【既卒】7月の下旬に市役所の公務員試験控える!1ヶ月で筆記試験の勉強をした。

この記事は『新卒新入社員3ヶ月で公務員を辞職。第2新卒としての道が始まる。』からの続きです。

6月30日に、7月下旬に行われる某市役所の1次試験の申込みを終えました。

このページでは、公務員試験に向けて7月にどんなことをしていたか、1次試験はどのようなものだったかについて書いていきたいと思います。

時間がない!最低限勉強しておきたいことを決める

某市役所の試験の申込みは終えました。

さて、試練はここからです。1次試験(筆記試験と適性検査)までの期間はたった1ヶ月しかありません。そこで、まずどんな勉強をしたいか決めることにしました。

といっても、去年の公務員試験の勉強をしていた時点で、一般知識よりも一般知能(数的処理・判断推理)のほうが得意だと分かっていたので、一般知能中心で勉強することに決めました。

以前使っていた実務教育出版を使って勉強!

実務教育出版の一般知能テキスト

すでに勉強経験はありましたが、前回勉強していたのは1年前です。解き方の感覚を取り戻すためには集中して取り組まなければなりません。

勉強の方法としては、以下のような流れで行っていました。

【私の公務員試験「一般知能」の勉強方法】

  1. 約20日で、すべての問題を一通り解く(その際解けなかったものに関しては、付箋を貼っておく)
  2. 残りの日にちで、付箋を付けた問題を中心に苦手分野をおさらいしていく

一般知識問題は完全に捨てていました。なんせ、試験まで1ヶ月間しか時間がなかったものですから。

1次試験当日!試験の内容について

筆記試験

  • 試験時間:1時間
  • 問題数:120問

120問の中に、一般知識、一般知能の問題が含まれています。この形式は「SCOA」と呼ばれています。

120問/60分なので、1問30秒で解く計算になりますが、計算・英語・そこまで長くないが文章の読解問題もあるので、とてもじゃありませんが全てを解くことは出来ません。

ただ、難易度は低いのでそこまで勉強をしていなくても解けるものが多かったです。私は一般知能をどんどん確実に解いていって、飛ばしていた英語・文章の読解問題・一般知識の問題は適当にマークしていました。

適性検査

これは事務仕事に必要な能力を試されていました。すべてマーク形式でした。内容は以下のようなものでした。

【適性検査のな内容】

  • 左右の似ている文をそれぞれ見比べて、何文字違っているかを判断して、その数をマークしていく問題
  • 指定された図形と同じ図形を見つけて、その番号をひたすらマークしていく問題
  • 時間制限内に紙に書いてあることをひたすら覚える⇒次のページをめくるよう指示され、グラフ読み取り問題を解く⇒さっきひたすら覚えたことを問われる問題を解く(記憶力を求められる)

とにかく「事務用の問題だな!」と思いました。精一杯やりましたが、難しいので結構当てずっぽうになってしまったところも多々ありました。

勉強方法を見直すことにした

1つ目の試験が終わりました。結果は8月の中旬に送られてくるとのことでした。

私は9月の終わりにも、他の市役所の1次試験を受ける予定をしていたので、それまで期間は約2ヶ月あります。そこでふと、こんなことを考えるようになりました。

「これまでと同じ勉強の仕方でいいのか?」

今まで一般知識は捨てていく方法を取っていましたが、それでは太刀打ちできないだろうと思ったのです。8月からは、勉強法を模索して、新しい方法で勉強していくことに決めたのでした。

つづく

8月は公務員の勉強を見直し!そして先月の市役所1次試験の結果は合格という知らせがっ!

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする