転職エージェントを使えば成功率は上がると実感したあの頃の話。

転職をする際、転職エージェントを活用しようか考えている人は多いと思います。

というのも、転職エージェントはフォローの体勢が整っているからです。

実は私も過去に活用したことがありますが、1ヶ月ほどで内定を獲得することが出来ました。

そのため、転職エージェントを正しい方法で使えば、転職成功率は上がると感じました。

今回は私の経験を踏まえながら、転職エージェントと成功率の関係や、活用方法について書いていこうと思います。

転職エージェントを活用すると成功率は上がると感じた理由

何をもって“転職成功”とするかは人によると思いますが、転職エージェントを使うと理想の“成功”に近づけると感じました。

どうしてそう思ったかというと、

  • 何人も転職のサポートを経験してきた人が専属アドバイザーをしてくれる
  • アドバイザーさんは日ごろから求人情報に接しているため、条件を伝えるとそれに合致した求人情報をすぐに教えてくれる
  • アドバイザーさんが営業も兼ねている会社では、実際に会社に訪問しているため、会社の社風・雰囲気を知っていることも多い

だからです。

少なくとも私のアドバイザーさんはそうでした。

いくつか希望を伝えると、なるべくそれに合った会社の求人情報を複数持ってきてくれました。

もし、自分で検索して会社を探すタイプの転職サイトだと、かなり時間がかかったと思います。

また、私が使っていた転職エージェントは、アドバイザーさんが営業をしており、直接会社に出向いて求人情報をもらってくるため、その会社の人事や上司と接していました。

そのため、「ここの会社の営業部長は体育会系だよ」や「社員の人たちは結構のんびり系が多い印象だよ」のような、普通なら分かり得ないような情報も聞くことが出来ました。

“転職成功”という言葉には、

  • 給料や待遇を上げたい
  • 自分の性格に合った会社を見つけたい
  • 自分の理想とする仕事がしたい

などの意味が含まれていると思いますが、転職エージェントを活用すればこうした理想に近づけると思います。

転職エージェントなら早く転職が出来ると実感

上のほうでも言いましたが、私は転職エージェントの利用を始めてから約1ヶ月で内定を獲得することが出来ました。

この理由としては、専属アドバイザーさんがスピーディーにサポートをしてくれたから。

アドバイザーさんは、私が受けたい企業を伝えるとすぐに選考・面接の日程を調整してくれました。

そのため、週に1~2度のペースで選考・面接を行えました。

というのも、転職エージェントのような人材紹介会社は、転職希望者を転職させることで売り上げを上げています。

自分の会社を支えるためにも、アドバイザーさんはどんどんと人を転職させていかなければならないのです。

もし、比較的早めに転職したいと考えているなら、転職エージェントはかなり有効な手段となります。

不安があるなら使うべきだと感じた

転職をする時は、

  • 「ブラック企業にだけは転職したくない…」
  • 「順調に転職できるか分からない…」
  • 「あまり積極的に転職活動出来ない…」

などの不安を持つ人も多いと思いますが、こういう状況の時にこそ、転職エージェントは使うべきであると思います。

専属アドバイザーさんは、転職の最初から最後(内定)までずっとサポートをしてくれます。

履歴書の書き方や面接練習もしてくれます。

私の場合はこれらのフォローは心強く感じましたし、心折れることなく転職活動を続けることが出来ました。

転職活動に不安があるのなら、1人で抱え込まずにサポート型の転職サイトを活用すると良いと思います。

正しい方法で活用しないと効果は半減

転職エージェントを使うと、アドバイザーさんは面談の場を設けてくれ、様々な転職希望条件を聞いてくれます。

ただこの時、曖昧に条件を伝えることしか出来ないと中途半端な転職しか出来なくなってしまうと思います。

本当に希望通りの転職を目指すなら、しっかりと自分の希望を伝えるべきです。

はっきりとアドバイザーさんに条件を伝え、なるべく希望に合った求人情報を持ってきてもらえるように努めましょう。

登録後の流れ

最後に、転職エージェントの登録方法や使い方の流れを紹介しようと思います。

まずは、厳選したおすすめサイト一覧で紹介している「サポート型」の転職サイトに登録します。

「サポート型」=「転職エージェント」です。

すると後日、電話がかかってくるので、転職エージェントの会社に行くこととなります。

そこで面談をする人が自分の専属アドバイザーとなります。

あとは、必要書類を書いたり、面談後にその場で求人情報を紹介してくれたりするので、よく吟味しながら受ける企業を見極めていきます。

この時、紹介してくれる企業について疑問があれば、どんどんとアドバイザーさんに質問すると良いでしょう。

アドバイザーさんをうまく利用し、質の高い転職活動を目指しましょう。

関連≫転職をするべきか?しないべきか?後悔したくないなら一番大切な信念を決める。

関連≫仕事の探し方が分からない時はハローワークや転職エージェントのような「人に頼る型」の方法を取る。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする