【転職サイト】DM的なスカウトメールは返信・辞退の必要なし!オファーは形ばかりで選考も不採用になることがある。合格保証はされない実態。

私が求人サイトを利用する時、たくさんありすぎてどれがいいのかとても悩みました。

サイトによって、「無料コンサルタント」や「スカウトメール」などの機能があって、正直よく分からないところもあったので、結局複数登録しました。

さて、私が一番最初に期待をしていたのは「スカウトメール」です。

理由としては、

  • 企業側からのお誘いなので入社出来る確率が高そう
  • 無料コンサルタントはわざわざ相談をしに求人サイトの会社に行かなければならないので面倒くさそう

などです。

ですがこの「スカウトメール」の機能、私にとってはほとんどメリットがありませんでした。ここでは、「スカウトメール」がどんなものなのかについて書いていきたいと思います。

「スカウトメールが来た!あれ…?ミスマッチの企業からだ…」

私がスカウトメール機能のある求人サイトに登録し、数日が経ったある日のこと。ある企業から「スカウトメール」が届きました。期待に胸を膨らませながらも平静を装い、メールを開封してみると…

「株式会社○○(パチンコ関連会社)の人事担当※※…」

「あれ…?自分が書いたプロフィールの内容とまったく違う関係の企業からスカウトメールが来た…。完全ミスマッチ…。こんなところ受けるわけないやん!」

それから何度もスカウトメールが来ることはありましたが、全部ミスマッチ!

もともと私が受けたいと思っていた業種の求人がなかっただけかもしれませんが、それなら適当にスカウトメールなど送ってほしくありません。

それ以来、何度スカウトメールが来ようと、開くことはありませんでした。

スカウトメールの多くはDM(ダイレクトメール)

条件にあった人に自動的に送られるから自分のプロフィールなど読まれてはいない

私はてっきり、「スカウトメールはちゃんと私のプロフィール(自己紹介・レジュメ)を読んだ企業が個別に送ってきれくれるのだろう」と思っていました。

しかし、そうではないことが実際の体験から分かりました。

なんでも、スカウトメールはDM(ダイレクトメール)のように手当たり次第送りつけるものなのだそうです。

「送りつける」などと言うと聞こえが悪いのですが、

  • 勤務地
  • 年齢
  • 性別

が合えばそれだけで送られてくるスカウトメールなどDMとほとんど同じです。

パチンコ店からのスカウトなど、上記の3つが合致していたから送られてきたのだと考えざるを得ません。「スカウトメール」は、あまり期待できる機能ではないことを知りました。

選考もある、だから合格保証などされてはいない

「スカウトメール」の多くはまるでDMのようなもの。

そのため、スカウトメール経由で選考に進んだとしても、通常の選考と同じものが実施されます。特別に合格保証がされている訳ではないということです。

「スカウトメール」を「企業が特別に自分をスカウトしてくれたんだ!」と思って期待をしてしまうと、その後のギャップに愕然とするでしょう。

スカウトとは名ばかりで、実際は他の選考となんら変わりはありません。「スカウトメール」は企業にとって都合の良い(手間のかからない)集客ツールとなっているのです。

呼び方を変えてきた・種類が増えた

最近は、

  • スカウトメール=ただのDM

という印象が世間に浸透してきたため、呼び名を変えたり差別化した機能を持たせた求人サイトも出現しました。

例えば、リクナビNEXT。

種類も複数あります↓

  • オープンオファー
  • 興味通知オファー
  • プライベートオファー

オープンオファー=DM

これは、登録者の勤務地や職種によって、企業側から自動的に送られてくるものです。オープンオファーを使って応募をすると、改めて書類選考が行われます。選考を保証するものではないということです。

また、“注”を見ると、“設定された希望条件とは異なるものが送られてくることもある”とのことでした。まさしくDMです。

興味通知オファー=ちょっと可能性のあるDM

興味通知オファーとオープンオファーの違いは、「企業側がプロフィールを見ているかどうか」です。

企業がプロフィールを見て少しでも可能性を感じたら、「私たちの企業に興味はありますか?」という確認のためにこのメールを送ります。

もし「興味があります!」と返信をすると、その後選考会や面接の情報が送られてくる可能生があります。ただ、必ず選考会や面接の情報が来る保証はありませんし、選考もしっかりと行われます。

ですがオープンオファーよりはいいオファーです。

プライベートオファー=かなり期待のできるスカウトメール

これは企業や転職エージェントがしっかりとプロフィール(レジュメ、スキル等)を見て、「可能生がある!」と判断した場合に送られてきます。

なんとプライベートオファーに返信をすると、書類選考が免除され、いきなり面接から始めることが出来ます。こういうものを「スカウトメール」と呼んでほしいですよね。

一応面接があるので必ず合格できる訳ではありませんが、かなり合格の確率はあります。ただ、プライベートオファーは企業の戦力となるスキルがあって初めて届くもの。これといったスキルがない人は、あまり期待出来ません。

スカウトメールはDM的なものが多いのが現状です。

「これはDMなのか、それとも企業から個別に送られてきたメールなのか」をしっかりと見極めていく必要があるのです。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

転職サイトに非公開求人がある理由とは?

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする