フリーターは何歳までなら許されるのか?それはあなたの心が許さなくなるまで

フリーターをしている人こそ将来のことについてよく考えます。

「このままフリーターをしていて大丈夫なのだろうか?」

「年金などは将来十分に受け取れるのだろうか?」

「いったいいつまでフリーターとして生きていけるだろうか?」

そもそもすでに正社員であったら、「将来は安泰だ」と感じて日々仕事をしているだけの人のほうが多いですから。

ただ、ここで言えることは、フリーターには“不安要素”があるということです。

いったいフリーターは何歳まで許されるのでしょうか?

「許される」とは?

まず、「フリーターが許される」ということについて考えていきたいと思います。

これは誰が許さないのでしょうか?

  • 社会が?
  • 親・家族が?
  • 恋人が?
  • 自分が?

これは、“誰が”というより、“自分が”許すかどうかにかかっていると考えています。

「社会的に考えたら○○歳からはフリーターを止めて正社員になりなさい」であったり、親から「いい加減会社に勤めなさい」と言われるでしょうが、この時に、「まだフリーターでいいし!」と考えるのか、「確かに…。そろそろ真面目に正社員を考えたほうがいいかも」と考えるのか、が重要なのです。

自分がフリーターであることを許すかどうかは、すべて自分自身にかかっているのです。

「いつまでフリーターが許されるのか?」ではなく「いつまで自分がフリーターであることに納得できるか?」

結局、誰が許すか許さないかではなく、自分がフリーターであることに納得がいっているかどうかなのです。

もし、誰かから「もうフリーターなんか止めなさい!」と言われても、「フリーターでもいいじゃないか!何が悪いんだよ!」と考えるようであれば、まだフリーターとしてやっていけます。

しかし、自ら、

「このままフリーターはヤバいかも」

「何歳までフリーターって許されるんだろう…?」

と考え始めたら、もうその瞬間がフリーター脱却の時なのです。

なぜなら、フリーターであることを自分自身が許容していないからです。

もしフリーターであることに自信を持っていれば、不安や疑問を持つことはありません。

20代はフリーターにとって最大のチャンス

就職活動において、年齢というのはかなり重要な要素です。

29歳と30歳では全く市場価値が異なるということです。

例えば、20代であればニートでもフリーターでも使用できる専用求人サイトがありますが、30歳になった瞬間に使用を断られたりします。

もう一般的な求人サイトしか利用できないのです。

さらに、実際に求人サイトで就職活動を始めたとしても、社会人(正社員)経験がない人はなかなか企業から受け入れてもらえません。

選考にすら進めないこともザラにあるのです。

もし今、「フリーターって何歳まで?」と考えているようなら潮時。

少しずつでも就職活動を始めて、自分が納得のいく次のステージに歩み始めましょう。

20代向け求人サイト

私も利用した就職Shop

就職Shop

リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルート」による若者向け転職エージェントです。

 

  • 18~29歳の若者向け
  • 完全無料
  • 担当者によりすべての求人が訪問取材済み
  • 登録企業数8000社以上
  • 利用者数9.7万人突破
  • キャリアコーディネーターが内定までサポート
  • 書類選考なし(面接スタート)

 

転職サイトを使う場合、なるべく大手を使うべきだと思っています。なぜなら、求人を出す企業側も大手人材紹介会社に依頼することが多いと考えるからです。

 

書類選考を省いて面接対策・企業研究を重視する実践型。そして、求人はすべて訪問取材済みなので、気になった企業はとことんキャリアコーディネーターに聞くことができます。一番怖いのは、入社してから社風が合わないと気付くことですから、求人探しをする時は企業の雰囲気なども質問してみましょう。

公式サイト⇒就職Shop

ハタラクティブ

ハタラクティブ

支店は渋谷と立川にしかないけれど、利用者・実績が多いです!1都3県の求人と取り揃えているので、関東で就職したい人におすすめ

公式サイト⇒ハタラクティブ

 

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

30代以上の転職に役立つ求人サイト

Sponsored Link

フォローする