フリーターは何歳までなら許されるのか?それはあなたの心が許さなくなるまで

フリーターをしている人こそ将来のことについてよく考えます。

「このままフリーターをしていて大丈夫なのだろうか?」

「年金などは将来十分に受け取れるのだろうか?」

「いったいいつまでフリーターとして生きていけるだろうか?」

そもそもすでに正社員であったら、「将来は安泰だ」と感じて日々仕事をしているだけの人のほうが多いですから。

ただ、ここで言えることは、フリーターには“不安要素”があるということです。

いったいフリーターは何歳まで許されるのでしょうか?

「許される」とは?

まず、「フリーターが許される」ということについて考えていきたいと思います。

これは誰が許さないのでしょうか?

  • 社会が?
  • 親・家族が?
  • 恋人が?
  • 自分が?

これは、“誰が”というより、“自分が”許すかどうかにかかっていると考えています。

「社会的に考えたら○○歳からはフリーターを止めて正社員になりなさい」であったり、親から「いい加減会社に勤めなさい」と言われるでしょうが、この時に、「まだフリーターでいいし!」と考えるのか、「確かに…。そろそろ真面目に正社員を考えたほうがいいかも」と考えるのか、が重要なのです。

自分がフリーターであることを許すかどうかは、すべて自分自身にかかっているのです。

「いつまでフリーターが許されるのか?」ではなく「いつまで自分がフリーターであることに納得できるか?」

結局、誰が許すか許さないかではなく、自分がフリーターであることに納得がいっているかどうかなのです。

もし、誰かから「もうフリーターなんか止めなさい!」と言われても、「フリーターでもいいじゃないか!何が悪いんだよ!」と考えるようであれば、まだフリーターとしてやっていけます。

しかし、自ら、

「このままフリーターはヤバいかも」

「何歳までフリーターって許されるんだろう…?」

と考え始めたら、もうその瞬間がフリーター脱却の時なのです。

なぜなら、フリーターであることを自分自身が許容していないからです。

もしフリーターであることに自信を持っていれば、不安や疑問を持つことはありません。

20代はフリーターにとって最大のチャンス

就職活動において、年齢というのはかなり重要な要素です。

29歳と30歳では全く市場価値が異なるということです。

例えば、20代であればニートでもフリーターでも使用できる専用求人サイトがありますが、30歳になった瞬間に使用を断られたりします。

もう一般的な求人サイトしか利用できないのです。

さらに、実際に求人サイトで就職活動を始めたとしても、社会人(正社員)経験がない人はなかなか企業から受け入れてもらえません。

選考にすら進めないこともザラにあるのです。

もし今、「フリーターって何歳まで?」と考えているようなら潮時。

少しずつでも就職活動を始めて、自分が納得のいく次のステージに歩み始めましょう。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする