ジェイックは怪しいのか?悪評について考察する

就職を目指す若者向けにジェイックという求人サイトがあります。

このジェイックは、

  • 就職成功率80.3%
  • 厳選した20社を紹介!
  • 書類選考なし!
  • 雰囲気の良い会社
  • しっかりとしたビジネスモデルがある会社
  • 飲食店やアミューズメント業界の会社なし
  • すべて正社員登用
  • 社会人未経験でも大丈夫

といったことを謳っており、普通に考えればとても良い待遇です。

しかし、「うまい話には裏がある」という言葉があるように、ここまで良いことを言われると「なんか怪しいなぁ」「胡散臭いなぁ」と思ってしまうものです。

そこで、ここではジェイックのような若者向けの求人サイトを使用したことがある私が、ジェイックの本音、悪評について考察していきたいと思います。

ジェイックの悪評とは?

私がジェイックについて情報を集めていた時に、いくつか悪い評判を目にしました。

それが、

  • 「研修に飛び込み営業などもあって厳しそう」
  • 「実際はブラック企業の求人が大半なのではないか?」

というものです。

確かに、求人サイトの研修で飛び込み営業をさせるようなところは珍しいです。また、求人サイト選びで気になるのはブラック企業を紹介されないかどうかです。そこで、本当にこういったことがあるのかを以下で考えていきます。

研修に飛び込み営業などもあって厳しそう

ジェイックには最初に10日間の無料就職講座があります。話によると講師が厳しい人で、洗脳されるのではとビクビクしている人もいるのではないでしょうか?実際は、「飛び込み営業をして度胸が付いた!」と喜びの声を上げている人もいれば、「講義は当たり前のことを言っているだけだ」と低評価をする人もいます。

これについては、第二新卒から転職を成功させた私が思うに、

  • 入社前に辛い思いをするのか?
  • 入社してから辛い思いをするのか?

のどちらかです。

私の場合は、入社してから辛い思いをしました。私は最初の会社を数ヶ月で退職しているため、ビジネスマナーや実践が身に付いていませんでした。そして、そこからの転職だったので転職先ではとても苦戦しました。電話対応もろくに出来ず、顧客訪問でもまともに名刺交換すらできない状態。

このような経験をした私から言わせてもらうと、入社前にかなりしごかれたほうが将来のためだと思います。社会人としての最低限のスキルが身に付いていないと、転職先に入社後、先輩社員から呆れられます。そして、一度そうなってしまうと重要な仕事を任せてもらいづらくなったりします。

そのため、自分にムチを打ってでもジェイックのようなスパルタ研修に参加する価値はあると思います。

実際はブラック企業の求人が大半なのではないか?

ジェイックが紹介する企業は中小企業が中心なのは事実です。そもそも、大手企業であればわざわざ若者向けの求人サイトに求人情報の掲載をお願いしません。なぜなら、リクナビ・マイナビ等の有名な求人サイトにお願いをすれば幅広い年代から優秀な人材が集まってくるからです。

また、ジェイックを利用する求職者は、

  • すぐに会社を辞めてしまった
  • 就職しないまま大学を卒業してしまった
  • 中退してしまった

など自分の状況に負い目を感じている人がほとんどです。

大手企業ならばそうした人を積極的に採用しようとは思わないはず。もちろん優秀であれば別ですが。なので、求人サイトを通して必ず大手に就職しようとは思わないことです。

ただ、中小企業ばかりだからといって、それを単純に「ブラック企業」と評価してしまうのはいかがなものかと思います。大手と比べて「規模が小さいからブラックだ」「優れた福利厚生がないからブラックだ」「人数が少ないからブラックだ」と評価してしまうのは浅はかです。こういった人は金・自己利益しか考えていない身の程知らずでしょう。

私が第二新卒の時に転職活動をする時は、ジェイックのような若者向け求人サイトを利用しました。その時もやはり求人は中小企業ばかりでした。しかし、従業員が100人ちょっとでも全国に支店を構えて事業を展開しているところはたくさんありました。

また、技術を持っていて基盤がしっかりしたビジネスモデルの企業も確かにありました。「これはちょっとな…」と不安になる企業もありましたが、それだけではないことを覚えておきましょう。自分次第では優良中小企業とも出会えます。

まとめ|どれだけ自分に有利になるように利用できるか

ジェイックにブラック企業が多いかどうかは、その時のタイミングにもよります。ちょうどジェイックに登録したタイミングに、ブラック企業の求人が集中していれば「ジェイックにはブラック企業が多いのかも…」と感じてしまいますし、良い企業が多ければ「ジェイック最高!」と思うでしょう。

私が転職活動をしていた時も、専属アドバイザーさんから「ちょうどこの前新しい求人が入ってきたんだけど!」と紹介をしてもらったことがありました。運要素は存在します。

こうしたことから、優良企業に就職するためには、いかに既存のシステムを自分に有利になるように利用できるかにかかっています。ジェイックのメリットは実践的な研修にあるので、自分に基本的なビジネススキルを付けられます。ただ、気に行った求人がなければ無理をして就職する必要もありません。

若者向けの求人サイトには「ジェイック」の他にも、私が利用した「就職Shop」や「ハタラクティブ」があります。「自分に合わない」と感じたらすぐに乗り換えればいいだけです。そのためにも、まずは自分が信じる求人サイトを利用してみて、一歩踏み出してみることが大切です。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする