【就活】私がこれまでの経験の中で問われた面接質問を一覧にしてみた。

就職活動で面接を控えている場合、ある程度質問を予想しておくと思います。

しかし、100個も200個も考えておくのは大変です。

そこで今回は、私の経験から“あらかじめ考えておくべき質問”を一覧にして書いていきたいと思います。

その就活で内定もらえますか?⇒内定が決まらない新卒就活生のための駆け込み寺

ほぼ確実に問われる質問

「志望動機を教えてください」

「自己PRをしてください」

「学生時代に一番頑張ったことは何ですか?」

「ゼミの研究内容を教えてください」

「あなたの強みは何ですか?」

「短所を教えてください」→「仕事では○○があったりしますが、その短所があっても克服出来ますか?」

「うちが第一志望ですか?」

「最後に…何か質問はありますか?」

それなりに問われる質問

「あなたの学科ではどんな勉強をしましたか?」

「大学ではどの教科が得意でしたか?」

「これまでの人生の中で一番つらかったことと、それをどう乗り越えたかを教えてください」

「周りからはどんな人だと言われますか?」

「あなたは集団の中でどんな役割でしたか?」

「うちに入社したら将来どんなことがしたいですか?」

「あなたの苦手なタイプを教えてください」→「もし上司のそうしたタイプの人がいたらどうしますか?」

たまに問われる質問

「最近読んだ本は何ですか?」

「小さい頃に頑張っていたことはありますか?」

「あなたのストレス解消法を教えてください」

「休日はどんなことをして過ごしますか?」

「アルバイトは何をしていましたか?」→「アルバイトからどんなことを得ましたか?」

「友人は多いほうですか?」

上記の質問は、私が新卒&既卒の就活で経験したものばかりです。

面接官にしっかりアピール出来るように、事前に準備をしておきましょう。

関連≫就活面接の逆質問の例を考えて一覧にしてみた

関連≫面接で丸暗記はダメなのか?志望動機と自己PRを丸覚えした結果について

ピンチ!2019年卒でまだ内定が出ない人向けサービス

キャリアチケット

キャリアチケット

人材紹介会社レバレジーズが運営する無料就職支援サービスです。カウンセリングは渋谷で行われるので関東で就活をする人向けとなっています。

 

【特徴】

  • ・新卒学生を対象とした人材紹介(就職エージェント)サービス!
  • ・キャリアアドバイザーが個別に面談(カウンセリング)を行い、学生の志向や適性に合わせて求人を紹介!
  • ・書類作成のアドバイス・面接サポートも充実!
  • ・スタッフが実際に足を運んで企業の情報収集をしているから安心!

 

新卒の就活は1人でするものだと思われがちですが、今は支援サービスも充実しています。もし就職活動に不安を抱いていたり、自信がない場合はこういったサービスも利用してみましょう。

公式サイト⇒キャリアチケット

キミスカ

キミスカ

キミスカは、あなたのプロフィールを読んだ企業がスカウトメッセージを送る、いわば逆求人型のサービスです。メッセージが来ても企業に興味がなければ返信しなくていい点、企業側があなたに興味を持ったところからスタートできる点など、メリットが多いです。役立つ就活情報も豊富なので、登録だけでもしておくと良いでしょう。

公式サイト⇒キミスカ

Sponsored Link

フォローする