適当な就活をして後悔している人がするべき1つのこと

就活というのは、今後生きていく上で非常に重要なことです。もし職に就かないまま大学を卒業してしまえば、ニートへ一直線なのですから。

何か目指すものがあって、大学卒業後にアルバイトなどをするのなら良いですが、何も考えないまま将来を安易に決めてしまうのは自分にとって良くありません。

ましてや、無職となると、誰かに頼って生きていかなければならなくなるので、経済的・精神的不自由は免れません。

そこで、ここでは新卒の就活生で、かつ、卒業までの期間が残り少ない人に向けて、アドバイスを書いていきたいと思います。

その就活で内定もらえますか?⇒内定が決まらない新卒就活生のための駆け込み寺

私が、職に就くことが大切だと思っている理由

別に企業に就職することが絶対だとは思っていません。株でもFXでもデザイナーでも、自分の力で稼ぐことが出来るのなら、それで良いのです。

しかし、多くの人は社会人の経験無しに自分の力だけで生きていくことは出来ません。そのため、就職をし、社会で生きていくためのスキルを身に付けていくのです。

もし、自分の将来を軽視して、職にも就かず適当に生き続けていれば、年齢的にも採用してくれる企業は減り、だんだんと不利な状況へと陥ってしまいます。諦めず、自分に合った職を見つけ、成り上がりましょう。

大学卒業までの期間がもうない人が考える懸念

就職することが大事だとは言え、そう簡単に内定がもらえるわけではありません。ろくに就活をしてこなかった人はなおさらです。

また、周りから乗り遅れていればいるほど、ブラック企業と遭遇する確率が上がっていきます。

なぜなら、有名企業などは早々に採用を締め切り、残るのは名前も聞いたことのない中小企業が大半だからです。そして、就活を始めたばかりの人たちは、優良の中小企業とブラック企業を見極める術を持ち合わせていません。

そうして、さらに就活に対して拒否反応を示してしまうことになります。

しかし、ここで落ち込む必要はありません。こういう時こそ、頼れるものを使い倒すのです。新卒でも使えるサポート型就活サイトが存在します。

人材紹介会社のススメ

いい就職.comのホームページ画像

就活の人が使う求人サイトと言えば、リクナビやマイナビなどですが、世の中にはもっとたくさんの求人サイトが存在します。

例えば、「マイナビ新卒紹介」や「いい就職.com」です。

私は新卒で入社した会社を、なんとたったの3ヶ月で退職しています。そして、この時のピンチを救ってくれたのが「いい就職.com」でした。

私はすぐに会社を辞めたので第二新卒という枠で転職活動をすることになったのですが、「いい就職.com」という求人サイトでは優良な中小企業の求人情報しか紹介していないので、ブラック企業に捕まる確率が格段に減ります。

ではどうやって優良な中小企業を見極めているかというと、「いい就職.com」の社員の方たちが実際に色々な企業を訪問し、人事・部長から聞き取り調査社風の把握などを行っているのです。

また、福利厚生についても最低限は完備されているため、ブラック企業のように休みがなかったり社会保険がないようなところはありません。私はこうした環境下で次の就職先を探すことが出来たので、求人が中小企業中心でしたがとても満足できました。

ただし、「いい就職.com」は専属コンサルタントさんと共に就職活動をしていくサービスです。そのため、実際に「いい就職.com」の支店に足を運ぶ必要があります。私の場合、東京に住んでいたので、市ヶ谷にある支店に通っていました。

同様にマイナビ新卒紹介も、内定までを完全無料でサポートしてくれます。

これまで適当に就活をしてきて、内定の当てがない人は、こうした新卒サポート型の求人サイトを利用してみましょう。

内定が決まらない新卒就活生のための駆け込み寺

ピンチ!2018年卒でまだ内定が出ない人向けサービス

マイナビ新卒紹介

マイナビ新卒紹介

このサービスは通常の求人サイト“マイナビ”とは違い、キャリアアドバイザーが無料で内定までのサポートをしてくれます。なんとしても卒業までに内定が欲しい人は一度利用してみましょう。

公式サイト⇒マイナビ新卒紹介

MeetsCompany

ミーツカンパニー

合同選考会は通常の合同説明会とは違い、採用権限のある人事が参加するため、内定までの距離を縮めることが出来ます。人数が限定されているので早めに参加しましょう。

公式サイト⇒次世代型就活マッチングイベントならMeetsCompany

Sponsored Link

フォローする