私が使った参考書「畑中敦子の天下無敵の数的処理!」の感想や私的評判(口コミ)

私が数的処理を勉強する時に使った問題集の1つが「畑中敦子の天下無敵の数的処理!」です。

ご存知の方も多いかと思いますが、「受かる勉強法落ちる勉強法」という本で紹介されていますよね。

公務員参考書「受かる勉強法落ちる勉強法」の内容と評判・口コミ・感想

私はこの「畑中敦子の天下無敵の数的処理!」で勉強したあとに、「畑中敦子の数的処理ザベスト」を使うという順番で勉強しました。

ここでは、「畑中敦子の天下無敵の数的処理!」を使った感想やどんな本であったかについて書いていきたいと思います。

天下無敵とザベストを比べてみた

受かる勉強法落ちる勉強法」という本には、天下無敵とザベストが紹介されています。

それを読んだ時に私は、

「どっちも数的処理に関する問題集だし、両方買うのはもったいないかな?」

と考えていました。

それでも天下無敵を買った理由は、私が数的処理に少し苦手意識があったからです。

天下無敵は高卒程度ということで、難易度の低い問題集から手をつけて自分に自信を付けようと思ったのです。

私の、この2冊の印象としては、

  • 天下無敵は簡単な問題が多く解きやすい。でも解き方のテクニックはしっかり載っているので力になる。
  • ザベストは難しい。天下無敵をやってからザベストに取り組んでみるとその違いがよく分かる。解けなくて自信をなくすことが多い。

です。

また、

  • 天下無敵の数的処理の部分は約200ページ(200ページ以降は資料解釈の問題)
  • ザベストは約350ページ

とボリュームが全然違います。

数的処理が苦手な人がいきなりザベストから始めると挫折してしまう可能性があります。

“高卒程度”だけど、そこんところはどうなの?

高卒程度と書いてありますが、レベルの低い問題集とは思わないでください。

問題の種類はザベストと同じですし、大卒程度の問題を解くためのテクニックも一緒です。

天下無敵=基礎問題多数

ザベスト=応用問題多数

と考えたほうが良いと思います。

なるべく早く、数的処理の基礎を固めたいと思っている人は、「畑中敦子の天下無敵の数的処理!」から始めることをオススメします。

こんな人は使ったほうがいい!

数的処理が苦手な人はもちろん、少しでも苦手意識がある人は「畑中敦子の天下無敵の数的処理!」から始めるべきです。

私は一般知識より、一般知能のほうが得意でした。

それでも天下無敵の中には解けない問題も存在しました。

そんなことでは「畑中敦子の数的処理ザベスト」の問題を解けるはずはありません。

問題集を買う時は、現在の自分のレベルにあったものを選んで、確実にレベルアップしていきましょう。

関連≫私が使った通信講座&公務員試験の参考書一覧

20代向け求人サイト

私も利用した就職Shop

就職Shop

リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルート」による若者向け転職エージェントです。

 

  • 18~29歳の若者向け
  • 完全無料
  • 担当者によりすべての求人が訪問取材済み
  • 登録企業数8000社以上
  • 利用者数9.7万人突破
  • キャリアコーディネーターが内定までサポート
  • 書類選考なし(面接スタート)

 

転職サイトを使う場合、なるべく大手を使うべきだと思っています。なぜなら、求人を出す企業側も大手人材紹介会社に依頼することが多いと考えるからです。

 

書類選考を省いて面接対策・企業研究を重視する実践型。そして、求人はすべて訪問取材済みなので、気になった企業はとことんキャリアコーディネーターに聞くことができます。一番怖いのは、入社してから社風が合わないと気付くことですから、求人探しをする時は企業の雰囲気なども質問してみましょう。

公式サイト⇒就職Shop

ハタラクティブ

ハタラクティブ

支店は渋谷と立川にしかないけれど、利用者・実績が多いです!1都3県の求人と取り揃えているので、関東で就職したい人におすすめ

公式サイト⇒ハタラクティブ

 

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

30代以上の転職に役立つ求人サイト

Sponsored Link

フォローする