正社員への転職は難しいから諦めるべきなのか?

正社員への転職を目指しているものの、何度も選考に落ちて派遣社員を視野に入れている人もいると思います。

条件が良い会社などは自然と倍率が高くなりますし、正社員は狭き門です。

また、年齢的な問題で正社員への転職が難しいこともあります。

しかし、ここで正社員への道を諦め、派遣社員に切り替えても良いのでしょうか?

ここでは正社員と派遣社員の違いなどを考え、転職活動の方向性を考察していきたいと思います。

正社員と契約社員の違い

正社員

  • 昇給が見込める
  • ボーナスがある
  • 会社の福利厚生を受けられる
  • 長期雇用で安定する
  • サービス残業、休日出勤があることも

派遣社員

  • 年収が落ちる
  • ボーナスがない
  • 交通費・社会保険などの手当てが自腹となる
  • 契約打ち切りの不安が付きまとう
  • 契約社員になったとしても、希望の職に就くためには書類選考等に通らなければならない
  • 仕事へのやりがいは減る可能性がある
  • 契約期間満了で比較的簡単に辞めることが出来る
  • サービス残業は基本的にない

派遣社員の待遇で納得できるのか考える

派遣社員には、正社員と違う部分がたくさんあります。

一概には言えませんが、交通費などの手当てが出なかったり社宅がなかったりするので、金銭的に厳しい生活を強いられるかもしれません。

また、妊娠や大きな病気、親の介護などに直面した時は契約している会社を辞めなければなりません。

他にも、派遣社員だからといって簡単に仕事が見つかるわけではなく、人気の会社で勤めるためには書類選考などを通過しなければならないのです。

そして一番大きなことは、契約によって雇われていること。

契約更新時期になると不安が襲ってくることもあるでしょう。

もちろんメリットもあり、期間限定の人付き合いのため割り切った人間関係で済みます。

また、正社員では内定がもらえないような会社でも働ける可能性があります。

サービス残業がないのでプライベートの時間が充実します。

自分がどんな生活を望んでいるのか、派遣社員になっても自分自身が納得できるのかについて、よく考える必要があります。

派遣社員を考える前に

もし「正社員でなかなか内定がもらえないから派遣社員にしようかな」と考えているのなら、もう一度考え直してみてはどうでしょうか?

  • 自分は正社員になるためにどんな行動を続けたのか?
  • 正社員となるためにすべての手を尽くしたか?
  • もう出来ることはないのか?

客観的に、そして多角的に自分を見つめ直さないと分からないこともあります。

そして妥協して自分の道を決めると、後悔をする可能性もあります。

具体的に考えることとしては、

  • ハローワークで相談をしてみたか?
  • ハローワークで、自分と同じような人で正社員になれた人はいないのか?
  • 転職サイトを利用し、十分な企業数を受けてみたか?
  • 転職エージェントを利用してみたか?

です。

まずは自分と同じような境遇の人がいないか質問し、自分の可能性を探してみることです。

そして、サポート型の転職サイトを使って、専属アドバイザーから直接サポートを受けてみることも大切だと思います。

専属アドバイザーさんであれば様々な会社の人事と関係を築いていることも多く、単独で転職活動をするよりも有利に進められることがあります。

なによりも派遣社員経験者が「出来るなら正社員を目指したほうが良い」と言っているのが実情です。

自ら進んで派遣社員のメリットを獲得したいならともかく、妥協で派遣社員になろうとしているなら、今一度自分の本当の気持ちと向き合ってみてはどうでしょう?

関連≫転職エージェントを使えば成功率は上がる

関連≫転職がうまくいかない時は焦らないことが大切

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする