転職支援サイト(転職エージェント)に資格は必要なのか?

転職をする手段には、様々あります。

例えば、

  • ハローワーク
  • 応募型の転職サイト
  • サポート型の転職サイト(転職エージェント)

です。

この中で専属コンサルントがついてくれる「転職エージェント」はかなり有効な手段ではありますが、これを利用するために必要な職歴や資格はあるのでしょうか?

転職支援サイト「転職エージェント」とは?

転職エージェントは、人材を求める企業と転職希望者をマッチングするサービスです。

その際、企業は転職エージェントに細かく“欲しい人材の情報”を伝えます。

逆に転職希望者は、自分が求める企業を専属アドバイザーに伝えます。

アドバイザーは両者をうまくつなぎ合わせることで、企業から利益を得ています。

他の転職手段と大きく違うところは、個人と企業以外の、第3者が内定の後押しをしてくれるところです。

この部分が“転職エージェントは転職がしやすい”と言われる理由です。

資格は必要か?

職種によっては資格はあったほうが内定の確率は上がるでしょうが、必ずしも必要ありません。

なぜなら、資格を持った人を欲しがっている会社ばかりではないからです。

企業の中には、

  • 年齢が若く、これから長く戦力になってくれそうな人
  • 前職で経験のある人
  • 性格的にガッツのありそうな人

など、求める人材は違います。

資格があるからといって絶対的に内定がもらいやすくなるわけではないのです。

たとえ独学で勉強をし、資格を取ったとしても実績がなければ意味がないこともあります。

特別な資格を持っていなかったとしても、転職を有利に進めるためにあらゆる手段を果敢に使っていくべきでしょう。

転職支援サイト(転職エージェント)は専属アドバイザーが重要

転職エージェントで成功できるかどうかは、担当してくれる専属アドバイザーさんの腕にも左右されます。

アドバイザーの経験が豊富で、様々な引き出しを持っている人であればあるほど、希望する企業を見つけやすいのです。

アドバイザーさんの中には、転職希望者を第一に考えている人もいれば、「さっさと転職させて自分の成績を上げてやろう」と露骨に考える人もいます。

もし、後悔のない納得した転職活動を展開していきたい場合は、なるべく多くの転職支援サイトを利用し、自分にあったパートナーを見つけるのも大切です。

転職は人生を左右する大きなイベントです。

チャレンジしない後悔よりもチャレンジして後悔するくらいの気持ちで、貪欲に活動していきましょう。

関連≫厳選した転職サイト一覧

関連≫転職エージェントを使えば成功率は上がると実感したあの頃の話。

20代向け求人サイトセレクション

私も利用したハタラクティブ

ハタラクティブ

私が第二新卒の時に利用した求人サイト!支店は渋谷と立川にしかないけれど、実は利用者・実績がかなり多い!1都3県の求人と取り揃えているので、関東で就職したい人におすすめ!

公式サイト⇒ハタラクティブ

求人数最大級のDODA

DODA

年齢問わず人気のあるDODAは、求人数が最大級です。求人数は多いほど選択肢が広がりますし、良い求人も多いので、アピールできるスキル・経歴を持っている方は利用してみましょう。

公式サイト⇒業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」新規会員募集

使いやすい「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

拠点は全国に多数&土日・夜20時以降の面談もOKなので、自分のペース・状況に合わせて転職活動が行えます。非常に使いやすいサービスです。また、知名度が高いため20代の利用者も多く、書類添削などの充実したサポートも魅力です。

公式サイト⇒リクルートエージェント転職支援サービス

 

29歳以下|第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化した求人サイト

30代以上の転職に役立つ求人サイト

Sponsored Link

フォローする