就活における面接の質問対策や練習方法について

“面接”

それは、内定を手に入れるために必ず通過しなければならない関門です。とはいっても、面接を苦手とする人はたくさんいます。

私の場合は、面接以前に初対面の人と話すのが苦手なので、“丸覚え”というあまり推奨されない手法を取っていました。

【就活・転職】面接の質問に丸暗記はダメなのか?私が志望動機や自己PRを丸覚えした結果について

さて、就活を始めたばかりの人は「面接対策ってどうすればいいんだろう?」と考えることがありますよね。そこでここでは、私の面接対策・練習方法について書いていきたいと思います。

その就活で内定もらえますか?⇒内定が決まらない新卒就活生のための駆け込み寺

まずは「よくある質問」を知る

面接対策でまず最初にすることは、「よくある質問」を知ること。面接には鉄板の質問ネタがあります。

【面接のよくある質問】

  • 「自己PRをしてください」
  • 「志望動機を教えてください」
  • 「あなたの強み(弱み)を教えてください」
  • 「あなたが学生時代に一番力を入れたことは何ですか?」

などなど。

面接で必ず聞かれる質問については、事前に答えを練っておくべきです。また、面接の鉄板質問の答えを考えることで、自然と頭の中が整理され、自己分析にもなります。是非やっておきましょう。

なるべく多くの質問に対して、自分ならどう答えるかを考える

だいたいどんな質問がされるのかを知ったら、次は多くの主要な質問を集めましょう。数としては30~40個くらいです。

ネット上で調べても良いですし、私の場合は「面接質問集」の本を購入しました。ちなみに私は「ダントツ面接+エントリーシートズバリ必勝対策」を使いました。

コンパクトで持ち運びがしやすく、質問も揃っているのでかなり重宝しました。そして質問を集めたら、それぞれについて自分ならどう答えるかを考え、紙に書いていきます。(私はパソコンのwordに打ち込んでいました)

この時の書き方としては、

  1. まず質問に対する答えを書く
  2. 答えたことの根拠となる具体的な理由を書く

です。

例:質問「趣味は何ですか?」

  1. ドライブです。(何ですか?に対する答え)
  2. 実際にサークルの友人と一緒に横浜や秩父に行きました。(具体的な話をすることで“ドライブ”に信憑性・説得力を持たせる)

もっと面接の鉄板質問を知りたい人は『頻出必至!面接官が問う定番の質問50選』のページを参考にするのがオススメ!

実際に声に出して何度も口ずさむ

質問の答えを作成し終わったら、今度は話す練習をしましょう。質問だけ見て、何も見ずに答えられるか声に出してみます。

スムーズに話せない場合は、何度も何度も出来るようになるまで練習します。脳に焼き付けましょう。

入退室のイメトレ

だいたい答えられるようになったら、あとは見栄えをよくするだけです。入退室の流れをイメージトレーニングします。

面接の流れを当時の私の心情と共に解説する

ここがうまく出来ないと、第一印象が悪くなってしまいます。スムーズに入退室出来るように練習しましょう。

私の就活体験談

ピンチ!2019年卒でまだ内定が出ない人向けサービス

キャリアチケット

キャリアチケット

人材紹介会社レバレジーズが運営する無料就職支援サービスです。カウンセリングは渋谷で行われるので関東で就活をする人向けとなっています。

 

【特徴】

  • ・新卒学生を対象とした人材紹介(就職エージェント)サービス!
  • ・キャリアアドバイザーが個別に面談(カウンセリング)を行い、学生の志向や適性に合わせて求人を紹介!
  • ・書類作成のアドバイス・面接サポートも充実!
  • ・スタッフが実際に足を運んで企業の情報収集をしているから安心!

 

新卒の就活は1人でするものだと思われがちですが、今は支援サービスも充実しています。もし就職活動に不安を抱いていたり、自信がない場合はこういったサービスも利用してみましょう。

公式サイト⇒キャリアチケット

キミスカ

キミスカ

キミスカは、あなたのプロフィールを読んだ企業がスカウトメッセージを送る、いわば逆求人型のサービスです。メッセージが来ても企業に興味がなければ返信しなくていい点、企業側があなたに興味を持ったところからスタートできる点など、メリットが多いです。役立つ就活情報も豊富なので、登録だけでもしておくと良いでしょう。

公式サイト⇒キミスカ

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする