彼氏の就活が始まったら彼女は会えないのか?連絡出来ず寂しい思いをするかどうかは彼氏の就活スケジュールによる。

例えば大学生で年上の彼氏を持つ彼女にとって、不安になる時期の1つが就活であると思います。

「彼氏の就活が始まると全然会えなくなるのではないか?」

「連絡がとれなくなってしまったらどうしよう…」

就活は漠然と“忙しい”イメージがあるので、このような心配をしてしまうと思います。

そして私もかつてはこうした心配をしていました。

私は彼氏の立場ですが、自分の就活が始まる前は「年下の彼女と会えなくなるのではないか?」と思っていました。

しかし、実際に就活をしてみると、そんなことはありませんでした。

ここでは、就活と交際の関係について書いていきたいと思います。

就活が始まる前の不安

私は就活が本格的に始まる前、

「就活が始まってもなるべく連絡するようにするからね」

と何度も彼女に言っていました。

この時はなかなか神経質になっていました。

なぜなら、就活が本格的に始まる時期は、私たちが付き合ってから3ヶ月(別れやすいと言われる3の倍数)だったからです。

また、

  • 就活=超多忙

という偏見を持っていたので、彼女とは全然会えなくなると思っていました。

とても不安だったのです。

就活解禁から1ヶ月はたいして忙しくなかった

不安はあったのですが、就活が始まって最初の1ヶ月はそんなに忙しくありませんでした。

ほとんどの企業は就活解禁1ヶ月目から説明会を開催しないので、就活生がすることといえば、

  • 自己分析
  • 企業研究
  • SPIの勉強

が主になります。

自分でする作業なので、会おうと思えばバリバリ会えます。

就活解禁から2~3ヶ月目が一番忙しかったが、彼女とは会えた

就活には、忙しくなる時期というのがあります。

それは、就活が始まってから2~3ヶ月目です。

この時期になると、

  • 1日にいくつも説明会が入る
  • 選考がどんどん始まる
  • 選考を突破すると次の選考日時を企業が指定してくるのでスケジュールが予測できない
  • 企業への提出物(履歴書やエントリーシート)をいくつも作成するのが大変

という事態になっていきます。

しかし、基本的に土日は企業が休みで選考等はないため、会おうと思えば会えます。

もちろん次の日に選考があったりすると、その準備をしなければならないので会えないと思いますけど。

彼氏がどれだけ多くの企業を受けるかで大幅にスケジュールは変わってきます。

狙う企業が大手か中小かで忙しさが違ってくる

彼氏が大手志望なのか中小企業なのかで就活スケジュールは変わってきます。

就活生の中には「中小企業は一切受けないで大手企業だけ受ける」という人がいますが、こうした人は就活する時期が伸びたり、忙しくなりやすいでしょう。

なぜなら大手企業は、

  • 狙っている就活生が多いため、それだけ倍率が高くなる
  • 1次、2次、3次と選考が多いことがよくある

からです。

彼氏が完全大手志望なら根気よく応援してあげましょう。

文系か理系かで忙しさが違ってくる

一概には言えませんが、文系よりも理系のほうが就活に有利だと言われています。

その理由は、

  • 文系の人にはない知識・スキルを大学の勉強で身に付けているから
  • 理系の人は大学の専攻学科によって受ける企業が変わり、分散するので倍率が低くなる

ということがあるからです。

彼氏が文系の場合は、就活が長期化する可能生が若干あります。

彼氏が就活をしているからとって、会えなくなるわけでは決してありません。

連絡だって余裕で出来ます。

ただ、就活は精神的に辛いこともあるので、支えてあげてください。

【ニートな恋人】彼氏が仕事を辞めて無職になったら別れるべきか?

仕事・アルバイトで「受け身」と言われるかどうかは無駄口の量で決まる!改善する方法

【イタリアPart1:ベネチア到着編】冬で雨季のベネチアは“水の都”というより“ビチャビチャな都”だった。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする