転職が不採用続きになる理由と心掛けるべきこと

転職活動をしていて何度も選考に落ちていると精神的にものすごく焦ってしまいます。

「何度やっても落ちてしまうのではないか…?」

「もう自分を受け入れてくれる企業はないのでは?」

「生活がかかっているのに…どこでもいいから内定が欲しい…!」

この時、自分の問題点に気付いていないといくら面接を受けたところで内定などもらえません。

ここでは、不採用続きになってしまう原因や心掛けるべきことについて書いていきます。

不採用続きの原因

採用担当者から聞いた話「欲しい人がいるか」

私は以前いた会社で、採用担当者の人に飲みの席である質問をしたことがありました。

Q.人を採用する時はどんなことに気を遣って決めているのですか?

この時の答えは意外なものでした。

A.欲しいと思っている人がいるかどうかだね。どんな人を採用するかは毎年違ってくる。例えば、去年体育系の人を中心に採用しようと決めていたけど、今年は理系の人を採ると決めていた。いろんなタイプの人を採って社内の人材のバランスを取っている。

この会社がたまたまかもしれませんが、その年・タイミングによって採用される人は変わってくるのです。

そのため、巡り合わせの要素は確かにあります。

最低限の能力が伴っていない

採用担当者はこんなことも言っていました。

「筆記試験を実施して、最低限の能力がない人は選考に進ませない」

いくら面接が良かろうと、筆記試験で最低限必要とされる知能・知識がなければ落とすと言うのです。

印象

その人の印象と、募集している職種によって内定の獲得率は変わってきます。

例えば営業職を受けていた友人は、堂々とした態度で挑んだら面接官には印象的だったらしく、そのまま内定を獲得していました。

やはりどれだけマイナス要素を相手に見せないで面接出来るかは重要です。

受け答えでもなるべく前向きな答えをするように心掛けなければなりません。

人は否定ばかりする人に対しては否定をしやすいですが、逆に肯定をし続けていると肯定されやすいです。

転職時には必ず聞かれる重要質問「以前の会社の退職理由はなんですか?」についてもよく練っておく必要があります。

心掛けるべきこと

必ず質問される項目については好印象になるような答えを練る

一番ネックになるのが「以前の会社の退職理由は何?」です。

この時に、マイナス要素の答えを言ってしまうと危険です。

例えば、

  • 人間関係がうまくいかなかった→うちの会社でもうまくいかないのでは?
  • 仕事内容が働く前に聞いていたものと違った→理想と違えばすぐに仕事を辞めてしまう人?

などのような自己中心的な答えだと嫌われます。

そうではなく、“やむを得ない事情”や“前向きな答え”にすると、相手としても受け入れやすいです。

例えば、

  • 昔の経験を踏まえ、御社の○○のような仕事に携わりたいと思うようになった
  • 結婚を機にさらに給与アップやスキルアップをして自己実現に努めたいと思うようになった

など、受けている会社のメリットを褒める形にするのです。

人は何か嬉しいこと(会社を褒められる)をされるとお返しをしたくなる生き物です。

プラスな部分を全面に押し出しましょう。

気にし過ぎてはいけない

選考が通るかどうかは巡り合わせなところがあります。

相性があります。

すでに面接官の頭の中に「こんな人を採りたい!」と人物像があると、自分がその人物像でなければいくら頑張ったところで受かりません。

これについてはもう「自分のどこが悪かったのだろうか?」と考える必要もないのです。

気にし過ぎないようにしましょう。

あまり気にし過ぎていると、次に進めなくなってしまいます。

必ず採用されると信じる

自分には必ず何かしらの強みがあるはずです。

経験があるはずです。

それを欲しがる会社は必ずあります。

時に年齢や職歴に難があって職が決まらないこともあるでしょう。

しかし、そうした欠点は正直に反省し、それ以外ではどんどん強みをアピールして自信があるように見せるしかないのです。

諦めてはいけません。

また、20代ならば20代向けの求人サイトを、30歳以上なら30歳以上向けの求人サイトを利用するとスムーズな転職活動ができると思います。

⇒『転職サイト一覧

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする