新卒新入社員3ヶ月で公務員を辞職。第二新卒としての道が始まる。

私は人間関係が原因で、公務員を辞職することになってしまいました。それも、職に就いてから、たった3ヶ月で…。

この時は本当に絶望感でいっぱいで、将来を悲観していました。「また就職しても、すぐに辞めてしまうのではないだろうか…」と思ったこともありました。

ですが、このまま引きこもりになってニート化してしまうのはもっと嫌です。どうにか現状を打開しなければ。

そこでこのページからは、私がどのようにして次の就職先を見つけるに至ったのかを紹介していきたいと思います。

公務員の退職理由は人間関係

大学を卒業するまで順風満帆に生きてきた私。まさか就職してから、こんなに早く転職をすることになるとは夢にも思っていませんでした。

普通に、新卒で就職したところで一生勤め上げると考えていましたから。

就職したばかりの頃は、とてもやる気に満ちていました。「同期よりも早く出世してやる!」と思っていましたし。

ですが、私の直属の上司の指導方法が雑で、次第に精神的にキツくなっていってしまいました。何度も自分に「頑張ろう!ツラいのは今だけだ」と言い聞かせていましたが、それも長くは続かず、結局心が先に折れてしまったのです。

今後のことについて考えた

辞職したものの、これから生きていくためには仕事にありつかなければなりません。さて、これからどうするのが良いか?

すぐに仕事を辞めてしまったという欠点はありますが、まだ若いということと、今まで公務員試験の勉強をしてきたことを活かして、とりあえず再び公務員を目指すことにしました。

また公務員を目指すことにした

今回はたまたま人間関係で公務員を辞めてしまいましたが、せっかくこれまで公務員の勉強をしてきたので、もう一度公務員試験を受けようと思いました。

公務員には以下のようなメリットがあります。

【公務員になるメリット】

  • 安定している
  • 公務員試験は一度仕事を辞めた人もよく受ける
  • これまで勉強をしていたのでスムーズに試験の準備が出来る
  • 利益を求めず人のために仕事が出来る

「安定している」なんて動機は不純だと思いますが、それでも職選びに安定を求めることは大事だと思っています。私が辞職したのは6月下旬。

6月30日締め切りで某市役所の採用試験申込みの締切があったので、さっそく申し込みました。

つづく

【既卒】7月の下旬に市役所の公務員試験控える!1ヶ月で筆記試験の勉強をした。

20代向け求人サイト

私も利用した就職Shop

就職Shop

リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルート」による若者向け転職エージェントです。

 

  • 18~29歳の若者向け
  • 完全無料
  • 担当者によりすべての求人が訪問取材済み
  • 登録企業数8000社以上
  • 利用者数9.7万人突破
  • キャリアコーディネーターが内定までサポート
  • 書類選考なし(面接スタート)

 

転職サイトを使う場合、なるべく大手を使うべきだと思っています。なぜなら、求人を出す企業側も大手人材紹介会社に依頼することが多いと考えるからです。

 

書類選考を省いて面接対策・企業研究を重視する実践型。そして、求人はすべて訪問取材済みなので、気になった企業はとことんキャリアコーディネーターに聞くことができます。一番怖いのは、入社してから社風が合わないと気付くことですから、求人探しをする時は企業の雰囲気なども質問してみましょう。

公式サイト⇒就職Shop

ハタラクティブ

ハタラクティブ

支店は渋谷と立川にしかないけれど、利用者・実績が多いです!1都3県の求人と取り揃えているので、関東で就職したい人におすすめ

公式サイト⇒ハタラクティブ

 

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

30代以上の転職に役立つ求人サイト

Sponsored Link

フォローする