【イタリアPart8:ローマ2日目午後&帰国編】歩き疲れて意識もうろう。それでも公共機関は使わない。

この旅行記は【イタリアPart7:ローマ2日目午前編】午前だけだけどツアーに申し込んでおいて良かった!色々学べて充実した時間を過ごせた!からの続きです。

午前はツアーでローマを回っていました。

午後はまたヴァチカン市国に戻って、美術館を見に行きます。

ヴァチカン美術館へ到着!

yuローマヴァチカン美術館

連日歩いていて、そろそろ体力の限界が来ていました。

あれ?キ○タマ?

yuローマヴァチカン美術館1

キ○タマでした。

デカい松ぼっくり

yuローマヴァチカン美術館2

松ぼっくりのオブジェとキ○タマのある広場は「ピーニャの中庭」と言います。

※ピーニャの“ピー”はモザイク音ではありません

絵を見る

yuローマヴァチカン美術館3

ふ~ん

絵を見るⅡ

yuローマヴァチカン美術館4

動物がたくさんいる感じが好きです。

オブジェを見る

yuローマヴァチカン美術館5

ほ~

廊下の天井が凝ってる

yuローマヴァチカン美術館6

これはすごいです。

よく天井までキレイに仕上げたなぁと感激しました。

「アテネの学堂」という壁画

yuローマヴァチカン美術館7

真ん中の左の人(オレンジ)がプラトンで、その右の青いのがアリストテレスと考えられています。

有名な壁画です。

考えちゃった

yuローマヴァチカン美術館8

まさか、こんなところに「考える人」がいたとは!?

あまりにも小さかったので気付かないところでした。

思っていたよりも小さかったです。

デーン!

yuローマヴァチカン美術館9

手の甲を吸うように一生懸命考えていました。

そろそろ終盤

yuローマヴァチカン美術館10

そろそろヴァチカン美術館も終わりです。

らせん状の坂を降りる

yuローマヴァチカン美術館11

降りる前の、このらせんの周りにはお土産屋さんがあります。

美術館から出て振り返ったところをパシャリ!

yuローマヴァチカン美術館12

終わってしまいました。

途中かなり眠かったです。

鑑賞どころではありませんでした。

出口はこんな感じ

yuローマヴァチカン美術館13

出口小さくて全然目立ちません。

歩いて帰るか、バス、電車を使うか…

yuローマ2日目夜

スリは正直怖かったのですが、すでに疲れはピークに来ていて、公共機関を使うかどうか話し合っていました。

でもやっぱり乗り方が分からない…

yuローマ2日目夜1

どのバスがどこ行きなのかも分かりません。

また、イタリアは英語を話せる人がほとんどいません。

これではお手上げです。

やっぱり歩いて帰ることにしました…

クリスマスツリー発見!

yuローマ2日目夜クリスマスツリー

異国のクリスマスは良い雰囲気でした。

夜のスペイン広場は落ち着いていた

yuローマ2日目夜スペイン広場

歩いているとスペイン広場に着きました。

もう夜なので観光客は少ない状態でした。

さっぱりとしています。

トンネルくぐる

yuローマ2日目夜トンネル

さあ、腹も減っているし、どんどん歩くぞー!

ライトアップされた「共和国広場」はロマンチックだった

yuローマ2日目夜共和国広場

前日に見た時とは全然違いました。

ライトで建物が際立っていました。

道を教えてあげたら食事に誘われた…あやしい…

yuローマ2日目夜共和国広場1

共和国広場をうろちょろしているおじさんがいました。

話によると、このおじさんは道が分からなくなってしまったそうです。

私たちに聞いてきました。

私たちは地図を持っていたので、教えることが出来ました。

しかし…

教えてあげるとなぜか「お礼に一緒に食事どう?」と誘ってきました。

しかもすぐ近くに家があるそうです。

地元民なのに道に迷っていたという不自然さ。

私たちは断り、自分たちのホテルを目指したのでした。

(でもこの時、「ちょっと行ってみる?」とも話していたので、今考えると恐いです…)

無事、ローマのテルミニ駅に着いた

yuローマ2日目夜テルミニ駅

ホテルはすぐ近く。

ここまでくれば安心です。

長かった~

最後の晩餐は肉

yuローマ2日目夕食

一言言わせていただきたい。

「まいう~」

イタリア旅行はもう終わり。寝る!

yuローマ2日目夜ホテル

これであとは日本に帰るだけです。

イタリア最後の朝を迎える

yuローマ帰国朝食

ここのホテルの朝食が今までで一番クオリティが低かったです。

なんせパンにカスタードが練り込まれてない!

(贅沢なこと言ってすみません)

このホテルに泊まりました。

yuローマ帰国ホテル

お世話になりました。

ありがとうございました。

ホテルからバスで空港に向かう

yuローマ帰国バス

「ねみ~」

着いた

yuローマ帰国空港

さて、手続き手続きっと。

搭乗口に行くにはモノレールに乗らねばならない

yuローマ帰国搭乗口までのモノレール

本当に充実した旅行でした。

2人で行ったから特に揉めることもなくすんなり終わりました。

そろそろイタリアさようなら

yuローマ帰国空港搭乗口

「また来るからね!イタリア!」

機内はスッカスカ

yuローマ帰国飛行機内

ほとんど乗客がいません。

離陸してからしばらくすると、周りの乗客が横になって寝るために他の席に移動し始めました。

私もそれにならって他の席に移動し、横になって寝ました。

機内食があんまりうまくない

yuローマ帰国機内食

行きの時に出てきたパスタはとてもおいしかったのに、今回はなんだか分からない、変なグラタンみたいなものが出てきました。

全部食べましたが、あまりおいしくありませんでした。

残念!

パン!

yuローマ帰国機内食1

2度目の機内食は手抜き感たっぷりでした。

まぁエコノミーはこんなもんでしょう。

成田空港に到着しました!

yuローマ帰国成田空港

やっと着きました!

飛行機には13時間くらい乗っていたと思います。

長かったです。

日本は朝の7:20

yuローマから東京へ

日本は朝が始まったばかりでした。

イタリア旅行、最高でした。

良い思い出が出来ました。

お土産に買ってきたお菓子(クッキー)は高確率でハッカ臭がしてめちゃくちゃまずかったですが、地元料理はおいしかったです。

またいつか、行ってみたいと思える国でした。

こうして、私の最後の卒業旅行は幕を閉じたのでした。

めでたしめでたし。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする