市役所受験のために「新スーパー過去問ゼミ3社会科学」を使って勉強してみた感想と評判(レビュー)

私は専門科目が必要ない市役所を受けようと計画していたため、政治・経済・社会を勉強するのに「新スーパー過去問ゼミ3社会科学」を使いました。

実際に使った感想(レビュー)について書いていきます。

見た目

厚み

新スーパー過去問ゼミ社会科学厚み

辞書並みに分厚く感じます。

全部で460ページ。

私が持っている参考書の中で一番分厚いです。

でも、それは仕方のないことです。

この本には政治・経済・社会の3科目が詰め込まれているのですから。

目次

新スーパー過去問ゼミ社会科学目次

新スーパー過去問ゼミ社会科学目次1

政治…p.9~p.190

経済…p.191~p.356

社会…p.357~p.461

です。

問題が豊富です。

良いところと悪いところ

良いところ

実際の試験でよく問われる問題が使われている

私がこの問題集を使ってから実際の試験を受けた時、同じような内容の選択肢がいくつか出てきました。

問題を作る側も出題しやすい問題とそうでない問題があると思うので、実際の試験問題が過去問と被ることは当然だと思いますが、やはり一度見たことのある内容が出てきた時の安心感はありますよね。

スー過去で勉強すると、試験でどのように受験者を困らせようとしているのかが分かります。(人物名を変えてくるのか、数字を変えてくるのか等)

そうした試験独自のクセみたいなものを習得するのに良い参考書だと思います。

過去問がうまく分類されている

分野別に問題が分けられているので、苦手分野を個別に重点的に勉強しやすいです。

また、基本的なことについてはどの分野もほぼ網羅されていると感じました。

悪いところ

全部終えるのに時間がかかる

どうしても社会科学となると文字ばっかになってしまいます。

人間の集中力にも限界がありますので、短期間でこなすのはかなりしんどいです。

他の科目を勉強しながらだと1冊終えるのに1ヶ月~1か月半くらいかかりました。

「手ごわい問題集」だと覚悟を持って取り組みましょう。

経済には手を付けなかった

私は経済(ミクロ経済学・マクロ経済学・財政学・経済事情)についてはまったく手を付けませんでした。

受かる勉強法落ちる勉強法」のやり方をもってしても、グラフや計算が出てきて理解することは出来ませんでした。

※「受かる勉強法落ちる勉強法」のやり方とは、通常ならノートに書くであろうことを過去問の問題部分や選択肢の余白に直接書き込んで、過去問を参考書に変えていくという方法のこと

私の友人で税務署に受かった人は大原に通っていましたが、「経済はポイントさえ押さえれば簡単だよ」と言っていたので、独学と予備校では差があるのかなと感じました。

私は完全に経済を捨てました。

すべては使い方次第だと感じた

私は基本的に「受かる勉強法落ちる勉強法」に沿って問題集を使っていました。

それは過去問に直接情報を書き込んでいくという方法です。

もし、

参考書でさらっと勉強

過去問を解いて理解度を確認

の方法で勉強していたら、この問題集はオススメしなかったと思います。

というよりもすべての問題集をオススメしていなかったです。

それだけ使い方が大事だということです。

私は「受かる勉強法落ちる勉強法」+「新スーパー過去問ゼミ」のセットでオススメします。

関連≫公務員参考書「受かる勉強法落ちる勉強法」の概要と感想

関連≫私が使った通信講座&公務員試験の参考書一覧

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする