型。そして、求人はすべて訪問取材済みなので、気になった企業はとことんキャリアコーディネーターに聞くことができます。一番怖いのは、入社してから社風が合わないと気付くことですから、求人探しをする時は企業の雰囲気なども質問してみましょう。

公式サイト⇒就職Shop

ハタラクティブ

ハタラクティブ

支店は渋谷と立川にしかないけれど、利用者・実績が多いです!1都3県の求人と取り揃えているので、関東で就職したい人におすすめ

公式サイト⇒ハタラクティブ

 

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

30代以上の転職に役立つ求人サイト

Sponsored Link

フォローする