行きたい会社がない時の転職はどうするか?解決策を考える

いざ転職活動を始めてみると、行きたいと思える会社が全然ないことがあります。

この状態は絶望です。

仕事をしなければ生きるためのお金が稼げませんが、かといって、したくもない仕事をするのも苦痛です。

そこで、このような時はどうすれば良いのか、世の中のことを考えながら解決策を模索していきたいと思います。

行きたい会社がない人はこだわりのない「何でもいいよ」派か

私が就活・転職活動をしていた時は、「絶対に、確実にこの会社に入りたい!」なんて会社はありませんでした。

「この会社は他の会社より良さそうだな。」

こんな感じで企業を探していることが圧倒的に多かったです。

ちなみに私の性格は「何でもいいよ」派です。

これといって趣味もなく、何にしてもこだわりがない方だと思っています。

さて、「行きたい会社がない」という人は、普段からこだわりのない「何でもいいよ」派ではないでしょうか?

このような人たちは会社を選ぶ時に以下のような要素で決める傾向にあると思います。

  • 給料
  • 福利厚生
  • 安定性
  • 有名企業かどうか(名声)

ここには、行きたい会社がある人に存在する要素が入っていません。

それは、“その会社でしたい業務があるか”です。

行きたい会社がない人には、「この会社で具体的にこんな仕事をしてみたい!」という気持ちがないのです。

そのため、会社を選ぶ時になかなか絞ることが出来ず、迷ってしまうのです。

世の中で行きたい会社に行っている人はどれだけいるのか?

私はこれまで「仕事はお金を稼ぐための手段にすぎない」と考えていました。

そのため大学は将来のことなど深く考えずに決めました。

しかし最近になって「自分がしたいことを仕事に出来ている人はすごいな」と尊敬するように変わりました。

私の周りには、「この会社に入りたい!」と思って見事にその会社で働いている友人が2人います。

1人は一浪して行きたい大学に進学し、勉強。その後希望する会社に就きました。

もう1人は大学、大学院を経て、見事に行きたい会社に就きました。

どちらも「将来何をしたいか」で大学を決めています。

すべての人がこのように思い描いた通りになるのは難しいですが、努力をして希望する道を掴み取っている人もいるんですよね。

行きたい会社に行けている人は幸せなのか?

では、行きたい会社に行けている人は幸せなのでしょうか?

上記の2人の友人に聞いてみました。

一浪をした人は「職場の人間に恵まれているし、楽しいこともあるよ」と言います。

しかし、怒られることももちろんあり、まだ経験の浅い業務を担当している時は「緊張して大変、マジで明日が来てほしくないw」とも言っていました。

もう1人は、かなり良い会社に勤めることとなりましたが、大学の頃に習っていた技術は活かせない業務の部署に配属となっていました。

これらのことから、たとえ行きたい会社に行けたとしても、簡単に「順風満帆で最高!」ともならないのです。

したいことをして稼いでいる人はどんな人?

したいことをして稼いでいる人というのは、主体的に仕事をしてやりがいを見出している人だと思います。

例えば、

  • 自分でお店を出している起業家
  • ある程度仕事を覚え、大変でもやりがいを感じている人

です。

起業家は自分で「○○がしたい!」と考えて始めていると思うので、大変なことがあっても続けることが出来るでしょう。

また、ある程度仕事を続けていてやりがいを感じられるようになっている人も、日々が充実していると思います。これについては、最初は好きでもなかった仕事でも出来るようになると楽しくなるパターンです。

ただし、起業をするにしても会社に就くにしても、最初の頃はあまり楽しくはないのでは?と思います。

ある程度成果を上げられるようになって、ようやく仕事にやりがいを感じて、責任感をもって、プライドを持って出来るようになるのです。

行きたい会社がない人は自分の性格に合いそうな会社を探してみては?

上記のことから、たとえ行きたい会社があったとしても、必ず幸せということでもないような気がします。

そのため「行きたい会社がなくて困る…」の状態であったとしても、それはさほど大きな問題ではないのです。

重要なことは、仕事が自分に合っていて、のちにやりがいが感じられそうか?ということ。

転職活動で会社を探す時は、その仕事が自分の性格にあっていそうか、を考えると良いと思います。

ジッとしているのが苦手で話すのが好きであれば営業職が合っていると思いますし、コツコツと細かい作業が得意な人はものづくりな仕事が似合うと思います。

無理をして自分と合わなそうなことをしても長くは続きません。

行きたい仕事がない時は、自分の性格を客観的に考えて、仕事を探してみましょう。

⇒『私が厳選した転職サイト一覧

⇒『29歳以下が使いやすい求人サイト

関連≫転職エージェントを利用すれば成功率は上がると実感した話

関連≫【転職】何がしたいか分からない、何が向いているのか分からない時は自分に素直になる

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする