新素材!人工でクモの糸を作るベンチャー会社「スパイバー」がすごい。クモの糸の製造方法や利用方法について。

ベンチャー企業の「スパイバー」を知っていますか?

なんと、人工でクモの糸を作ってしまったのです。

ここでは、そんな新素材・次世代素材を生み出した「スパイバー」について書いていきたいと思います。

名前の由来「スパイバー」

「スパイバー?スパイダーじゃなくて?」

クモの糸だから、最初「スパイダー」だと勘違いしていました。

“ダー”じゃなくて“バー”なんですよね。

この会社の名前の由来は、“スパイダー”と“ファイバー”の造語なんだそう。

ファイバーってところが次世代っぽいですね。

設立のきっかけ

とても不思議なクモの糸事業。

この会社を設立したのは、関山和秀さんたち。

山形県鶴岡市内にある慶応大の研究仲間で起業したんですって!

チームワークが良さそうです。

起業のきっかけは、ある日研究仲間と飲んでいて「人工的にクモの糸が作れたらすごい!」と盛り上がったこと。

何気ない日常の中で出てきたアイディアだったんですね。

ただ、それを単なる世間話で終わらせるのではなく、実現させてしまうのには脱帽しました。

クモの糸をどうやって作っているのか?

よく言われるのが「クモの糸が鉛筆の太さあれば、ジャンボジェット機を捕えることが出来る」ということ。

ものすごく丈夫なんです。

でも、いったいどうやって作っているのでしょうか?

その方法は、

  1. クモの遺伝子を微生物に組み込む
  2. その微生物にタンパク質(クモの糸の成分)を作らせる

なんだそうです。

遺伝子操作は医療だけじゃなくて、こうした技術開発にも使われているんですね。

どんなことに役立つのか?

現在「スパイバー」は人工のクモの糸の実用化を目指しています。

例えば、

  • 建築分野での安全性向上、耐震
  • 衣料分野ではヘルメット・防弾チョッキなどの安全性、耐衝撃性向上
  • 運送機器分野では部品の軽量化や脱石油化

など。

その可能性は無限大です。

耐震なんかは地震大国日本にとって必要な技術ですし、石油から作られている製品がクモの糸で作れるようになれば石油を使わなくて済むようになります。

また、クモの糸によるプラスチックは植物性(バイオマスプラ)なので、CO2の削減にも貢献します。

こうして見ると世界が今必要としている技術そのまんまです。

この技術は是非普及してほしいです。

就活生は大手企業を好む傾向にありますが、ベンチャー企業には将来を見据えたものもあるんです。

よく自分の目で見極めて就活をしていきましょう。

関連≫ベンチャー企業とは?何をもってそう呼ぶのか?定義はあるのか?

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

Sponsored Link

フォローする